大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週末の米国株は、欧州主要市場が英国のEU離脱ショックで暴落した流れを受け継ぎ、投資家の安全資産への資金シフトが強まり急反落したものの、混乱に伴う利上げ懸念の後退などから、下値は底堅い動きに…
 おはようございます。 半徹夜で海外市場の動きを見ていましたら、寝坊してしまいました。ある程度覚悟はしていたとはいえ、値動きの大きさに、精神的なダメージがあったんでしょうね。まあ、世界経済の大きな極の一つが崩壊の危機に立たされているわけですから、これくらいの値動きも当然です。今後の動きについては、これからよく考えて、明日のレポートには間に合わせたいとは思いますが、まあ、識者と言われる方の意見はこの際あまりあてにせず、自分なりの見方をしてみたいと思います。でも、リーマンショックの時のように、次から次に信用基盤を毀損するような事件が出てきた時とは、状況が異なり、影響は長期に及びそうな気がします。特に、緊縮財政を強権的に押し付けるドイツ流のEU運営の行き方は見直しを迫られることは必至。EUの持続にこだわるメルケルドイツ首相の立場も、EU内、ドイツ国内で微妙になってきそう。スケールが大きすぎて、手に余りそうですね。昨日の欧州市場では、離脱が決まった英国市場よりも、大陸主要市場の下落率が圧倒的に大きくなっていますが、この辺りにヒントがありそうです。

 24日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万7400ドル75セント       -610ドル32セント(3.39%)
 NASDAQ総合指数        4707.98ポイント          -202.06ポイント(4.12%)
 S&P500               2037.41ポイント          -75.91ポイント(3.59%)
 CME日経平均先物        1万5120円             +170円
 10年物国債金利         1.5790%               -0.16% (一時、1.418%)
 ニューヨーク原油         47.64ドル              -2.47ドル
 GOLD                1322.40ドル             +59.30ドル
 ドルインデックス          95.54                 +2.33  


 週末の米国株は、EU離脱を決めた英国民投票結果を受け欧州市場が暴落した流れを受け、急反落してスタート。ユーロに対しドルが急伸したことから、多国籍企業が売られたほか、金融市場の混乱を嫌気し金融関連も下落。指数を押し下げました。また、リスクオフの動きが強まり、資金は債券や金にシフト。水道事業株など一部ディフェンシブストックや産金株などを除き全面安の展開に…。G7加盟金融当局が協調して金融市場の安定に努めることを宣言したことで、下値は限定的になったものの、週末のポジション調整の動きも加わり、ニューヨーク市場の出来高は、前日比3倍近くに膨らんでおり、ろうばい的な売り物も出ていたようです。結局、主力3指数とも、大幅に反落して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり501、値下がり2628(NASDAQ市場は、471-2445)。VIX指数は、8.51ポイント上げ25.76に急伸。市場の先行き不安が一気に高まっています。

 NYダウは急反落。ダウ採用銘柄30社のすべてが下落。欧州金融不安を映しGCが7%、JPモルガンが6.95%下落するなど金融株の下落が目立ちました。また、ドル高を嫌気し下落した原油価格を受け、エネルギー株や多国籍企業も下落。採用銘柄中7銘柄が5%超え下落するという状態。NYダウなど主力3指数の週足MACDが売りシグナルを出すなど、一気にテクニカル面も悪化してきました。ただ、いずれも5月安値を切っておらず、かろうじて強気は維持されています。想定外の動きでショック状態に陥った格好ですが、米国市場にとっては、欧州市場の不安定な動きは、利上げ時期の後退にもつながり、状態が落ち着けば、好感されてきそうです。当面は、市場の落ち着き待ち…。

 米国株は反落。円は、日本市場で100円割れしました。海外市場では、市場介入思惑が強まったことから、円高になったものの、対ドルは、102円20銭台に、対ユーロは113円60銭と、一時の高値99.08円、109.47円から見ると、やや水準を切り下げていました。CME日経平均先物は、大証先物終値を170円上回る1万5120円で帰ってきました。レンジは、1万4790円~1万6630円。出来高は、前日比10万枚増の15万3406枚に急増。週明けの日本株は、政策対応待ちから見送り気分の強い展開になりそう。想定外のEU離脱決定を世界の主要市場の中で、立会時間中に最初に受け止めることになったため、相場の振れが大きくなった側面もあり、落ち着きどころを探る展開になりそうです。詳しくは、明日のレポートで考えてみたいと思います。
  ※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。                           
   
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ