大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の米国株は、注目企業の決算に予想を下回るものが多く警戒的な売りが増加する一方で、国内稼働リグ数減少を受けた原油高を背景に、主力3指数は高安まちまちで終了
 おはようございます。昨日は、家内と高野山まで行ってきました。先年の連休に1200年大祭が開催されているの知らずに訪れ、弘法大使が眠る奥ノ院しか参詣できなかったことから、改めての訪問でした。前回と打って変わって、静寂を満喫できました。やはり、山が持つパワーは強く、出雲大社で感じた荒々しいパワーと異なり、包み込むような印象でした。それにしても、観光客はほとんどが欧米人。大きなリュックを背負い、急ぎ足で寺寺を経巡っていました。日本の宗教文化への関心は予想以上に強いようですね。

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万8003ドル75セント       +21ドル23セント(0.12%)
 NASDAQ総合指数       4906.23ポイント          -39.40ポイント(0.80%)
 S&P500              2091.58ポイント          +0.10%(0.00%)
 CME日経平均先物       1万7740円             +170円
 10年物国債金利        1.89%                 +0.02%
 ニューヨーク原油        43.73ドル              +0.55ドル
 GOLD               1230.00ドル             -20.30ドル
 ドルインデックス         95.12                +0.47  
 

 週末の米国株は、主力企業の予想を下回る決算を嫌気し売られる場面があったものの、原油需要の拡大予想や米国内の稼働リグ数の減少を受け原油価格が上昇したことを好感。原油価格の影響度合いの違いから主力3指数は高安まちまちで終了。前日、予想を下回る決算を発表したIBMが続落。この日発表のマイクロソフトの決算が4四半期連続で減収になったほか、カード大手VISAが通期見通しを引き下げたことも嫌気され、ニューヨークダウは寄り後に下落幅を拡大。昼前に、この日の安値1万7909ドル(前日比73ドル安)を付けています。ただ、米国内稼働リグ数の減少を写し原油価格が上げに転じると、エネルギー関連が買われ、次第に下落幅を縮小。引け近くにはプラス圏に浮上。その後は週末のポジションの売買が交錯。前日比引け値付近でのもみあいを続けたあと、小幅に反発して終わっています。ただ、アルファベット(グーグル)などハイテク株に予想を下回る決算が続いたこともあり、NASDAQ総合指数は続落。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2165、値下がり913(NASDAQ市場は、1754-1051)。値上がり数が多く、指数が表す以上に強い相場。VIX指数は、0.73ポイント下げ13.22ポイントに低下。

 NYダウは小幅に反発。さえない企業決算が続いている割には堅調な動き。昨年5月に付けた史上最高値に接近し、警戒的な動きが強まっているものの、昨年11月高値付近に下落すると押し目買いが入り切り返すなど、相場の貴重は強いようです。ハイテク企業に予想を下回る決算が相次ぎ、NASDAQ市場の動きがさえませんが、昨日は、寄り付きから下放れてスタート。アイランド・リバーサル(離れ小島)を形成しており、週明け相場への警戒感が強まりそう。このところ、ドルインデックスが強含んできていることも気になるところです。来週は、FOMC(公開市場委員会)と日銀金融政策決定会合と、政策面で対象的な動きをする中銀の会合を控えており、為替が相場の焦点になりそう。

 米国株は高安まちまち。円は、突然飛び出した日銀貸し出しへのマイナス金利付与思惑を受けた円買い手仕舞いから、対ドルは111円70銭台に、対ユーロは125円40銭台に急落。CME日経平均先物は、大証先物終値を170円上回る1万7740円で帰ってきました。レンジは、1万7140円~1万7770円。出来高は、前日と変わらずの7万枚。
 昨日は、米株安や円の上昇から予想通り売り先行で始まったものの、後場になって突然飛び出した「日銀貸し出しへのマイナス金利付与」報道から、パニック的な先物の買戻しと、それに伴う円売りがはいり、引けにかけ急伸。日経平均は208円87銭高(1.2%)の1万7572円と高値引け。4日続伸して終わっています。CTAなど海外投機筋が来週の日銀会合へ向け日銀トレード(株先物買い・円売り、不動産など緩和関連株買い)を増やしているところに、追加緩和報道があり、上げが加速したようです。海外市場では、投機筋の円買い持ちポジションが10万枚を越えており、昨晩の米国市場では報道に驚いた投機筋の円買い手仕舞いから円が急落。週明け相場に期待をつなぐ動きになっています。

 ただ、昨日の日経平均の上げ分の半分近くがユニクロやソフトバンク、KDDI,ファナックの指数寄与度上位4社で占めていることから、先物主導の上げだったことがわかります。日銀会合は、ゴールデンウィーク入りする来週末に行われるため、つきあがった先物買い残が波乱要因になる可能性もあります。一気に主力株に流れがシフトしたことで、新興市場株や小型株は、売られていますが、円安の一方で、ドルが主要通貨に対し強含んできており、ドル高傾向が強まると、再び、リスクオフの動きになることも…。

 また、昨日で日経平均予想PERは、16倍に接近。割高感から先物に売り仕掛けが入りやすくなることにも警戒が必要。日経平均、TOPIXとも日足サイコロは9勝3敗(75%)と警戒ゾーン入りするなど、テクニカル面での過熱を示すサインも目立ってきました。オプション市場では株価下落に備えたプットの商いが増加。株価の堅調にもかかわらず、VI指数が高止まりしたまま…。投資家も相場の方向感をつかみあぐねているようです。今週も福井コンピュータホールディングス、ディップなど注目株は、堅調でしたが、週明け相場は、物資の方向性や指数の先行きをめぐり難しい局面をむかえそう。詳しくは、明日発信のレポートで考えてみます。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。  
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ