大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、海外株高や円安を好感した主力株への買戻しに加え、新規買いも入り3日続伸して終了
 前回の米決算発表にドル高が深刻な影を残していたことを踏まえ、2月11日、FRBのイエレン議長は「ドル高を考慮する…」と発言。3月に入り主要通貨に対するドルインデックスが下落をはじめ、それまでドル高による資金流出に頭を悩ませていたブラジルやロシアなど新興国の株式市場が上昇、原油価格もドル安を好感し上げを開始しています。また、米国内に向けては、FRBメンバーのタカ派発言にもかかわらず、穏やかな緩和策をとると公言。利上げ懸念が後退したことで、再び「金融相場」的な色彩が強まり、上げ足を速めています。企業業績への懸念はのこるものの、大手銀行へのボルカールールの適用により、文字通り新興国や国際商品、ヘッジファンドなどから貸し剥がしを行った資金が米国に還流。これらの資金と、FRBの緩和的な金融政策の採用が株価を押し上げている格好です。

 ただ、割を食ったのが、ドルの対極にある円とユーロ。特に円は、リスク回避通貨という名目で、ドル安の受け皿にされた格好。FRBのドル安政策転換の意を受けた投機筋は、円買い・ドル売りを進め、その裏で「株先物売り・円買い」の売り仕掛けもしてきました。この欄でも昨年8月以来、積みあがった2兆円を超える海外投資家の日経平均先物売りを懸念してきました。この買戻しが何時入るかが、日本株立ち直りのポイントになるとしましたが、3月中旬から買戻す動きに変化。直近レポートでは、G20 財務相・中銀総裁会合、17日の産油国会合という、イベントを控えているほか、来週にはECB理事会、翌週には、FOMC、日銀会合という大きなイベントも控えており、今週は、底入れ機運が強まる可能性が大きいとしました。当面、2月安値に対する2番底入れ期待が強まっていますが、そのためには昨日も書きましたように、3月14日の高値(1万7291円)を上回ることが条件。明日の動きは大事になりますが、昨日も書いたように、レポート内に示した上値抵抗線に接近しているほか、計算上の②ポイント1万6918円にもあと7円に迫っており、果たして、上抜いて2番底を確定できるかどうか…。明日は「正念場」になりそうです。

 今日の日本株は、窮地に追い込まれた先物弱気筋に踏ませようと、買い仕掛け(株先物買い・円売り)をする動きが強まり、売り方の踏み上げ、それにともなう円売りが、裁定買いを誘発。マイナス金利や円高を手掛かりに売り込まれてきた金融株や外需株に買戻しの動きが強まったほか、大手証券が新日鉄・住金の投資判断を引き上げたことも好感され、素材株も上昇。これまでの人気株から乗り換える動きもあり、全面高に…。先物買いと裁定買いがスパイラルに入り指数は引けにかけ上げ幅を拡大。結局、3日連騰して終わりました。

 日経平均は、529円83銭高(3.23%)の1万6911円05銭、TOPIXは38.91ポイント高(2.92%)の1371.35ポイントで終了。数量株や値がさ株が買われたことから、出来高は、前日比2.5億株増の25億0273万株、売買代金は、3200億円増の2兆6689億円に増加。騰落状況は、値上がり1797、値下がり125と、全面高商状。ただ、今晩の海外市場を懸念してか、VIす数は0.86ポイント上げ26.11に上昇。米国のVIX指数に比べると倍の水準で、まだ先行き懸念は残ったまま…。
 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗(41%)、TOPIXは6勝6敗(50%)に、それぞれ上昇。RSIは、日経平均が39%→48%に、TOPIXは45%→51%に、それぞれ上昇。25日線かい離率は、日経平均が-1.2%→+1.9%、TOPIXは-0.24%→+2.16%と、ともに10立会日ぶりに25日線を回復しています。騰落レシオは107%→115%に上昇。警戒ゾーンの120%超えに接近。指数の上向きのモーメントは強まっています。まだ、目先指標のストキャスティックスなどは過熱ゾーンまでに余裕を残しており、指数的な上値余地は大きそう。テクニカル面で買いサインが無かったことが投資家をいまいち強気にさせられなかったようですが、本日は、日経平均、TOPIXとも、日足MACDが買いシグナルを発信。明日の動きに期待を残しています。

 レポートで示した抵抗線が控えているほか、計算上のポイントをほぼ達成したことから、短期的な目標達成感が出ることも予想されますが、その意味でも、明日の相場は、週末を控え益出しの動きを消化し、プラス圏で終われるかどうか…。日本株独自の強さが試されることになりそうです。まあ、今日は、なんでも上がっており、銘柄解説はいりませんか…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて直接お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ