大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週明けの日本株は、貿易黒字が続いていることから円安期待が遠のいたことや、G'7財務相会合への失望売りもあり、反落して終了
為替。株ともテクニカルな壁に突き当たっていますが、やはり押し戻されましたね。今日の朝発表された4月の貿易収支は3か月連続で黒字を計上。この状態で円安にしたいというのは、トランプおじさんが許してくれない…として、朝から円買い、株売りが強まりました。また、仙台でのG7財務相会合で、何か出るかも…として、イベントドリブン型のヘッジファンドあたりが買い仕掛けでもしていたのか、この投げも指数の下落幅を一時的に拡大した可能性がありそうです。毎度のこととは言いながら、懲りない連中ですね。今週は、伊勢志摩G7サミットがありますが、また、何か期待して買い仕掛けでもやらかそうというんでしょうかね。

 まあ、このところの相場のこう着状態は、ひどいものですが、わずか100円そこそこのレンジの中に、25日、50日、75日と重要な移動平均線が横ばい状態で3本も集まっていては、方向性を出せと言っても無理ですね。レポートでも触れましたが、日経平均の13週移動平均線は何とかキープしたものの、今週頑張らないと、同線の対応点が上回ってしまい頭押さえになる可能性もあります。当面は、26週線が目標になりますが、現在、対応点は11月高値付近…。これでは26週線の上昇は株価が暴騰でもしない限り下落が続くことになり、指数が戻してもこの辺まで…。一方、今期の日経平均の予想EPSは1000円を割れるのでは…との極端な予想で海外投機筋は日本株を売り込んできましたが、蓋を開けてみれば、EPSは1200円近く。おまけにPERが13倍台で、為替の動き次第では伸び城があるとすれば、簡単に売り仕掛けもできない…ということ。結果、海外の先物筋が動かないことから、相場はますますこう着感を強める…という格好。VI(ボラティリィティ・インデックス)も20%台で低迷しており、売り仕掛けもやりづらいということで、しばらく、指数はお休みになる可能性も…。

 まあ、想定通りの動きですが、日本が意図的な円安に持っていくことができなければ、内需を徹底して刺激するしかないわけで、相場の方は、しっかりとこの方向で動いていますね。今日はレポート銘柄のミロク情報サービスが年初来高値を更新していました。最近の派遣業界の時給を見ますと、IT関連の上昇が目立つほか、コンピューターへの入力を中心にしたオフィス業務の上昇も目だっています。この背景が企業のマイナンバー関連の入力作業の増加といいます。時給が上昇しているということは、それだけ需要が増えているということでもありますが、ミロク情報サービスは、昨年から、中小企業や大企業などへのマイナンバー関連事務の受託でアプローチをかけており、前期の決算でもこの成果が上がり、過去最高益を達成。今期も増益を予想をしていますが、派遣社員の時給の伸びを見ると、想定以上に受注が拡大している可能性もありそうです。

 アベノミクスに関しては、判断が分かれていますが、あれだけ問題になった派遣社員の待遇ですが、今では、給与の伸びは正社員を上回る勢いになっており、少なくとも経済が活性化していることは確かでしょう。どうしても、輸出企業の方に目が行き、指数ばかりを見てしまいますが、今、世界で起きているAIや自動運転、バイオ創薬などのブームの中に日本もいることを忘れてはいけません。成長の止まり景気循環株になってしまった企業が多い日経平均を見ていると、本当の経済の流れなんかわかるはずもありません。たとえば、米国のS&P500の構成銘柄は、約半数が製造業といわれますが、米国経済に占める製造業の比率は20%弱…。これで果たして、本当の経済の状況を表しているのか、と疑問を呈するエコノミストも出てきています。日経平均も同じようなもの。このところ、ドルインデックスが上昇を始めていますが、ドル高が続けば、新興国はまた苦しくなります。まずは、アベノクスの成果を映して動きている分野はどこか…ということを、考えて投資することが大事になりますね。
 
 少々書きすぎましたが、本日の日経平均は、81円75銭安(0.49%)の1万6654円60銭、TOPIXは4.72ポイント安(0.35%)の1338.68ポイントと、ともに反落。出来高は、前週末比1.56億株減の17億3082万株、売買代金は、1740億円減の1兆7092億円と、ともに今年最低。騰落状況は、引けにかけ中小型株を中心に買われて値上がり数はしり上がりに増え、結局、値上がり773、値下がり1018.入り時は200台でしたから、結構な挽回です。
 今日の終値での日経平均サイコロは、8勝4敗、TOPIXは7勝5敗で、ともに変わらず。RSIは、日経平均が36%→37%、TOPIXは36%→37%と、ともに底値圏。両指数とも、わずかに25日線を下回っています。騰落レシオは116%→1115と、警戒ゾーンを下回ったところで推移。循環物色が進んでいることを思わせます。指数のストキャスティックスなど短期のテクニカル指標は、依然、買われ過ぎゾーンにあります。まあ、しばらくは個別株物色と割り切ったほうがいいですね。以前から、主力の中ではソフトバンクとソニーを注目するように、と書きましたが、やはり動きが異なりますね。ともに、世界でブームになっている分野にかかわりを持ち、かつ、その先端を走っている企業。ちょっと動きが違いますね。
 まあ、昨日の相場の地合いとしては、捨てたもんではないですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ