大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



週明けの日本株は、重要イベント控えで手控え気分が強いなか、英国のEU離脱を懸念した米株安や円高嫌気した売りや、先物筋のウリ仕掛けで3日続落して終了
 今日は、血圧薬の処方箋をもらいにかかりつけ医のところまでいかなければなりません。薬が切れているので、明日にすることはできません。急いで書きます。 

6月は、4月と同じように、月曜日が下落する日になるのでしょうか。4月は米国の利上げ懸念が強まり、円が下落しましたが、一方で、米のルー財務長官から円を狙った市場介入へのけん制発言が続き、最後は4月29日に、半期為替報告書で日本などを監視リストに指定するという、露骨なドル安誘導策を取り、せっかく、112円近くまでもどしていた、円相場は、わずか4日の立会の間に6円越え上昇するという惨劇になりました。この時も、米政府の意向を先取りするように、シカゴIMM通貨先物市場では、投機筋の円買いが増加。4月中旬には、10万枚を超える規模まで膨らんでいました。半期為替報告書での監視リスト指定で、投機筋は、大儲け。まさか、つるんでいるとは思いませんが、この時も、報告書発表当日の日本は、「昭和の日」で休場…。何等かの仕掛け的な動きがあったのでは…と、勘繰られても仕方がない動きでした。結局、4月の月曜日は全敗でした。

 今回も、3日のわけのわからない雇用統計結果から、歪み始めていました。雇用統計発表前の週の先物の投資主体別売買動向で、海外投資家は日経平均型を1050億円売り越し。2週間ぶりに売り越しに転じていました。また、6月7日現在のシカゴIMM通貨先物市場を見ると、円は前週の1万4837枚の買い越しから、一気に、4万2853枚の買い越しと、7週ぶりに買い越し枚数が拡大していました。さらに、レポートでも書きましたが、以前から相場の波乱時に売り持ち高を増やしてくる欧州系証券(CTAの機関店とみられる?)が、売り持ち高を増やし、残高では2位まで来ていましたので、売り仕掛けの動きが懸念される、としました。今日は、週明けで、様子見気分が強いほか、日米の中央銀行のイベント控え。また、来週は、もしかしたら本当にEUを離脱するのでは…との懸念が高まった英国の国民投票が控えており、投資家心理が弱気に傾きやすいことも、海外投機筋の付け込むところになったんでしょう。先週末のCMEで日経平均先物売りと円買いで、今日の下げのおぜん立てをしていましたので、今日は、寄り付きから先物を売りまくれば、あとは国内投資家がビビッて自壊するとみたのでしょう。

 今週の日米の中銀会合は、おそらく政策据え置きになるようですが、これだけ為替が波乱しては、日銀が動くリスクも出てきます。また、来週の英国国民投票にしても、調査をしているものと思いますが、これだけ離脱派と残留派が拮抗していては、ポジションを持ったままイベントに臨むにはリスクが高すぎる…ということもあります。当面は、短期的な売り仕掛けとみておけばいいのではないでしょうか。そんなことより、みんなリスクオフ、リスクオフといって、安全資産買いをしていますが、もし残留が決まったら、一斉にポジションが解消され、相場が裏返しになる事だってあり得ます。おそらく、投機筋も深追いせず、ポジションの解消に動いてくるのではないでしょうか。問題は、これを機に、物色の流れが変化すること…。まず、動けるようにしておくことが大事ですね。

 今日の日本株は、朝方から、「株先物売り・円買い」のウリ仕掛けがあったほか、TOPIX30など大型株に売り物が増加。裁定解消売りなどもかさみ、大幅に続落してスタート。相場環境の不透明感から、押し目買いを入れる投資家もないなか、ずるずると下げ幅を拡大する展開に…。引けにかけては今晩の欧米市場の動きを懸念した先物売り(投機筋は買戻しをぶつけた?)から、日経平均は安値引けしていました。昨日のレポートでも書いた、日本の抵抗線内で推移していた日経平均は、下放れになってしまいました。まあ、以前想定した動きですから、今のところは違和感はありませんが…。流れに逆らって踏ん張っていた新興市場も、小型株も、今日は押し流された…という格好。

 結局、日経平均は582円18銭安(3.51%)の1万6019円18銭、TOPIXは46.18ポイント安(3.47%)の1284.54ポイントと、ともに3日続落。出来高は、3.3億株減の18億7631万株、売買代金は6030億円減の1兆8518億円と薄商い。週末のメジャーSQで9000億円の関連商いがあったといますから、実質は3000億円くらいは増えたという形。騰落状況は、値上がり40、値下がり1903と、全面安商状。
 今日の終値での日経平均サイコロは、6勝6敗に下落。TOPIXは6勝6敗で変わらず。日経平均RSIは、48%→40%に低下。底値ゾーンの40%割れに接近。25日線かい離率は、-0.5%→-4.1%に拡大。反発が期待できる水準にきました。騰落レシオは、110%→98%に低下。日経平均の3本新値は陰線3本目。あと一本陰線が入れば、陽転しやすくなるのですが…。他の短期テクニカル指標も反発を暗示するゾーンに低下してきました。イベントの結果は、予想できませんが、テクニカル指標は、弱気になるな…と言っているようです。とりあえずは、以前から下値のめどとしてきたゾーンが維持できるかどうか、確認するところ。計算上のポイントは、1万6892円ですが…。

 今日は、個別株は全滅ですね。ただ、驚いたのはトップで取り上げた銘柄…。4月、5月と月次の売り上げが会社計画を上回っていたことから。決算期待で取り上げましたが、新高値を更新していました。まあ、明日は調整するでしょうが、AI関連の人手不足関連株など、先だってから、おかしな資金が入ってきている気配があり、全体が落ち着けば、また買いなおされてくるんでしょう。今日は、四季報と会社情報が発売されましたが、仕方がないとは言うものの、慎重な見通しのものが多かったようです。その中でも継続注目株の中には、会社計画を上回る見通しを出しているものもあります。明日以降、四季報と会社情報の数字の変化が、隠れたテーマになるかもしれませんね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。、
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ