大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



本日の日本株は欧米株高に加え、円安も好感され急反発したものの、国内の不透明要因が多く、主要な投資家は売買を手控え。商いは今年最低に…
 せっかく円安、米株高のお膳立てをしてもらったのに、日本株は音なしの構えでした。日経平均は昨日の下げを演出した先物筋の買戻しもあり、急反発して始まったものの、朝の書き込みで想定した「買い一巡後は、こう着状態に…」との予想通り、高値でのこう着状態が続き、日経平均の終日値幅は、わずか75円にとどまっています。GLOBEX夜間取引市場の原油先物や米国株が堅調に推移していたことから、投機筋も簡単に売り仕掛けもできなかったことが相場を膠着させたようです。中国市場が下落したことから、昼休み中に「株先物売り・円買い」を仕掛ける動きがありましたが、後場寄りに上げ幅を縮める場面があったものの、結局、売り崩せないままに、今日の取引が終わってしまった、という感じです。普通なら、機関投資家などから打診買い的な動きが入ってもいいのですが、出来高を見る限り、新規資資金の流入は内容で、主力株が浮き上がる一方で、新興市場や内需系小型株などが沈んでおり、市場に残っている資金が右へ行ったり左に行ったりしている感じですね。

 昨晩も書きましたように、米国の6月または7月利上げの可能性が強まってきたほか、同じく6月の英国のEU離脱に関する国民投票など外部環境が読みづらいうえ、国内の方も、衆参同日選挙があるのか、消費税の延期はあるのかないのか…、国内的にも不透明感が支配しています。消費税の引き上げについては、今日の麻生財務相の会見で、G7財務相・中銀総裁会合で「予定通りやる…」と話した、と述べており、ますますわからなくなってきました。米国市場は、第2四半期に入ってからの景気の持ち直しは、十分利上げに耐えられるとの観測から出直り体制に入ってきました。また、米国の利上げ観測やユーロ経済への不安からユーロが売られ、これを好感し欧州株も出直ってきました。本来なら、日本株も出直っていいはずですが、投資の基本となるべき、消費税の問題と財政出動の規模が想定できないでは、動き様がないというのが本音でしょう。また、原油高から新興国の見直しをしたいところですが、利上げ確率の高まりからドルが強含んでおり、再び、新興国からの資本流出懸念も出て競う。結局、八方ふさがり状態になっているというのが現状でしょう。

 昨日も書きましたように、あまり先先に消費税の結論を伸ばすと、市場から催促されるリスクも高まってきます。サミット終了後には結論が出されるものと思われますが、新年度入りしているというのに、まだ機関投資家のポートフォリオ作りも始まっていないと思われ、待機資金は多いはず。雲が晴れれ、とりあえず、流動性のあるバリュー株から買われることになるのかもしれません。昨日も書いたように、益出し出来るものは益出しておいて流れの変化に備える準備も必要ではないでしょうか。まあ、マイナス金利政策には、批判も多いようですが、十分な効果を発揮できないでいるのは、消費税の引き上げがあるのか、ないのかがはっきりしないことから、せっかくのマイナス金利が設備投資や住宅投資、高額商品の購入などが抑えられていることにあります。ここからの市場の流れは、よほど腹をくくってみていかないと、方向を読み間違う可能性も出てきます。心してかかりましょう。このところ、日本株が波乱するときによく動く欧州証券が先物売りを増やしているのが気になります。

 本日の日経平均は、258円59銭高(1.57%)の1万6757円35銭、TOPIXは16.38ポイント高(1.23%)の13542.88ポイントと、ともに急反発。出来高は、前日比約1000万株減の16億1834万株、売買代金は、1178億円増の1兆7826億円。相変らずの薄商い状態。騰落状況は、値上がり1333、値下がり474。
 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは7勝5敗で、ともに変わらず。RSIは、日経平均、TOPIXとも、45%→68%に急上昇。25日線かい離率は、日経平均がプラス圏を回復したものの、TOPIXは、まだ下回ったまま。騰落レシオは、101%→97%に低下。指数は方向感のないままで、物色範囲が縮小傾向にあります。物色の流れの変化が気になるところですが、以前から主力の中では傑出した動きとした、SONYとソフトバンクが想定通りの動きをしています。当座は、この両銘柄の動きが焦点になりそう。
 
 海外では、ドル高を原油高を好感して、今日も欧州株は大幅続伸。米株先物も上昇。これを受け日経平均先物も一時1万6900円を超えていました。オプションの行使価格1万6000円のプット残高が増えていますが、このまま、株価が上昇し13日のオプションSQ 1万6845円を抜いてくると踏み上げ的な動きも期待できるのですが…。このところ、CMEの日経平均先物価格は、日替わりで上げ下げを繰り返しており、今晩は下落する順番なのですが…。そうそう投機筋の思うようにことは運ばないでしょうね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ