大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、円の上昇を嫌気したほか、イベント通過待ちから見送り気分が強まる中、先物主導で続落して終了
 伊勢志摩G7サミットが近づくにつれ、相場への関心は薄れつつあるようです。ワイドショーもサミットの警備体制や宿泊するホテルの豪華さを話題に取り上げ、歓迎ムードを盛り上げていますが、国民の関心はもう一つのようです。もう事前の事務方の打ち合わせで結論も出ていると思われ、後はセレモニーを粛々とやるだけ、ということでしょうか。おそらくサプライズを伴うような合意も出てこないでしょうし、結局は、6月の米FOMC(公開市場委員会)へ向け、また、大手投資家の売買見送りが続き、こう着相場が続くことにになるんでしょう。買わないための理由を探している感じもします。

 ただ、FRBとしては、管轄区域にミニバブル状態を抱えるサンフランシスコ連銀などタカ派の地区連銀総裁が早期の利上げを唱えているものの、昨年12月の利上げでは、性急過ぎて、年初に金融市場の波乱を招いています。今回は口先介入などを通し、市場とのすり合わせを済ませたあとで、利上げに踏みきると予想され、よほど、切羽詰まったような状態にでもならない限り、7月会合まで引っ張られる可能性も出てきそうです。G7での財政出動などは、シリア難民の受け入れで財政支出が膨らんでいるドイツなどの反対で受け入れられることはないでしょうが、日本は独自に景気刺激のための財政支出の拡大をやればいいだけのこと…。

 ただ、ここにきて、消費税引き上げの延期に対し、与党内からも反対論が出始めています。財務省あたりが族議員に言わせているのかもしれませんが、マスコミが取り上げてきますので、市場としては「どっちなんだ」という気分にならざるを得ません。計画通り実施されるなら、補正の規模は大きくなりますし、延期の場合は規模が小さくなることになり、投資家の対応も違ってきます。蛇の生殺しみたいなことをしないで、早く結論を出さないと市場から催促されることにもなりかねません。さらに、困ったことには、米国大統領選では共和党のトランプ氏が早々と本選出場を決めつつありますが、民主党のクリントン氏は、いまだに予備選を制することもできず、このところ評価を下げつつあります。大手マスコミが実施した大統領選の支持率は、直近でトランプ氏がクリントン氏を上回った、という結果もでています。まさかまさかの結果が出る可能性も強まっており、下手をすると大統領選まで動けなくなることもあるかもしれません。今の相場のこう着状態は、いろんな要因が重なったものだと思われます。せめて、国内要因だけでも不透明感を払しょくしてもらいたいものですが…。

 本日の日本株は、朝方は円高を嫌気した売りに押され続落してスタート。売り一巡後も先物への売り圧力が強く、売り仕掛けに伴う円買いも嫌気され、終日だらだらと下げる展開に…。朝方も予想したように市場のムードを悪くするため、個人投資家の指標になっている東証マザーズ指数を売り崩すような動きも出ていました。このため、最近買われた小型株にも益出しの売りから下落するものが増え、日経平均は次第に下落幅を広げる展開に…。欧州市場が開く2時過ぎには、再び、売り仕掛け的な動きが強まり、下げ幅を拡大。引け間際にはこの日の安値1万6471円(前日比183円安)をつけていました。ただ、昨日と同様、好決算や株主還元など好材料株を積極的に買う動きは強く、物色に関しては底堅い動きが続いています。

 結局、日経平均は155円84銭安(0.94%)の1万6498円76銭と13日以来の1万6500円割れ。TOPIXは12.18ポイント安(0.91%)の1326.50ポイントと、ともに続落。出来高は前日比1億株減の16億2783万株、売買代金は430億円減の1兆6658億円と、閑散商い。騰落状況は、値上がり529、値下がり1272。
 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは7勝5敗と、変わらず。RSIは、日経平均が36%→45%、TOPIXは37%→45%に上昇。明日も大きな上昇分の数字が落ちますので指数は上昇する予想。25日線かい離率は、日経平均が、-0.5%→-1.5%、TOPIXは、-0.63%→-1.52%に、それぞれマイナスかい離が拡大。騰落レシオは、111%→101%に低下。指数、物色動向ともモメンタムは低下傾向。いまのところ、一目均衡表の「雲」上辺が下値を支えている格好。海外投機筋に、打診的な売り仕掛けの動きがあ利ますが、商いが薄いことから、すんなり値を崩しており、しばらくは警戒的な動きになりそう。いったんは、益出しておくのも良いか…。今週中に13週移動平均線を上回って終われるかがポイントだが…。
 人手不足関連、介護関連など注目株は高値圏で頑強な動き…。欧州市場が、ドイツの予想を上回るGDP統計を受け上昇していることを受け、米株先物も上昇。円がやや弱含み、日経平均先物は大証先物終値を120円上回る1万6600円での推移。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ