大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



昨日の米国株は、英のEU離脱を嫌気したアジア、欧州株安を受けて4日続落したものの、好調な景気指標を受け、底堅い動きに…
 おはようございます。昨晩は、アレルギー薬を飲んだため、早めに寝てしまい。書き込みができませんでした。ご容赦!
 
 昨日は、相変わらず先物への機械的な売りや、裁定解消売りなど売りが勝り、日本株は4日続落。リスク回避の円買いが嫌気され、主力株への売りが継続しています。裁定買い残が少ないことが、下げ幅を限定的にしているところもあります。昨日は、今年のはじめと同様に、指数が下落に転じてからも値を保っていた小型割高株に、貸し株を使った売り仕掛けとみられる動きが入り、値を崩すものが増えています。全体が持ち直せば、買い戻されるもので、押し目買いを入れるタイミングを計るところ…。
 昨日の段階で、日経平均、TOPIXサイコロは、ともに5勝7敗(41%)に低下。今日、明日安ければ、3勝9敗(25%)と底値ゾーンまで落ち込んできます。また、日経平均RSIは40%→32%に低下。底値ゾーンの40%を割り込んできました。騰落レシオも98%→86%に低下。いずれも、売られ過ぎゾーンに近づいています。ストキャスティックスなど短期指標も売られ過ぎゾーンに来ており、不透明な外部環境を除けば、押し目買いの好位置につけています。内需株の見直しも…。

 14日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7674ドル82セント     -57ドル66セント(0.33%)
 NASDAQ総合指数      4843.55ポイント        -4.89ポイント(0.10%)
 S&OP500            2075.32ポイント        -3.74ポイント(0.18%)
 CME日経平均先物      1万5775円           -5円 
 10年物国債金利       1.6110%             -0.0050%
 ニューヨーク原油       48.49ドル            -0.39ドル
 GOLD              1288.10ドル          +1.20ドル
 ドルインデックス        94.93              +0.54


  昨日の米国株は、英国のEU離脱懸念を受けたアジア、欧州株安の流れを受け売り圧力が強かったものの、朝方発表された小売売上高(5月)が予想を上回ったことを好感。やや買いが先行し、堅調な始まりでした。寄り後は、再び、英国離脱懸念が強まり、安全資産の債券買いが増加。10年債金利が1.6%を割り込むなど金利低下が進むと、これを嫌気して金融関連株が下落。JPモルガンやGS、シティなど大手銀行主導で下落幅を拡大する展開になりました。FOMCを控えており、あえて押し目買いを入れる動きはなく、一時堅調だった原油価格が下げに転じるとエネルギー株が売られ、昼過ぎに、ニューヨークダウはこの日の安値1万7595ドル(前日比137ドル安)をつける場面もありました。引けにかけては、FOMC結果を前にしたポジション調整の買いもあり、下落幅を縮小したものの、結局、主力3指数とも4日続落して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1061、値下がり2002(NASDAQ市場は、1124-1718)と、ともに売りが優勢。VIX指数は、0.47ポイント下げ20.50に低下。緊張感はやや緩んだ感じ。

 NYダウは、4日続落。上昇中の75日線に届いたところから反転しています。NASDAQ総合指数の下落率(0.10%)に比べ、下落率(0.33%)の大きさが目立ちますが、金利低下を嫌気した、JPモルガン(-1.88%)、GS(-1.64%),AMEX(-4.06%)の3社だけで指数を42.67ドル押し下げるなど、特殊な動きが作用したようです。ドルがユーロに対して上昇していることが、原油価格の抑制要因となり、もたついている側面もありますが、堅調な景気への期待感が下値を支えており、底堅い動きといえそうです。原油価格の短期テクニカル指標は、押し目買いゾーンに届いたことを示しており、そろそろ押し目買いが入りそうな位置に…。NYダウの反転時期は近いか。

 米国株は4日続落。円は、リスクオフの動きから、独歩高状態になり、対ドルは106円を挟み小幅な円高。対ユーロは118円90銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値比5円安の1万5775円で帰ってきました。レンジは、1万5640円~1万6035円。出来高は、前日比4000枚減の5万7077枚。本日の日本株は、底値を意識した底堅い動きになりそう。日経平均PERは2013年以降では、今年2月の12.97倍に次ぐ13.24倍まで低下。割安感が強まっており、そろそろ逆張り投資家が動いてきそう。CMEレンジ下限が1万5640円まであり、先物筋の仕掛けも懸念されますが、今晩のFOMC、明日の日銀会合を考えると、ポジションを持ち越すことはかんがえ憎く、今日は買戻しの動きも強まりそう。昨日は、今回相場の下落前まで買われていた小型株が商いを伴って下げており、貸し株を使った売り崩しの動きが入った可能性もあります。ただ、東証マザーズ指数が1000ポイントの大台を割り込んだことで、潮目が変化する可能性も…。今日、明日の物色の流れには要注目…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ