大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



週明けの日本株は、弱気すぎる決算見通しを受けた外需株見直しの動きから反発したものの、ポケモン関連株の総崩れが嫌気されたことや、高値警戒感から売られ、小幅に続落して終了。
 7月最終週に入りました。今週は、何かと忙しい週になりそうです。明日の夜から米FOMCが始まります。政策据え置きだとおもわれますが、FRBウォッチャーとして著名なウォールストリートジャーナルの記者が、「年内の利上げは、あってもせいぜい1回…」という市場の見方に対し警告的な記事を書いていたようです。8月にはFOMCの開催はありませんので、次回は9月20日、21日ですが、同記者が指摘するようだとすれば、FOMC声明文で何らかの地ならし的な記述が出る可能性もあり、「どうせ、据え置き…」となめてかかるのはやめたほうが良いかもしれません。また、28日、29日は日銀金融政策決定会合があります。今回の会合に関しては見方が分かれているようですが、大手証券では、マイナス金利幅の拡大、ETFの買い取り額拡大などの緩和策が打ち出される、と見るところもあります。

 まあ、「ヘリコプター・ベン」の異名を持つバーナンキ前FRB議長が、先々週11日に黒田日銀総裁と懇談、翌12日には安倍首相とも会見。いずれも単なる表敬訪問とは言えない時間面談しており、一気に「ヘリコプター・マネー」への期待が高まっています。前提になっている日銀の国債引き受けのためには法改正が必要なので、国内投資家は冷静に受け止めましたが、イベントドリブン型ヘッジファンドなど海外投機筋は、ヘリコプターマネーへの期待感を目いっぱい膨らませ、「株先物買い・円売り」を実施。投資主体別売買動向(11日~15日)をみると、現物、先物を合わせ1兆円超え買っています。先週も買っているはずですから、結果が肩透かしになったら…。つい、いやな妄想が膨らんでしまいます。

 また、今週から決算発表が本格化し、今週だけで880社超えの企業が第1四半期の実績を発表します。第一四半期は、円高や世界的な景気減速などいろんなことがありましたので、アナリストは目いっぱい弱気の予想をたたており、先週の安川電機や今日の東京製鉄のように、大幅減益にも関わらずコンセンサスを上回ったことで買われるケースもあります。でも、四半期は増益でも、通期見通しを据え起いてたたき売られるケースもあるなど、ヘッジファンドなど短期筋のさじ加減一つという側面もあり、決算見通しを当てにして動かないほうが良いかもしれません。この時期、売られるものは徹底して売られますからね…。

 週明けの日本株は、前段で書いたような懸念や期待感が交錯して始まりましたが、円が106円台で安定した動きだったことを好感。先物買いが先行し、反発してスタートしました。また、前週までの決算発表でコンセンサスが弱気すぎるとの見方が強まり、外需株に見直し買いが入ったことも指数の上げに寄与。日経平均は、前場半ばに、この日の高値1万6778円(前週末比151円高)をつけていました。ただ、週末の下げで開けていた窓を閉めると目標達成感から手控え気分が強まり、後場に入り欧州市場が開く時間帯に入ると、先物売りが持ち込まれ、次第に上げ幅を縮小。結局、日経平均、TOPIXとも小幅に続落して終わりました。先週まで市場をリードしてきたポケモン関連株が総崩れになったことも影響したようです。

 日経平均は、6円96銭安(0.04%)の1万6620円29銭、TOPIXは2.15ポイント安(0.16%)の1325.36ポイントでそれぞれ終わりました。出来高は、前週末比9436万株増の16億8540万株、売買代金は3975億円減の2兆0314億円に、ともに減少。騰落状況は、値上がり1166、値下がり697と買いが優勢。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは、67%→66%と弱含み横ばい。25日線かい離率は、+4.4%→+4.1%。騰落レシオは131%→129%と低下したものの、買われすぎの120%は上回ったまま…。日経平均は、日足一目均衡表の雲上辺を固めるような動きになっており、当面、日銀会合の結果待ちで方向感のない展開になるか…。

 今日は、決算の増額修正期待から注目してきたコクヨが2時過ぎに6月中間決算を発表。通期見通しを増額修正したことで買われ、新高値に出てきました。中間期の経常利益進捗率は80%弱と会社計画を上回っています。ただ、同社の場合、利益の大半が中間期までに達成される特徴があり、あとは、+アルファーがどの程度出てくるか…。短信の内容を精査してみますが、さらに上がるようならいったん益出しも…。また、今日は、ネット求人のディップも新値を更新。順調にエスカレーター相場のステップを歩み、水準が切り上がっています。まあ、決算発表は、投機筋がコンピューターの中に、どんな見通しをインプットしてるかで、発表された時点で自動的に売買されてくるようで、明日のことが分からない私としては対処のしようももありません。法外な売られ方をしたものでも待っていれば価値相当のところまで戻ってくるもの…。ノイズと見て無視しておけばいいでしょう。今でも忘れませんが、スバルが600円台の時に、利益見通しが届いていないとして株価目標を引き下げた外資系証券がありましたが、ブログでは、そんな馬鹿な…として安いところは買い、としました。アナリストもかわいそうなもので、1年先、2年先に素晴らしい会社に変身するとしたレポートを持って行っても、投資家からは、一か月先、2か月先の見通しがほしいといって、突き返されるといいます。そんな、目先の予想が、この第一四半期決算予想に表れているんでしょうね。気の毒といえば、気の毒です…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ