大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



昨日の米国株は、英EU離脱危機の先送りを好感したアジア、欧州株高を好感したほか、原油価格の上げを受けたエネルギー株高にも支えられ、大幅続伸して終了
 おはようございます。
 EU首脳会合は、英国が正式に離脱表明をし、手続きを開始するまで、交渉に応じないこととしました。下駄は英国に預けられた格好ですが、危機の先送りの感じがしないでもありません。市場は、先送りを好感し、買い戻しの動きに入り、震源地の英国株は全値戻しを達成しています。ただ、英国では、スコットランド政府が独自にEUと残留交渉を行うなど、新政権が誕生する前に英国内の混乱が加速する懸念もあります。本来、新政権を担うはずの離脱派リーダーらは新たな青写真を示せないままの状態。政権交代を前倒しして、混乱を収束することが望まれますが、そのうち、離脱派のリーダーらが、新政権を担うことから逃げ出し始める可能性も出てくるかもしれません。まだ、危機の収束ではなく、小休止と思っておくほうがよさそうですね。ヘッジの動きもお忘れなく…。

 29日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7694ドル68セント      +284ドル96セント(1.64%)
 NASDAQ総合指数       4779.25ポイント         +87.38ポイント(1.86%)
 S&P500              2070.77ポイント         +34.68ポイント(1.76%)
 CME日経平均先物       1万5740円            +170円
 10年物国債金利        1.4770%              +0.02%
 ニューヨーク原油        49.88ドル             +2.03ドル
 GOLD               1326.90ドル            +9.00ドル
 ドルインデックス         95.68               -0.39
 

 昨日の米国株は、英国のEU離脱に伴う混乱が先送りされたことを好感しアジア、欧州株が上昇した流れを引き継ぎ、続伸スタートになりました。前日に続き、金融株に買い戻しの動きが強まったほか、大幅な在庫減少やドル安にともなう原油価格の上昇を好感し原油価格が上げたこともエネルギー株の買いにつながり指数を押し上げ、多国籍企業からハイテク株まで幅広く押し目を買う動きが強まり、終日上げ幅を拡大する展開に…。FRBが実施した経営の安全性を問う金融機関のストレステスト結果で、1社を除き健全性が確認されことも、金融株の上げを支援。JPモルガンやGS、AMEXなど指数寄与度の大きい銘柄が上げたことも指数の押し上げに寄与。一方、先行き懸念から買われていた、公益事業株が下落に転じるなど、投資家心理は前向きに変わり始めたようです。結局、主力3指数とも終日上げる展開となり、続伸して終了しました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2661、値下がり453(NASDAQ市場は、2277-603)。VIX指数は、2.11ポイント下げ16.64ポイントに低下。

 NYダウは続伸。英国のEU離脱ショックの下げ分の約3分の2戻しを達成しています。1万7500ドル付近のテクニカルな壁もあっさり突破。依然、買い戻しの勢いが強いことが分かります。日足一目均衡表の「雲」上辺まで戻してきたほか、25日、50日、75日の各移動平均線が密集するゾーンに近づいており、そろそろ、戻りが圧迫される動きになりそう。震源地の英国FTES100指数は危機前の全値戻しを達成しており、EU加盟国の戻りの鈍さが目立ちます。市場は、今回の騒動の影響は、EU側に残す傷が深いと読んでいるのでしょうか。まあ、買い戻しのエネルギーが持続し、テクニカルな抵抗帯を突破できるか…、今晩の米国株の動きは要注目。

 米国株は続伸。ECBの緩和期待が遠ざかりユーロが買い戻された流れを受け、対ドルは102円90銭台、対ユーロは114円50銭台に、それぞれ下落。CME日経平均先物は、世界的な反発気運を受け、大証先物終値を170円上回る1万5740円で帰ってきました。レンジは1万5360円~1万5800円。出来高は、前日比約7000枚減の5万2668枚。本日の日本株は、戻りめどを探る動きになりそう。リスクオフの動きが後退しているにも関わらず、円の下落が少ないことが投資家の積極的な買い姿勢を弱らせているようです。海外の物色動向を受け、今日も金融を中心にした主力株への買い戻しが続きそうですが、為替やGLOBEX市場の米国株先物の動きを見ながらの展開が続きそうで、個人を中心にした主力外しの動きが続きそうです。需要の裏付けがある人手不足関連、中小企業支援関連、チャートが崩れていない内需系成長株に引き続き注目したい。週足一目均衡表の雲を抜けてきた五洋建設、中小企業のマイナンバー関連作業の受託で業績拡大中のレポート銘柄に再注目。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ