大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、イベントを前にしたポジション調整の売りや、日銀トレードの解消売りがでたことなどから、小幅に続落して終了
 オーストラリアの潜水艦共同開発事業の相手先は、フランスの政府系造船会社DCNSに決まり、日本は受注を逃がしました。総額500億ドルの事業ですが、事前に漏れた情報では、「日本企業の熱意がかけていた」というのが原因のようですが、一部には、中國からの圧力があったとの話も出ていました。日本のディーゼルエンジン潜水艦は、静粛性に優れておりレーダーに探知され憎いとして、技術を欲しがっている国は多く、中国とオーストラリアの貿易面での密接な関係から、情報が漏えいしてしまう懸念も持たれていました。以前にも、中国国内に限るとの取り決めで移転した新幹線技術がいつの間にか自主開発技術にすり替えられ、日本の鉄道インフラ輸出の大きな脅威になりましたが、今回は、日本の防衛に絡むものだけに、かえって良かった…といえるのかもしれません。ただ、交渉の過程で日本側がどの程度の技術や資料を提供したのかわかりませんが、とっくの昔に、中國にわたってしまっているかもしれませんね。なにしろ、オーストラリアは資源を中国に買ってもらわないとやっていけない国になっていますから…。

 さて、朝も予想しましたように、大型連休や日銀会合を控えて、高いうちに打っておこうという動きが出てきたようです。つい先週まで、市場をリードしてきた東証マザーズ指数が一時7%近く下落すると、割高感のある小型株やテーマ株が一斉に売られ、これにつられて、主力株にも売りが波及。先週末、正体不明の「日銀追加緩和記事」を受けて、上昇していた銀行株やが下落。海外投機筋が日銀トレード(株先物買い・円売り)の巻き戻しに動いたことから、円が上昇。これを嫌気して、昨日まで買われた自動車株
も売られるなど、全般に売り急ぐ展開に…。後場寄り後、日経平均は、この日の安値1万7200円(前日比239円安)をつける場面もありました。ただ、昨晩も「3月戻り高値の頭をたたいてからの動きが大事になる…」としましたが、やはり、このポイントを押さえたところから押し目買いが入り、下落幅を縮小していました。大型連休を含むイベントが通過してしまわないと、売りも買いも仕掛けづらいということですね。

 結局、日経平均は86円02銭安(0.49%)の1万7353円28銭、TOPIXは10.14ポイント安(0.72%)の1391.69ポイントと、ともに、続落して終了。出来高は前日比1.3億株減の22億2042万株、売買代金は1800億円減の2兆0804億円と薄商いに…。騰落状況は、値上がり417、値下がり1424。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗(58%)に低下。RSIは、日経平均が74%→73%にTOPIXは75%→73%に、それぞれ低下。騰落レシオは110%→98%に低下。ストキャスティックス(90%越え)、RCI(順位相関係数、85%越え)など、目先の指標も買われ過ぎゾーンにあり、短期的には指数の低下待ち…というところでしょうか。

 直近レポートで、2点底をベースにする新たなレンジを示しましたが、やはりこの上限付近で、頭を押さえられました。とにかく、カレンダーの状態が悪すぎる…。日銀会合を無事に乗り切っても、連休の間に海外で何が起こるかわからないとところもあります。身軽になって連休を迎えたいというのが本年でしょう。まあ、想定通りの動きです。とにかく、この押し目を利用して連休明けに好決算を発表する可能性が強いものを仕込んでおくのが、一番…。今回のレポートでは、前期決算の増額修正と今期連続増益決算の可能性が強いものをピックアップしていますので、日足ではなく週足を使って急所に来たところを買い向かってみてはどうでしょうか。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ