大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、米株高や原油高を受けたリスクオンの動きから、主力株への買戻しや先物買いが活発化。日経平均、TOPIXとも3日続伸して終了
 原油価格の持ち直しを受けたリスクオンの動きから、ようやく日本株にも遅い春が訪れたようです。以前から、株価持ち直しの条件としてきた、3月高値(1万7291円)抜けと、昨年8月11日の戻り高値から続いている右肩下がりのレンジ内にある上値抵抗線を、本日、同時に更新。これでレンジ上限へ向けての上げが期待できることになりました。出来高の増加が伴っておらず、先物の買戻しや先物高に刺激された裁定買いが指数を押し上げており、先物筋の姿勢が変化すれば、下落する可能性があるなど、変動率が高い状況に変わりは無いようです。裁定解消売りを吸収できるだけの商いが伴って来れば、もっと安心して相場を見ていくことができるのですが…。

 このところの先物買いについては、CTAが使っているとみられる欧州系証券の買い越しが増えているようです。一部には、来週28日の日銀金融政策決定会合へ向け、買い(株先物買い・円売り)ポジションを積み上げる「日銀プレー」が要因と見る向きもあるようです。想定通り追加緩和が実施されれば問題はありませんが、政策据え置きということになれば、ポジション解消(株先物売り・円買い)から一波乱することも…。それだけに裁定解消売りを吸収する国内投資家の動きが重要になるのですが、個人投資家は徹底した逆張り、機関投資家は、あれこれ理屈をつけて「やる気なし…」では…。ただ、今日の3月高値更新で、2番底が確定。また、日経平均は、昨年12月中旬以来、日足一目均衡表の雲抜けを達成しており、押し目に対する投資家の見方が変わってくると思われ、案外波乱相場にならないのでは…。

 まだ、まだ日本株は「迷いの坂道」を上ってる状態。今日の日経平均PERは昨日の予想EPS(1099円)をベースにすれば、15.8倍台に上昇。16倍台に近づいており、割高感が出てきています。この意味でも投機筋の売り仕掛けが入りやすくなってきますので、日銀プレーと合わせ、ゴールデンウィークにかけては仕掛け的な動きを警戒したほうがいいのかもしれません。まあ、機関投資家に、変な強気になってもらわないほうが相場の寿命にとっては良い気がしますが…。直近レポートで、日経平均史上最高値からの長期波動を掲載。大きな変化が起きていることを書きましたが、ここで大きな政策ミスが無ければ、将来的に2万円は単なる通過点になってくるはず。この変化が起きている以上、長期で弱気になる必要はないと考えますが…。

 結局、米株高、リスクオンの円安を好感。今日の日経平均は457円08銭高(2.7%)の1万7363円62銭、TOPIXは27.90ポイント高(2.04%)の1393.68ポイントと、ともに3日続伸。出来高が2億株増の22億8362万株、売買代金は、2349億円増の2兆4742億円と、ともに小幅増加。騰落状況は、値上がり1753、値下がり149と、ほぼ全面高商状。ただ、先行き波乱を懸念してか、VI指数は30.15ポイント(前日比-0.03ポイント)と高止まり。
 今日の引け値での日経平均サイコロは、8勝4敗(66%)に上昇。TOPIXは8勝4敗で変わらず。RSIは、日経平均が52%→67%、TOPIXは、53%→66%に急上昇。今後もマイナスの数字が落ちることから、指数の80%(警戒ゾーン)越えが懸念されます。また、25日線かい離率は、日経平均が+2.1%→+4.6%、TOPIXは+2.3%→+4.29%に。それぞれ拡大。短期的な反落警戒ゾーンにあります。騰落レシオは95%→106%に拡大。指数的には相場が佳境に入りつつあることを示しています。ストキャスティックスやRCIなど他の短期指標も警戒ゾーン入り。

 昨日も書きましたが、今日の上げで13週移動平均線が上向きに転換してきました。当面、このゾーンが下値を支えることになりますので、下値に関しては心配する必要はなさそうです。

 個別は好調に推移。空中線ですが…として直近号で注目した福井コンピュータホールディングが、自動運転用の立体地図作成や熊本の震災復興用に同社の点群データ処理ソフトのニーズが高まることを背景に高値を更新してきました。人手不足関連の注目株もレンジを抜け勢いづいていますし、AI関連のUBICなどいずれも堅調。国の支援を受け介護用ロボット開発に取り組むセンサー大手、オプテックスも年初来高値を更新。まだ、増額修正含みで調整中のものがありますので、高いものよりも、こちらに注目したほうがよさそう。まあ、指数の動きはあまり気にしないことですね。
 明日は、連休で混雑する前に高野山まで行ってみようと思っています。朝が早そうですので、もしかしたら書き込みができないかも…。出来るだけ書くようにしますので、のぞいてみてください。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ