大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週明けの日本株は、雇用統計結果の改善を受けた米株高や、円の下落を好感した、買い戻しなどから急反発。先週の下落分を一日で回復
 参院選の与党勝利のご祝儀相場ではないでしょうが、今日の日本株は、大幅高し、先週一週間の下落分(576円安)をわずか1日で埋めてきました。もともと、与党有利、憲法改正発議に必要な3分の2を確保するのでは…という事前予想がありましたので、参院選勝利が今日の上げの要因とするには無理がありそうです。先週末は、世界の投資家が注目する6月の雇用統計発表がありました。事前予想は、ベライゾンのスト解決などで大幅に増加するものとみられていましたが、万一、5月分と同様に低調な数字が出てくると、一気に景気の変調懸念が高まり、市場が波乱するとの見方も強く、ヘッジ的に円買いを増やし、これが株先物売りを通し、先週後半の日本株を押し下げていた、ということもできます。先週末、金曜日の空売り比率は44%と、異常な数値に上昇しており、雇用統計を気にしていたことが分かります。

 今日は、雇用統計で非農業部門就業者数が、予想を大きく上回り、米国株が急伸。CME日経平均先物も大証先物を大幅に上回って帰ってきていましたので、先週末の「円買い・株先物売り」のポジションを解消する反対売買が行われほか、これに伴う円の下落を好感。輸出株が買われたほか、参院選勝利を踏まえ、安倍首相が大型の景気対策の策定を指示したことも、財投関連株買いを刺激。先週、好材料を持っているにも関わらず売られていた銘柄も多かったことから、幅広く買い戻しの動きが広がり、全面高の展開に…。GLOBEX夜間取引市場の米国株先物も高く推移したことや、元FRB議長のバーナンキ氏が日銀の黒田総裁とあったことも、何らかの円高是正策につながるのでは…との憶測を呼び、引けにかかけ弱気ポジション(円買い・株先物売り)の解消に拍車がかかり、指数は上げ幅を拡大。引け近くに日経平均は、この日の高値1万5816円(前週末比710円高)をつける場面も…。ただ、当面の目標である25日線(1万5814円)を達成した後は、益出しの動きも強まり、やや上げ幅を縮めています。

 結局、日経平均は601円84銭高(3.98%)の1万5708円82銭、TOPIXは45.91ポイント高(3.79%)の1255.79ポイントと、ともに急反発。出来高は、前週末比1.5億株増の19億9668万株、売買代金は、同700億円増の2兆1291億円。騰落状況は、値上がり1897、値下がり51。VI指数は1.19ポイント下げ29.50ポイントに低下。
 今日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗、TOPIXは5勝7敗で、ともに変わらず。日経平均RSIは、36%→43%に上昇。25日線かい離率は、マイナス0.7%。一時、25日線とのかい離修正を達成する場面も…。騰落レシオは、82%→91%に拡大。反転のきっかけになることを期待。

 当面の株価の動向については、為替の動きと米国株次第…としてきました。直近レポートでも、為替の長期足を示し、大きな分岐点に来ているとしましたが、とりあえず円買いポジションを手じまう動きになったようです。ドル・円相場の投機筋の円買い越しポジションが過去最高水準に接近しつつあることは書きましたが、同時に、円買い越し残がピークをつけた4月中旬の円買いと売りの倍率は3.12倍でしたが、先週5日現在では3.7倍に拡大。円に対する強気のポジションが増えていることから、流れが変わりやすくなっているとも書きました(直近レポート)。今の投機筋にとっては、一番怖いのは日本政府筋が介入に動くこと…。もし、バーナンキ氏が何らかのメッセージを携えてきていたとしたら…。時間がたつにつれ、円売りが増えていったのもこんな思惑が関係していたのではないでしょうか。また、同時に円上昇の背景になった日本国債の買いですが、レポートでかいたように、本日は、下落しているようです。シカゴIMM通貨先物市場の円買いは5日現在8万7000枚…。今日の勢いに負けて、ドル買いへと手じまいしてくれれば、その分、株価上昇の息も長くなるのですが…。先週末、欧州委員会が、財務改善努力を怠ったとして、スペインとポルトガルに罰金を科すように勧告しましたが、今晩のユーロ圏財務相会合、明日のEU財務省会合で図られますが、穏便な内容になれば、為替にも好影響をもたらしそう。

 個別は、全面高で解説の必要もないでしょうが、今日は、浦島太郎や桃太郎などおとぎ話を使ったKDDIの携帯CMや、犬にライオンのたてがみをかぶせて、子供とのコミュニケーションを図るほのぼのとしたアマゾンの広告などを手掛け、継続追跡しているAoi Pro.が、CM制作のTYOと共同持ち株会社を作り経営統合する話が飛び出してきました。このところ、おかしな動きがありましたので、直近レポートで取り上げるかどうか迷い、結局、取り上げなかったことが悔やまれます。まあ、今回見送った中にも、中小企業支援関連の銘柄(2つ、このうち一つは、航空宇宙産業にも関係)に動きがよくなってきたのがあります。まあ、今晩の米国株が昨年11月高値をぬき、史上最高値更新の足場固めができるかどうかが焦点に…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ