大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、トヨタの決算を控え模様眺め気分が強い中、投機筋の先物売り・円買いを嫌気した売りを吸収しきれず、高安まちまちで終了
 円は109円台乗せ、欧米株も上昇。CME日経平均先物は大幅高…状況は買い方に有利だったはずですが、欧州投機筋の持ち高調整の先物売りにあっさり腰折れになってしまいました。オプションがらみの動きかどうかはわかりませんが、今週に入り原油価格が堅調に推移していたことから、リスクオンの動きが強まり、欧州の投機筋が「株先物買い・円売り」のポジションを増やしていましたので、買い過ぎた分を処分したのでしょう。普通は、コンピューターを使った高速売買を行うものの、一日で売り買いトントンにして終わるのですが、先週くらいから買い持ちが増えていたようです。このところ、ドルが強含むとともに、また、中国の方で元が下落。一部の投資家に対する株式売買の制限などきな臭い話が出てきており、リスクオフの動きに戻るのでは…との、思惑が働いたのかもしれません。中国本土市場、香港が開き下落しはじめたころに、先物にまとまった売り物が出ており、リスクオフの再来を気にしたようです。

 GLOBEX市場の原油先物が下落。米国先物も小安く推移していましたから、自動的にコンピューターが売り注文をだしたのかもしれません。決算発表の真っただ中で、国内大手投資家は模様眺めですから、いきなり出てきた「先物売り・円買い」を吸収できず、裁定解消売りから指数が上げ幅を縮小。円安を好感して買われていた外需株も値を消してしまった、という格好。ドルが少し強含んだだけで、中國がぐらついてきますから、今晩あたり、米国の方から何らかのけん制発言が出てくるかもしれませんね。やはり、米国の強引なドル安誘導策の背景には、予想以上に中国の状況が悪いため助け舟を出す…という意味合いがあったのかもしれません。とりあえず、購買力平価から見た円相場(105円~110円)の上限付近まで行ったので、「日本政府はごちゃごちゃ言うな」ということでしょうか。勝手な推測ですが、今晩の米国でこれを裏付けるような発言が出てくると嫌ですね。

 結局、日経平均は、一時、前日比で小幅なマイナスになった後、13円82銭高(0.08%)の1万6579円01銭と、3日続伸。一方、TOPIXは、0.60ポイント安(0.04%)の1334.30ポイントと、3日ぶりに反落。出来高は、前日比2.4億株減の21億2864万株、売買代金は、2422億円減の2兆1875億円と薄商い。国内投資家の手控え気分が強かったため、先物売りにともなう裁定解消売りを吸収できず、指数は一時の250円近い上げ幅を失ってしまいました。騰落状況は、値上がり899、値下がり925。

 今日の終値での日経平均サイコロは6勝6敗(50%)で変わらず。TOPIXは、5勝7敗(41%)に低下。RSIは、日経平均が45%→46%、TOPIXは44%→45%に、ともに強含み。25日線かい離率は、ともにプラス圏を維持。騰落レシオは、98%→102%に拡大。指数の動きとは別に、物色範囲は拡大傾向にあります。他の短期テクニカル指標も、売られ過ぎ局面から出直るパターンにあり、引き続き、底堅い動きは続きそうです。

 昨日の書き込みで、25日線(下降)、50日線(上昇)、75日線(下降)がこのゾーンに集まっており、いったんは頭を抑えられるかも…としましたが、想定通りの動きになりました。50日線と75日線がゴールデンクロスしたほか、25日線も対応点が低下することから上向きに転じてくるため、上げ相場に転換するのにそれほど時間はかからないのではないでしょうか。
 とにかく、以前から書いているように、今の日本株は為替次第の展開。本来なら、政策的な後押しが必要なところですが、とりあえずはG7サミットに全力を尽くすのが優先されそう。その分、為替の動きに左右されることになります。今のところ、為替、日経平均先物とも、今日の相場の終値付近での膠着した動きで、方向感は出ていません。
 とにかく、今週は決算発表が終わるなでは、大きな動きはできなさそう。継続注目中のニチレイに細菌に汚染された商品の回収という悪材料が出てきましたが、いまのところ実害がどの程度になるかはわからないため、次回レポートで今後の見通しなど考えてみます。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。   
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ