大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週末の米国株は、欧州株の続伸や原油価格の上げ、強い景気指標を好感し、4日続伸したものの、3連休控えのポジション調整から引けにかけては上げ幅を縮小して終了
 おはようございます。昨日は、夕方近くに、突然電気ポットがクラッシュ。家内から買い替えに行くようにとの厳命。物干し竿も折れたので買ってきてほしいとのことで、モノがものだけに歩いて量販店まで行きました。強い陽射しの中を片道30分近く歩きましたので、軽い日射病状態に…。頭は湯豆腐状態で、思考力はゼロ。知人から、レポート銘柄が上がっていると、連絡をもらったものの、受け答えもできない状態。以上、昨晩書き込みができなかった言い訳でした。

 1日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万7849ドル17セント     +19ドル38セント(0.11%)
 NASDAQ総合指数       4862.57ポイント        +19.90ポイント(0.41%)
 S&P500              2102.95ポイント        +4.09ポイント(0.19%)
 CME日経平均先物       1万5560円           -110円
 10年物国債金利        1.443%             -0.030%
 ニューヨーク原油        48.99ドル            +0.66ドル
 GOLD               1339.00ドル          +18.40ドル
 ドルインデックス         95.64              -0.33                 


 週末の米国株は、金融緩和期待を背景に欧州株が続伸した流れを受け、4日続伸して終了したものの、独立記念日休日を含め3連休になることから、全般は小動きに推移しました。この日は、欧州株に加え、ドル安を受け原油価格が上昇したことからエネルギー関連が上げたことや、消費j関連株などが買われたほか、寄り後に発表されたISM製造業景況指数(6月)が前月水準、予想をともに上回り、まもなく、ニューヨークダウはこの日の高値1万8002ドル(前日比73ドル高)をつける場面もありました。ただ、建設支出が2か月連続して減少したことや、3連休控えで持ち高調整を急ぐ動きもあり、次第に上げ幅を縮小。債券市場で10年債金利が、史上最低水準に近づくと銀行株が売られるなどし、昼頃には一時マイナス圏に沈む場面も…。引けにかけては、週明け相場に期待した買いも入り、プラス圏に浮上…。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1945、値下がり1106(NASDAQ市場は、1756-1061)と買いが勝りました。52週来高値更新銘柄数は、411と400の大台を超えてきました。

 NYダウは4日続伸。終日レンジは86ドルと狭い範囲の動き。これまで上値の壁になってきた1万8000ドル大台に押し戻された格好。ただ、先週末の英国のEU離脱ショックによる下落分は、今週の上げで埋める強さを見せています。英国のEU離脱が米国にもたらす影響が小さいとの見方が有力になったほか、ECBや日銀の金融緩和期待に加え、英国のEI離脱に備えFRBの年内利上げがむつかしくなったことも、市場は好感しています。債券市場では、30年債い金利が1950年以来、10年債金利は、史上最低の1.381%に近づいていますが、これも配当利回りからみた株式の見直しを促しているようです。ますます、バリュー株優位の展開に…。

 米国株は4日続伸。円は、米長期金利が過去最低水準に近づいていることから、対ドルは102円50銭台に、対ユーロも114円10銭台に、それぞれ上昇。CME日経平均先物は、円高を嫌気し、大証先物終値を110円下回る1万5560円で帰ってきました。レンジは、1万5525円~1万5740円。出来高は、役1万9000枚減の4万2145枚。
 昨日の日経平均は106円56銭高(0.68%)の1万5682円48銭と5日続伸。TOPIXは8.62ポイント高(0.69%)の1254.44ポイントと、反発。出来高は、3.9億株減の17億3592万株、売買代金は4650億円減の1兆7958億円と、ともに急減。騰落状況は、値上がり1380、値下がり454。指数が伸び悩む一方で、出遅れ株が買われるかさ上げ的な動きが強まっていました。

 日経平均サイコロは9勝3敗(75%)と警戒ゾーン内で変わらず。TOPIXは7勝5敗で横ばい。日経平均RSIは、37%→45%に拡大。25日線かい離率は、-3.9%→-2.9%にマイナスかい離が縮小。騰落レシオは93%→96%に拡大。全体的に強気のモメンタムが拡大方向にあります。週明け相場も堅調な動きが予想されますが、ここにきて気になるのが為替の動き…。FRB高官から、英国のEU離脱の影響や中国経済を懸念する発言が、続いているほか、米長期金利が急低下。物価下落基調が続く日本との実質金利差が縮小しており、円高になりやすい地合いが強まっているのも懸念材料。投機筋の円買いポジションも増加しています。当面、為替が不透明材料として浮上することから、主力株が動きにくい環境になるものの、世界的にリスクオンの動きに回帰しつつあることから、個別の材料株が買われる流れになりそう。

 連日年初来高値を更新中の福井コンピューターは、この日も、証券会社の株価目標引き上げを受け続伸、直近号で注目したM3も新値を更新。明日のレポートで取り上げようとしましたが、間に合いそうになかったので、中小企業のマイナンバー業務受託で業績増額修正期待…として、この欄で企業名を伏せ取り上げていたミロク情報サービスが高値を更新。直近号で重要な抵抗線付近まで下落してきたとした自動運転関連の銘柄も、今週は100円近い上げ幅になりました。まあ、想定通りの流れで行っていますが、ここにきて、薄商いの割安株にも安値拾いの買いが入り始めています。週明けは、海外株の状況を見ながら、個別株のかさ上げが続きそうです。指数に関しては、投機筋と裁定業者の取り組み次第…。あまり気にしすぎると、みすみすチャンスを失うことになってしまうかもしれません。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。                                           
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ