大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



昨日の米国株は、ドル安を好感した多国籍企業や素材株などバリュー株を中心に買われ、主力3指数とも3日続伸して終了
 おはようございます。
 米国で基調転換するものが増えてきました。年初の調整時に安値が切り下がり、下降トレンド入りが懸念されたS&P500が、一昨日、戻りの急所になる4月20日高値を更新。過去最高値挑戦への可能性を強めました。また、昨日は、ニューヨーク原油が、昨年10月高値50.93ドルを更新。下落トレンドを続けていた時の戻り高値を更新。次の戻り高値62.58ドル(2015年5月)を目指す波動に乗ってきました。いずれも、為替市場でドル安の流れに戻ったことが、上昇の要因になっています。日本にとっては、向かい風になりますが、米国株の上昇により、国際分散投資ファンド内の日本株の比率が低下。今後、是正のための日本株買いも予想されます。日本株の物色の流れの変化を想定しておく必要がありそう。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ          1万8005ドル05セント     +66ドル77セント(0.37%)
 NASDAQ総合指数        4974.64ポイント        +12.89ポイント(0.26%)
 S&P500              2119.12ポイント        +6.99ポイント(0.33%)
 CME日経平均先物        1万6815円           -35円
 10年物国債金利          1.7060%             -0.0070%
 ニューヨーク原油          51.23ドル            +0.87ドル
 GOLD                1262.30ドル           +15.30ドル
 ドルインデックス          93.54               -0.31                 
 

 昨日の米国株は、ECB(欧州中央銀行)が社債の買い取りによる資金供給を始めたことからユーロが買われたことを嫌気。欧州株が総じて下落したものの、ユーロ買いの反動でドルが下落したことを好感し買いが先行。続伸してスタートしました。ドル安を好感し、多国籍企業が買われたほか、前日続き鉄鋼など素材関連も買われ、ニューヨークダウは、寄り後まもなく、この日の高値1万8016ドル(前日比78ドル高)をつけています。FRBが雇用関連指標として重視する求人労働移動調査(JOLTS)が過去最高になったことでドルが買われ、一時上げ幅を縮める場面がありましたが、10年債金利が1.7%を割り込むと再度ドル売りが加速。多国籍企業が買いなおされ、上げ幅を拡大するという動きに…。前日同様に何度か1万8000ドル大台に跳ね返される動きになりましたが、ドル安が支援となり、主力3指数とも3日続伸。NYダウは1万8000ドル大台を回復して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2056、値下がり994(NASDAQ市場は、1845-960)と、ともに買いが勝りました。

 ニューヨークダウは、3日続伸。週はじめに日足一目均衡表の「雲」抜けを達成したあと、順調な戻りになっています。NASDAQ総合指数やS&P500は、いち早く急所になる4月20日の戻り高値を更新。史上最高値挑戦へ向けての値固め中ですが、NYダウの出遅れ感が目立っています。前週末の雇用統計サプライズまで利上げ時期が不透明だったことがドルの足を引っ張り、NYダウの動きを鈍らしていましたが、ここにきて、利上げは9月、12月の可能性が高いとの観測が強まり、ドル安が進行。出直り色を強めてきました。当面、バリュー株志向が強まり、4月20日高値18167ドルを目指すことになりそう。

 米国株は続伸。円は、ユーロ高の影響を受け、対ドルは106円80銭台に上昇。対ユーロも121円80銭台に小幅に上昇。CME日経平均先物は、大証終値を35円下回る1万6815円で帰ってきました。レンジは1万6580円~1万6855円。出来高は、前日比1万2000枚減の4万4850枚。本日の日本株は、底堅い動きが続くか…。米国市場で、素材株や公益株が買われる流れが強まっており、日本でもバリュー株見直しの動きが強まる可能性も…。先物は9月限利へのロールオーバーが進んでいるようですが、売りのポジションを持ち越しているとみられ、薄商いだけに先物への仕掛け的な動きが懸念されます。ドル安が進行すれば、海外投資家の関心は新興国や商品に向う可能性が高くなると思われ、週明けからの物色の方向性を検討する必要も出てきそう。当面は、成長株の中で出遅れになってきたぐるなび、週足一目均衡表の「雲」を」抜けてきたテンプホールディングス…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。   
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ