大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



本日の日本株は、円相場の安定を好感。ドル安による市況上昇を受けた資源関連や素材の上げを支えに。日経平均、TOPIXとも反発して終了
 市場は、まだ、先週末の米雇用統計ショックを引きずったままのようです。FRBも、なぜ雇用が大幅な減速になったのか、について原因究明する、としており、昨日の講演ではイエレンFRB議長は、景気に関しては強気を維持。時期は明示しなかったものの、依然、利上げについては前向きに考えているとし、せっかく織り込み始めた利上げ気運の火を消さないように配慮していました。ただ、FRBにとって今回の数字が想定外だったことは、間違いのないところ…。過去の例でも、ITバブル時や証券化バブルの崩壊前に、突然、雇用の伸びが落ち込んだり、マイナスに転じた後、しばらくして景気後退が来ており、原因究明に躍起にならざるを得ない…ということなんでしょう。

 また、失業率は完全雇用に近い状態になっています。産業の高度化が進み、IT技術者などハイレベルな能力を要求される分野での人手不足は深刻化。一方、熟練能力が必要ない分野では企業の業績悪化や、政府からの賃上げ圧力で労働コストが上昇で、企業が雇用を抑え始めた可能性があります。雇用の2極化が始まっているようです。経営者は、まだ、雇用の削減までは及んでいないものの、企業の売り上げが減少している状況から見て、いずれ雇用に手が付けられないとも限りません。第二四半期に入り、米景気は持ち直していることから、6月には回復してくると思われますが、市場としても神経質にならざるを得ないということでしょう。このところ、原油価格の堅調だけでなく、大豆やトウモロコシ、砂糖など国際商品の上げが急になり、商品の代表指数であるCRB指数は年初来20%超えの上昇。国際商品の価格はドル建てが多いことから、ドル安になれば上昇しますが、投機筋は先行きのドル安を想定して資金を移動させているようです。ドル安傾向が強まれば、リスクオンから新興国に資金がシフトしれ行きますから、日本の主力株はますます動きづらくなるかもしれません。投資家としては、再び、雇用が勢いをj盛り返し、利上げ懸念からドルが上昇する…という図式を想定したいところですが…。

 今日の日本株は、朝も書きましたように、米国で金利の落ち着きやドル安を意識し、素材や非鉄、エネルギー、高配当の公益株などが買われた流れを引き継ぎ、鉱業や、石油、電気ガス、非鉄などが買われ反発。後場にかけ、TOPIX100など主力株に大口投資家の買いが入ったこともあり、後場寄りにかけ上げ幅を拡大。日経平均は一時1万6700円台を回復する局面も…。ただ、欧州市場が開く2時過ぎには、仕掛け的な動きを懸念した売りが入り、1万6600円台に押し戻されていました。日経平均の終日値幅は165円と、以前に較べると動きが乏しくなってきました。メジャーSQを控え、海外先物筋の仕掛けが懸念されますが、今のところ9月限りへのロールオーバーが優先されており、露骨な仕掛けは出ていないようです。
 
 結局、日経平均は、95円42銭高(0.58%)の1万6675円45銭、TOPIXは8.34ポイント高(0.63%)の1340.77ポイントと、ともに反発。出来高は前日比2.56億株減の16億1468万株、売買代金は470億円減の1兆7798億円と、薄商い状態は変わらず。騰落状況は、値上がり1152、値下がり642。
 今日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗(58%)、TOPIXは6勝6敗(50%)とともに変わらず。RSIは、日経平均が48%→50%に小幅に上昇。25日線かい離率は、-0.4%→+0.3%となり、25日線を回復。騰落レシオは96%→99%に小幅に上昇。指数が25日線を挟みこう着感を強める中、かさ上げ的な循環物色が続くというパターン。米国でも指数が膠着感を強める一方、52週来高値更新銘柄数は増加傾向にあり、全般的なかさ上げの動きが続いており、写真相場的な動きを強めています。まあ、指数はしばらく持ち合いの動きになりそう。

 今日も、企業支援関連の日本M&Aセンターやアウトソーシング、ミロク情報サービスが高値を更新。円高による利益の増額修正期待で注目した六甲バターも高値を更新。注目株から7銘柄が新高値を更新してきました。注意したいのは、テーマ株であっても、収益的な裏付けがないと、相場の寿命が短いこと。市場に流入する資金が限られていることから、投機的なものは短期回転商いを、落ち着いた資金は業績の拡大が期待できるものを腰を落ち着けて買っていることから、息の長い上昇相場になるものとに分かれえてきました。しばらくは、業績にこだわったほうがよさそうですね。昨日の講演で、イエレンFRB議長が、景気に対して強気の発言をしたことから、今日の欧州市場は全面高。原油も49ドル台でしっかり。これを受け、GLOBEX市場のNYダウは60ドル高、日経平均先物は、大証終値を上回り高値1万6845円まで買われています。なんとか、このまま無事に米国市場、日本市場に引き継いでもらいたいものですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ