大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



昨日の米国株は、堅調な雇用関連指標を好感して上げたものの、原油価格の下落や雇用統計結果への警戒感から売りが増加。主力3指数は高安まちまちで終了
 おはようございます。 昨日は、作業部屋の室温は40度超えまで上昇。パソコンのファンはうなり声をあげ、反応速度も極端に落ちていました。なんだか、やばそうだったので早々に電源を落としてしまいました。扇風機だけでは無理みたい。そろそろエアコンを真剣に考える必要があるかも…。ちょっと大事な動きがあったのに、書き込みできずにご容赦!

 7日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万7895ドル88セント     -22ドル74セント(0.13%)
 NASDAQ総合指数      4876.81ポイント        +17.65ポイント(0.36%)
 S&P500             2097.90ポイント        -1.83ポイント(0.09%)
 CME日経平均先物      1万5290円           +30円
 10年物国債金利        1.3870%            +0.016%
 ニューヨーク原油       45.14ドル            -2.29ドル
 GOLD              1362.10ドル           -5.0ドル
 ドルインデックス        96.26               +0.16  


 昨日の米国株は、米FOMC議事録がハト派的な内容だったことを受け、欧州株が反発した流れを受け、買いが先行。反発してスタートしました。この日朝方に発表された新規失業保険申請件数が、予想を下回ったことに加え、(雇用統計の先行指標とされる)ADP全米雇用報告で、民間部門の雇用者数が予想を大幅に上回ったことも、今晩発表される雇用統計への安心感につながり、買いが増加。ニューヨークダウは寄り後まもなく、この日の高値1万7984ドル(前日比66ドル高)をつける場面も…。ただ、1万8000ドル大台が近づいたことによる警戒感や雇用統計発表を控えてのポジション調整から、最近買われてきた公益事業株や電気通信サービス株に益出しの売りが出されたこともあり、次第に上げ幅を縮小する展開に…。その後、原油在庫の減少が予想に届かなかったことへの失望やポジション調整から原油価格が急落すると、エネルギー株が下落に転じ、下落幅を拡大。引け近くには、この日の安値1万7816ドル(同102ドル安)をつけています。引けにかけては、金融株への買い戻しの動きもあり下げ幅を縮小。エネルギー株下げの影響が小さかったNASDAQ総合指数が続伸したことから、主力3指数は高安まちまちで終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1648、値下がり1396(NASDAQ市場は、1603-1198)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは小反落。先月大きな波乱要因となった雇用統計の発表を前に、ポジション調整する動きが強まったようです。原油価格の下落が足を引っ張った格好ですが、昨日も指摘したように日足一目均衡表の「雲」上辺、25日、50日、75日の各移動平均が密集するゾーンが下値を支え底堅い動きで終わっています。NASDAQ総合指数は、密集する移動平均のゾーンが上値抵抗になっていましたが、この日は、このゾーンを突破。上値志向を強めそう。原油価格は当面弱含む可能性があり、短期的にバリュー株からグロース株に流れがシフトする可能性も…。雇用統計結果を受けた、物色の流れに注目。

 米株は、高安まちまち。円は、欧州委が赤字財政縮小努力を怠ったとして、スペイン、ポルトガルへの罰金適用を勧告したことから、リスクオフの動きが強まり、対ドルは100円70銭台、対ユーロは111円50銭台に、ともに上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を30円上回る1万5290円で帰ってきました。レンジは、1万5210円~1万5400円と、最近にないような小幅なレンジの動き。出来高は、前日比3万枚減の3万8755枚に急減。オプションSQを前に指数を押し下げてきたものの、目標まで来たので手を抜いたような恰好?ただ、前日のレンジ下限は1万5090円まであり、清算値確定後の先物筋の動きが懸念されます。本日の、日本株は、底堅い動きになりそう。今晩、米雇用統計の発表を控え、手控え気分が強まりそうですが、SQを控えた昨日の相場から、すでにSQや雇用統計結果を警戒したポジション調整が始まっており、米国と同様、物色の変化が起きるかどうかが注目されます。ソニーの強さが目立ちますね。海外投資家のTOPIX先物への執拗な売りが続いているのが気になります。今日は、日銀、財務省、金融庁の三者会合が開かれるようですが、何か出てくるんでしょうか。海外投機筋は完全になめきっているようですが…。週末ですし、無理せず様子見。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ