大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



昨日の米国株は、欧州株の下落を嫌気して下落スタートも、堅調な景気指標や利上げ懸念を払しょくするFOMC議事録内容を好感。買い戻しが優勢となり、主力3指数とも反発して終了
 おはようございます。 朝刊の週刊誌広告の見出しを見ていて、「またか…」という印象をもちました。党の方針に従わず、都知事選の出馬を決めた小池百合子議員に関する政治資金がらみの「?」付きのスキャンダル記事が出ていました。その隣には、個人の資質に関する記事…。都知事選を前に立候補を思いとどまらせようとするのか、それとも、選挙戦での足を引っ張ることを狙っているのか…。今のこの時期に出てくることに不可解なものを感じます。ネタの出所はどこなんでしょうかね。
 また同じ広告内に、三菱東京UFJ銀行の不適切融資のスキャンダル記事が出ていました。同社は、つい先日、国債の一定額を引き受ける国債特別資格を返上したことが話題になったばかり…。日銀が実施するマイナス金利への抵抗と思われますが、市場では長年金融市場をリードしてきた「護送船団方式」の終焉ともとらえられましたが、財務省を頂点とする金融行政側にとっては、メンツをつぶされる重大事。旧大蔵省時代も行政指導という不文律に従わなかった場合、許認可で多くの嫌がらせを受けたというのがありました。今回の記事の見出しを呼んでも、インサイダー的な話が書かれており、小池氏の場合と同様にニュースソースの出所を勘繰りたくなります。出入り禁止とはいかなくても、すでに、様々な嫌がらせを受けているんでしょうね。
 独自の取材で書かれたものならいいですが、何らかの意向を受けて書かれているとしたら…。素直にマスコミの記事を読めないややこしい時代になってきました…。

 6日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7918ドル62セント      +78ドル06セント(0.44%)
 NASDAQ総合指数      4859.16ポイント         +36.26ポイント(0.75%)
 S&P500             2099.73ポイント         +11.18ポイント(0.54%)
 CME日経平均先物      1万5370円            +90円
 10年物国債金利        1.371%             -0.06%
 ニューヨーク原油       47.43ドル             +0.83ドル
 GOLD              1367.10ドル           +8.4ドル
 ドルインデックス        96.07               -0.13 


 昨日の米国株は、域内銀行への経営不安から欧州主要市場が続落した流れを受け、売りが先行。続落してスタートしました。この日の午後にFOMC議事録の発表を控え、神経質な動きが続く中、貿易赤字が2か月連続で増加したことも嫌気され、寄り後も売りが継続。まもなく、ニューヨークダウはこの日の安値1万7713ドル(前日比127ドル安)をつける場面もありました。ただ、その後発表されたISM非製造業景況指数が、予想、前月水準を上回り、1日発表の同製造業指数とともに景気が好調に推移していることを示したことから、景気敏感株に買い戻しの動きが入り、銀行やハイテク株が上昇。さらに堅調な景気指標やドルの下落を好感し原油価格が上昇したこともエネルギー株の上げを刺激。次第に下落幅を縮め、昼までにプラス圏に浮上。

 午後にFOMC議事録が公表され、英国のEU離脱に関する不透明感や5月雇用統計結果の帰趨を見極めたいとの見方が優勢だったことが伝わると、利上げ懸念が遠のいた、とされ、引けにかけ上げ幅を拡大。結局、主力3指数とも反発して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1952、値下がり1091(NASDAQ市場は、1763-1078)と、ともに買いが優勢。VIX指数は、0.62ポイント下げ14.96に低下。英国国民投票当日の17.25ポイントを下回っており、ショックから抜け出したとみることもできます。

 NYダウは反発。英EU離脱ショックによる下落分を埋めた後、反落していましたが、早くも反発に転じた格好。日足MACDが買いに転じてるほか、昨日も書きましたように、日足一目均衡表の「雲」を抜け出しており、昨日は、雲上辺まで下落したあと反転。このゾーンには、25日、50日、75日の各移動平均線が密集しており、これも下値を支えた格好です。昨日の欧州株の下落は厳しいものですが、米国市場が、欧州市場と一線を引く動きをしたことは、日本株にとっても明るい材料。当面、このゾーンでのもみあいで、週末の6月雇用統計結果をまつことになりそう。

 米国株は反発。円は、ドルが軟調に推移したものの、米10年債金利が史上最低を更新したことを受け、対ドルは101円30銭台に、対ユーロは、112円40銭台にそれぞれ小幅に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を90円上回る1万5370円で帰ってきました。レンジは1万5090円~1万5465円。出来高は約8000枚増の6万9012枚。本日の日本株は、不安定な動きが続きそう。CMEの先物出来高が多く、オプションSQを意識した投機筋の介在が疑われます。レンジ下限が1万5000円付近まであり、GLOBEX市場の米各先物動向次第では、円買いを絡めた仕掛け的な動きも…。当面、レポートで注目したヘッジ銘柄とETFの動きに注目。それにしても、裁定買い残が、リーマンショック以来の水準まで減少していることは、今の日本株が先高観を喪失していることの裏返しの減少。早急に政策的な対応で、先高観を出す手が必要ですが、マスコミが予想するように改憲に必要な議席数が獲得できっれば、安倍首相の関心は、経済よりも改憲に向かう可能性も…。海外を含めた投資家は、このことを心配し始めている…?勝ちすぎはよくない? 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ