大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



昨日の米国株は、複数の強い景気指標やFRB関係者のタカ派発言が続いたことから利上げ懸念が増幅。主力3指数とも反落して終了
 おはようございます。二度寝しました。目が覚めたら7時過ぎです。急いで書きます。

 米国では、複数の地区連銀総裁のタカ派発言を裏付けるように、第2四半期に入ってから好調な景気指標が目立ってきました。この日発表の消費者物価指数も前月水準を下回ったもののコアCPIはFRBが目標とする2%を上回っています。これを受け、この日もダラス連銀総裁やアトランタ連銀、サンフランシスコ連銀の各総裁が、好調な景気指標が続いた場合の6月利上げの可能性や市場があと一回くらいと予想する利上げ回数についても、2~3回とタカ派発言を繰り返しています。世界情勢次第という限定つきではありますが、FRBは6月利上げもありうるという見方について、市場との距離を縮める動きを強めています。ルー財務長官が円安誘導をけん制する発言をしていますが、強い景気指標を受けた利上げ懸念から、強含みのドルが続き、当面は円高方向には触れにくくなるのでは…。

 17日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7529ドル98セント      -180ドル73セント(1.02%)
 NASDAQ総合指数      4715.73ポイント         -59.73ポイント(1.25%)
 S&P500            2047.21ポイント         -19.45ポイント(0.94%) 
 CME日経平均先物      1万6555円            -145円
 10年物国債金利        1.7590%              +0.0060%
 ニューヨーク原油        48.31ドル             +0.59ドル
 GOLD              1276.90ドル            +2.70ドル
 ドルインデックス         94.56               +0.01     


 昨日の米国株は、原油価格が上昇したものの、この日発表された景気指標が、いずれも予想や前月水準を上回り、利上げ懸念が強まったことから、終日下落する展開になりました。朝方は、原油価格が7か月ぶり高値水準に挙げたことを好感し、資源関連が買われ、底堅く始まりました。ただ、寄り後に発表された消費者物価コア指数がFRBが目指す2%を2か月連続して上回ったことや、鉱工業生産指数(4月)が1年半ぶりの伸びになったほか、住宅着工件数(4月)が予想、前月水準を上回るなど、強い景気指標が続くと、急速に利上げ懸念が台頭。FRB関係者のタカ派発言が続いたことも市場関係者に6月利上げを意識させ売りが増加。引けにかけ次第に下落幅を広げる展開に…。海運、石油周辺サービス、非鉄、運輸などが買われる一方、食品、生活必需品、水道、製紙などが下落。今晩のFOMC議事録の公表を思惑して、引けにかけ買い戻されたものの、主力3指数とも反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1107、値下がり1968(NASDAQ市場は、766-2105)。VIX指数は、0.89ポイント上げ15.57ポイントに上昇。

 NYダウは反落。ホームセンター大手、ホームデポが、強気の業績見通しを発表したにもかかわらず下落したほか、原油高にも関わらず、シェブロンやエクソンも軟調に推移していました。利上げ懸念が強まったこともありますが、今週末に控えているオプション清算に絡んだ動きが強いように思われます。このところ、3ケタの上げ下げを繰り返すようになっており、利上げに関する投資家の見方が対立し始めたことをうかがわせます。依然、過去の高値を結ぶ下値支持線や上昇中の13週線が下値支持として意識されているものの、このところ週足でも上髭を残すことが多くなっており、売り圧力が高まっている感じがします。6月利上げに対する楽観的な見方が修正される動きにありますが、日柄にかけるか、それとも値幅で短期に織り込むか…今は、これを見極めるところ。

 米国株は反落。円は、コアCPIの見方が分かれ一時ドルに対して売られたものの、強い景気指標が続いたことを受け、対ドルは109円10銭台、対ユーロは、123円40銭台と、横ばい。CME日経平均先物は、米株安もあり大証先物終値を145円下回1万6555円で帰ってきました。レンジは、1万6510円~1万6780円。出来高は前日比1万枚増の4万6844枚。本日の日本株は、軟調に推移しそう。GDP発表を思惑した仕掛け的な動きが入っており、GDPの数字や市場の反応次第では振れ幅が大きくなる懸念も…。ただ、今晩のFOMC議事録の公開きゃ強まる米利上げ懸念からドルが堅調に推移すると見られ、日本株の押し目にも限界がありそう。個人を中心に業績相場から、政策テーマを追う方向に切り替える動きが出ており、当面は、業績で売られた政策テーマ関連が注目されます。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ