大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週明けの米国株は、原油高に加え、ハイテク株やバイオ関連株に好材料が相次いだことが支えとなり、主力3指数とも反発して終了
 おはようございます。
 ドル円相場がこう着感を強めています。日本側では、麻生財務相が参院決算委員会で「為替市場へ介入可能性」に言及しています。昨日は、浅川財務官が「米為替報告書は、介入を妨げるものではない」と発言するなど、強硬姿勢が目立っています。一方、ドルインデックスが再びレンジ内に押し戻され、ドル高が進みそうな米国は、ルー財務長官が今週末開催の仙台G7財務相・中銀総裁会合で「通貨安競争の回避を公約すべき」と提言。昨日も改めて、仙台G7会合で提言する姿勢を示すなど、通貨変動時の日本の為替介入に対し牽制する動きを強めています。どちらが正しいのかわかりませんが、日本の貿易収支の改善などファンダメンタルは円買いを促す方向に動き始めている一方、このところのFRB関係者の発言には、6月利上げの可能性もあることを市場に浸透させようとの狙いもあるように感じられ、双方が綱引き状態になっているようです。まあ、購買力平価(105円台~110円)に収まっているようですから、この辺で安定してくれれば良いと思いますが…。

 16日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7710ドル71セント     +175ドル39セント(1.00%)
 NASDAQ総合指数      4775.46ポイント        +57.08ポイント(1.22%)
 S&P500            2066.66ポイント        +20.05ポイント(0.96%)
 CME日経平均先物      1万6610円           +90円
 10年物国債金利        1.7530%             +0.0480%
 ニューヨーク原油        47.72ドル            +1.51ドル
 GOLD              1274.20ドル           +1.50ドル
 ドルインデックス         94.59              +0.02               
  

 週明けの米国株は、地政学要因などから原油価格が半年ぶりの高値に上昇したことを手掛かりに、反発。著名投資家、バフェット氏率いるバークシャー・ハザウェーがアップル株を大量取得したことが伝わるとハイテク株全般に買いが拡大。終日上げる展開になり、ニューヨークダウは、消費への懸念から大幅に下げた前週末の下落分を、ほぼ埋めて終わりました。
 原油価格は高値47ドル98セントまで上昇。49ドルに接近しています。ナイジェリアの武装組織の石油施設への攻撃が増加。採掘会社が現地からの人員引き上げを行い、日量200万バレルを超える同国の供給力の低下が懸念されています。また、カナダの森林火災によるオイルサンド採掘への影響からゴールドマンザックスが、今年の原油価格上限を50ドルに引き上げたことも買いを刺激しています。 また、アップルへのバフェット氏の投資に加え、製薬大手ファイザーがバイオ医薬のアナコア・ファーマシューテイカルを買収したことが刺激となり、バイオケミカル関連も買われるなど、株価刺激材料が増えたことが上げを支援。
 結局、主力3指数とも反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2354、値下がり735(NASDAQ市場は、1990-845)。VIX指数は、0.36ポイント下げ14.68ポイントに低下。

 NYダウは反発。昨年5月高値と11月高値を結ぶ下値支持ラインまで下落。弱気相場入りが懸念されていましたが、かろうじて踏みとどまった格好。50日移動平均線も回復しています。日足一目均衡表の「雲」上辺付近に下げていましたのでこれも意識されたようです。雲は上昇しており、ここで踏みとどまれば反発も期待できそう。当面は、強含みの原油価格とドルインデックスの上げが綱引きになりそう。

 米国株は反発。円は、米国の弱い景気指標を受け一時買われたものの、原油価格の上げや長期金利の上昇を受けて売られ、対ドルは109円台に下落。対ユーロも123円40銭台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を90円上回る1万6610円で帰ってきました。レンジは、1万6280円~1万6675円。出来高は前週末から2万6000枚減の3万6453枚。本日の日本株は、堅調に推移しそう。米国でハイテク株やバイオ関連が買われた流れを受け、関連株の見直しがあるほか、決算発表を受けた個別企業の業績検証もあり、個別色を強めた展開も…。日経平均は、レポートでも示したレンジ内にある上値抵抗線付近でのもみあいに入っていますが、このゾーンを突破できるかどうか、米国株と並び相場の分水嶺に差し掛かっているようです。市場支配力の高いハイテク株などには底打ち感も出てきており、中長期資金が下値を拾い始めた感じも…。物色の流れは、東証マザーズ指数次第…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ