大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



本日の日本株は、欧米株高を受け高寄りスタートも、海外ファンドの中間期末と月末が重なったことによる、ポジション調整から高安まちまちで終了
 先週末の英国EU離脱ショック時の投資主体別売買動向に関心が集まりましたが、現物に関しては海外投資家が1200億円を超える売り越しになり、これに、個人(+382億円)、投信(194億円)、信託銀行(+1225億円)と、国内勢が買い向かう格好になっていました。政府のPKOの要請があったのか、信託銀行(年金?)の買いが目立ちました。また、レポートでは、海外投資家の日経平均先物の売り越しが増えていることを警戒していましたが、先週は、約2500億円の買い越し。急落場面でしっかりと益出ししていました。注目されたのが、信託銀行が日経平均先物を390億円近く、TOPIXを600億円超え売り越していたこと…。PKOの要請に応じて買いを入れたものの、先行き懸念もあり、先物で売りつないだ…という格好。図らずも、今の日本株が、PKOで支えられているということを証明するような形になりました。昨日は裁定買い残が、2012年前半頃の膠着相場時代の水準まで減少しましたが、裁定買い残が減り続けていることは相場の先高観がないことでもあります。

 中国経済への懸念に加え、これから英国のEU離脱へ向けての交渉が始まることから、米国の利上げはますます遠のき、その分、円安期待も急速に減少。このところ、日本の物価の低迷で日米の実質金利差は縮小。円が上昇しやすい環境になっています。今の円高の背景には、リスクオフ以外の要素も絡んでいるようです。ドル円相場は、このところ102円台で膠着した動きになっていますが、購買力平価からみた円相場は100円~105円と言われ、現在は、この中間で居所を探っている状態。今後、個人消費の落ち込みなどから物価が一段安すれば、さらに実質金利が上昇することになり、円高懸念もまして来ることになります。

 英国のEU離脱ショックでは新興国通貨も売られましたが、離脱交渉が9月以降に先延ばしされたことで、再びリスクオンの状態に復帰。新興国通貨などが買い戻されていますが、円は、ポンドと同様にリスクオフ以前の水準には戻りません。やはり、円高、デフレ時代に逆戻りするのでは…との海外投資家の懸念が強くなっているようです。株価の先高観を出すためには、思い切った物価上昇へ向けての対策を打つ(想定を上回る財政出動)や実質金利の低下策(マイナス金利の拡大)など、政策対応が必要になっているように思われますが…。昨年、物価が上昇しているときに、マスコミや野党からたたかれて、手を緩めたのが間違いでしたね。英国の例を見るまでもなく、大衆迎合主義は不幸な結果を生みますね。まあ、先高観が出ない以上、流れは、低成長経済でもしっかり利益を稼いで行ける企業ということになります。政策対応から先高観がでるまでは、各論重視…。

 今日の日本株は、欧米株高を受け、買い先行で始まったものの、明日から7月下半期入りしてくるため、ポートフォリオの入れ替えなどから頭の重い展開が続きました。また、為替に大きな動きはなかったものの、GLOBEX夜間取引市場の米国株が、一時、下落に転じるなど、欧米市場の戻り一巡感を示すような動きが出たことも警戒感を強め、次第に上げ幅を縮小。海外投資家にとっては中間期末になることこもあり、引けにかけて売りが増加。日経平均はかろうじて4日続伸したものの、TOPIXは反落。高安まちまちの終わりになりました。騰落状況は、値上がり861、値下がり968と売りが優勢。VI指数は。0.23ポイント上げ29.67ポイントと高止まり。

 日経平均は9円09銭高(0.06%)の1万5575円90銭、TOPIXは1.87ポイント安(0.15%)の1245.82ポイント。出来高は、前日比2900万株増の21億2956万株、売買代金は、550億円増の2兆2611億円と、ともに微増。
 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)と警戒ゾーンに上昇。TOPIXは7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、37%→37%で横ばい。25日線かい離率は、-4.3%→-3.9%と、マイナスかい離が縮小。騰落レシオは94%→93%と横ばい。日経平均サイコロに警戒感が出る一方、他の指数は依然底値圏にあることや、戻り余地を残していることを示しています。今のところ、先週末の安値に対する2番底を確認する動きが出ておらず、いずれ、下値調べがあるものと思われます。このところ日経平均の日足パターンはダイヤモンド型を形成しつつあり、近々、どちらかに放れる動きが出てくるかもしれません。とにかく、しばらくは、欧米市場や米景気指標を受けた円相場の動き次第の展開になりそう。今のところ、欧州株は堅調、GLOBEX市場の米国株も40ドルを超える上昇で、日経平均先物も、大証終値を100円以上上回って推移。明日に期待をつなぐ動きになっています。

 今日も福井コンピューターが新値、レポート直近号でコンセンサスの引き上げを材料に注目したM3も新値を更新。他の銘柄も高値圏で堅調に推移しています。レポートでもこのコーナーでも注目しているソニーの動きの良さが際立ちますね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ