大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



昨日の米国株は、欧州株高や2007年以来の水準に増加した中古住宅販売などを好感して上昇したものの、離脱支持が上回る調査結果が足を引っ張り、主力3指数とも3日ぶりに反落して終了
 おはようございます。
 英国民投票が今晩に迫ってきました。大半の投資家は、現金化や長期のポートフォリオを維持するなど、対策を終えているものと思われますが、投票日を前に、英国ではポンドをユーロやドルに交換する動きも強まっているといいます。明日の午後には結果が判明するようですが、今回も、結果を市場に反映するのが日本市場が最初になりそうです。まあ、結果は、「神ならぬ身では知る由もなし」ですから、待つしかありません。ただ、ここ数週間騒ぎに騒いできただけに、良いことも、悪いこともかなりの範囲で織り込んできているはず…。じたばたしないで、成り行きを見守るしかありませんね。 

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7780ドル83セント        -48ドル90セント(0.27%)
 NASDAQ総合指数      4833.32ポイント           -10.44ポイント(0.22%)
 S&P500             2085.45ポイント           -3.45ポイント(0.17%)
 CME日経平均先物      1万5930円              -60円
 10年物国債金利       1.6850%                -0.01%
 ニューヨーク原油       49.13ドル               -0.72ドル
 GOLD              1270.60ドル              -2.50ドル
 ドルインデックス        93.58                  -0.49
  

 昨日の米国株は、英国民投票への楽観的な見通しから欧州株が上昇した流れを受け継ぎ、買いが先行。この日発表された中古住宅販売件数が2007年2月来の水準に増加したことも支援材料となり、寄り後まもなくニューヨークダウはこの日の高値1万7920ドル(前日比91ドル高)をつける場面もありました。ただ、英国の最新の世論調査で、離脱派が残留派を上回ったという結果が伝わると、欧州株は急速に上げ幅を縮小。これを受け米国市場でも警戒的な売りが増加。この日行われた下院金融サービス委員会での議会証言で、イエレンFRB議長が「正当化されるなら、FRBは追加利上げを検討」と述べたことも嫌気され、ポジション調整の売りが増加。昼にかけマイナス圏に沈むとともに、引けにかけては模様眺め気分が強まり、この日の安値圏で推移。結局、主力3指数とも3日ぶりに反落して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1268、値下がり1775(NASDAQ市場は、1140-1647)。重要イベントを控えたヘッジ的な動きもあり、VIX指数は2.69ポイント上げ21.17ポイントに上昇。

 NYダウは反落。引き続き、英国国民投票に対し神経質な動きを続けています。主要3指数とも、25日、50日、75日の各移動平均線が現在の株価ゾーン付近に集まっており、方向感のない状態に…。また3指数とも、日足一目均衡表の「雲」上にあり強気のゾーンに変化はありません。NYダウの場合、25日線と75日線が上向きとなっており、好材料が出れば上に振れやすい状況になっています。明日昼頃には判明する英国のEU離脱の可否を問う国民投票結果がすべて…。主力投資家は、残留を前提にポジションを動かしておらず、離脱に結果が出た場合は、それなりのショック商状になるのかも…。

 米国株は反落。円は、ポンドをユーロやドルに移し替える動きが強まったこともあり、対ドルは104円80銭台、対ユーロは118円80銭台に、ともに軟化。CME日経平均先物は、大証先物終値を60円下回る1万5930円で帰ってきました。レンジは、1万5925円~1万6140円。出来高は、前日比4000枚減の4万528枚。本日の日本株は、今晩の英国民投票を控え模様眺め気分の強い展開になりそう。CMEの日経平均先物も狭いレンジの動きになっており、投機筋も方向感をつかみかねている様子。オプションやVI指数を使ったヘッジ的な動きも強まりそうですが、全般は模様眺めか…。ここは、中期か短期かの投資方針を明確にし、中途半端な動きをしないことが大事。結果を見て動いても遅くはなさそう。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ