大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



本日の日本株は、円安傾向や強い景気指標を好感。商いを伴って幅広く買われ、日経平均は今年初めての5日続伸で終了
 今日発表された4月の有効求人倍率は1.34倍に上昇。1991年11月以来、実に24年5か月ぶりのことと言います。関西でも同倍率は1.26倍に上昇。こちらも1974年9月以来の高水準。マスコミ界の方や野党は認めたくないでしょうが、やはり、アベノミクスの成果が表れている、ということなんでしょう。非正規社員の時給も正社員を上回る水準で上昇。今後、消費を下支えしていくことになりそう。また、消費増税が2年半先送りされたことで、日銀のマイナス金利が効果を上げ、住宅や設備投資、高額消費にも勢いが戻ってくることになります。

 日銀のマイナス金利に対しては、批判的な意見が多かったようですが、単純に消費税の引き上げがあれば、前回の引き上げと同様に景気が腰折れし、消費の落ち込みも再発するかもしれない。そんな時に、設備投資に踏み切る企業が出てくると期待するのは無理筋というものでしょう。でも、消費税が2年半も先送りされ、かつ、財政出動、日銀の追加緩和が期待できる、となれば、企業の取り組む姿勢も変わってくるのは当然でしょう。まあ、前回は消費税引き上げと同時に大幅な公共投資の削減をおこない需要不足を招き景気を失速させるという大失態を犯していますが…。

 日銀のマイナス金利の効果が発揮されるのは、これから…ということで、安倍首相が具体的な時期を決めて消費税上げ再延期を決めたところから、今回の上げ相場が始まっているところを見ても、消費税の問題が今の相場の足を引っ張ってきたかわかるというもの…。まだ、米利上げや英国のEU離脱を問う国民投票など外部要因を気にしている投資家も多いようですが、今日あたりは、出来高、売買代金とも大幅に増加。MSCIの銘柄入れ替えにともなう売買(500億円くらい?)や、月末の評価上げを意識したドレッシングの動きなど、特殊要因を除いてもボリュームアップしてきており、機関投資家の資金がにじみ出るように市場に還流しはじめたのかもしれませんね。ただ、新興国を中心にした景気に、依然、陰りがあることから、買いあがるにしてもファンダメンタルの壁があることだけは、押さえておいた方がよさそうです。米大統領選など長期に続く不透明要因もあり、基本的に、業績を買う流れが続くことだけは確かでしょう。

 本日の日本株は、昨日の米国市場が休場だったものの、欧州の強い景気指標を受けドルが売られ、円が小幅に上げたことを嫌気。売り先行で始まりました。寄り後しばらくは、方向感のない展開が続きましたが、4月の鉱工業生産指数が発表され、事前予想がマイナスだったものの、プラス圏に浮上。熊本震災の影響がそれほどでもなかったことへの安心から買いに転換。自動車や電機、対中鉄鋼セーフガードの発動を思惑した鉄鋼株など主力株を含め幅広く買い物が入り前引けにかけ、上げ幅を拡大。中国株が上昇したことも支えとなり、後場に入っても買いの勢いは衰えず、欧州市場が開く2時過ぎには、買戻しと思われる買いも入り、上げ幅を拡大。引け前30分ごろ、日経平均はこの日の高値1万7251(前日比183円高)をつけていました。

 結局、日経平均は166円96銭高(0.98%)の1万7234円98銭と、5日続伸。TOPIXは、13.79ポイント高(1.01%)の1379.80ポイントと、3日続伸。出来高は、前日比9億3000万株増の25億2840万株、売買代金は、同1兆3140億円増の2兆8740億円に急増。騰落状況は、値上がり1336、値下がり475と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)に上昇し、警戒ゾーンの75%に到達。TOPIXは、7勝5敗(58%)に上昇。RSIは、日経平均が67%→70%に、TOPIXは65%→69%にそれぞれ上昇。25日線かい離は、日経平均が+1.8%→2.7%にプラスかい離が拡大。中間反落懸念の3%超えに近づいてきました。騰落レシオは107%→111%に拡大。一部に警戒的な指標を抱えながらも、相場的には一番値幅効果が出る局面に来ているのかもしれません。

 今日は、先行組が一服し、出遅れの外需主力株に流れがシフトした格好。ただ、これまでのように他方が買われると、もう一方が沈むという限られた資金が市場内を徘徊するというパターンでなくなっています。短期的に、売られ過ぎ主力株の買いが続きそうですが、今の市場は、決算発表が終わり、会社計画を市場見通しと比較する流れが主。リバウンド一巡後には、期末にかけ業績の伸びが期待できる銘柄の買いが続きそう。レポート注目のAoi Pro. ミロク情報サービス、日本M&Aセンター、ディップなどいずれも堅調に推移しています。まだまだ、大きく伸びた場面がなく、本格相場はこれからが本番。単なる割安株と業績の伸びが期待できる株とは、異なります。三角持ち合いが煮詰まってきた立体地図関連も面白くなりそうです。乞うご期待。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ