大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、CME日経平均先物安や任天堂の急落を嫌気して、7日ぶりに反落したものの、追加金融緩和期待を受けた先物買いから下落幅は縮小。
 海外投資家の寄り付き前の注文同行は、8日連続の買い越しでした。昨晩も書きましたように、先高観の出てきた日本株に対し、海外のまともな投資家が実需買いを入れてくるかどうかがカギになる…としましたが、主力株の動きや出来高を見る限りは、まだ、手当には動いていないようですね。有力ファンドマネージャーは、家族サービスを兼ねて、避暑地でのバカンスに入っているようです。結局、為替と先物を組み合わせた海外投機筋の動きが、引き続き主導権を握ったままの格好ということでしょうか。今日の出来高は20億株を割り込んできており、海外中長期投資家の「実需買い」は先送りさせそうな感じになってきました。まあ、こちらにとっては、主力株に資金が吸い取られないで、結構なことなんですが…。

 今日の日本株は、昨日のCME日経平均先物価格が下落して帰ってきていたことから、朝方はCME終値にさや寄せする先物売りが先行。裁定解消売りもあり、日経平均は、前日比73円安の1万6646円と反落してスタート。「ポケモンGO」の日本配信が延期されたことを受け、任天堂株が崩れると全般に売りもの勝ちとなり、前場半ばにはこの日の安値1万6554円(同160円安)をつける場面も…。ただ、任天堂と並ぶ物色の柱だったLINEが切り返すと、前日まで売られていた建設や食品など内需系銘柄に循環買いの資金が回り、次第に下落幅を縮小。後場にはいると、先物買いが入りだすとともに、円が下落。裁定買いも入りすとともに、円安を好感して外需株も下げ幅を縮小。指数は引けにかけ下げ幅を縮小するという、しっかりした展開になりました。結局、日経平均、TOPIXとも7立会日ぶりに反落して終了。

 日経平均は、41円42銭安(0.25%)の1万6681円89銭、TOPIXは0.64ポイント安(0.05%)の1330.75ポイントと、小幅反落。出来高は、前日比約1.5億株減の18億6441万株と、20億株の大台割れ。売買代金は、2758億円減の2兆7199億円。騰落状況は、値上がり972、値下がり820と、買いが優勢でした。 今日の終値での、日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗(58%)に低下。日経平均騰落レシオは、75%→72%に低下。25日線かい離率は、+5.6%→5.2%と、ややかい離が縮小。騰落レシオは、116%→124%に拡大。警戒ゾーンの120%を上回ってきました。
 
 日経平均は日足一目均衡表の「雲」を抜け出し、雲上辺を下値として意識して切り返しています。非常に強い動きですが、ストキャスティックスやRCIなど目先のテクニカル指標は、買われすぎを暗示しており、反落警戒が付きまといます。ただ、明日の夜はECB理事会、今週末からG20財務相・中銀総裁会合、週明けの米FOMC、来週末の日銀金融政策決定会合…と、金融関連の重要イベントが続きます。特に、来週末の日銀会合には追加緩和の思惑が強く、イベントドリブン型ヘッジファンドの買い姿勢が高まっているとみられ、当面、テクニカル指標の過熱感を抱えたまま、上げが続く可能性も…。日経平均の週足MACDが今週に入り「買いシグナル」を出しているのも注目されます。当分は、意外な動きが続く可能性も…。

 任天堂の上げが一服したことで、短期資金は、もとの好業績テーマ株に回帰してきたようです。今日は、注目株の五洋建設、リクルート、ディップが新高値をとりました。ディップには、しつこい売りが何回かありましたが、今日の動きや出来高を見れば、どうやら、踏んできたようです。求人業界では、紙媒体に頼るところの業績が悪化する一方で、ネットによる募集には多くの応募がある…と分化をはじめています。特に、同社の場合、AKB48など若者に知名度のあるタレントを起用した広告で若者にアピール。ヒット率を高め、企業の求人に貢献しています。また、企業の人材が払底しているAI関連人材発掘のために、新たなサイトを立ち上げるなど、時勢をとらえた事業展開が特徴。これから成長が加速してくはずなのに、なぜ売り仕掛けするのか理解ができません。まあ、大きな成果を上げたアウトソーシングや日本M&Aセンター型の相場になってくれれば…と期待していますが。

 そのほかの中小企業支援関連や人出不足関連も堅調に推移。ディップと同様の事業展開で、10日号で注目した銘柄も、今日は商いを伴ってあげてきました。日経が余計な記事を書いたおかげで、素直な展開が邪魔された豆蔵ホールディングスも、今日は引け新値。まあ、しばらくは現行ポジションを維持して、伸びを見ておけばいいのでは…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内をみるか、メールフォームにて、直接、お問い合せください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ