大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



本日の日本株は、景気対策への懸念やイベント前のポジション調整から、円高、株安が進行。ポケモン人気が復活したもののカバーできず、3日続落して終了。uoqmj7
 日銀のヘリコプターマネーや政府の20兆円規模の景気対策と、大盤振る舞いを期待して始まった今回の上げ相場でしたが、今日、日経が報じた経済対策の骨格に関する記事で、但し書きがあり、「二次補正予算は1.3兆円程度の公共事業を中心とした2兆円程度の規模にとどまる見通し…」としたことから、大規模な景気対策を期待していた投資家は肩透かしを食わされ、朝方から失望売りが増加。朝も書いたように、売り仕掛けのタイミングを狙っていた海外投資家が「株先物売り・円買い」の取引をしたことから、株安、円高が進行。円高を嫌気した外需株の売りや月内換金売りもあり、終日下げる展開に…。もう少し粘ってくれればよかったのですが、日米の金融イベントを控えていては、大手投資家も見送らざるを得ず、日経平均、TOPIXとも、三本新値はあっさり陰転。短期的な弱気相場に入ってしまいました。市場の反応を見る観測記事だとは思いますが、意外にシビアに反応した、という感じです。市場が厳しい反応をしたことから、何らかの見直しがなされるものと思いますが、市場の期待感は予想以上に膨らんでしまっており、市場を納得させる政策を打ち出すには、大変な努力が必要になりそうです。

 今日は、任天堂が反発し、ポケモン関連が息を吹き返しましたが、果たして高値を取り戻すだけのエネルギーは残っているのか…デッドキャット・バウンスイングにならなければいいと他人事ながら心配になってきます。短期間に大きな空売りが入っており、取り組み妙味から仕手化するものも出てくるかもしれませんが…。昨晩、近くのスーパーまでアルコールを仕入れに行きましたが、途中、モンスター探しをやっている親子連れを何組か見ました。駐車場でもタブレット画面を見ながら歩き回っている人を見かけましたが、予想以上に「ポケモンGO」をダウンロードしている人が多いようです。このブームを見ながら、背筋を凍らせているスマホへのアプリの供給会社や、SNSへの広告掲載企業が多いのではないでしょうか。ポケモンGOへのユーザーの滞留時間や起動回数は圧倒的に多いようです。スマホが使用される可処分時間は限られているわけですから、こんなブームが半年も続けば、経営面で支障をきたしてくるところも出てくるかもしれません。まあ、熱しやすく冷めやすいのもゲーム愛好者ですから、心配したものではないかもしれませんが…。

 まあ、明日からの8月相場に期待したいところですが、あとは、日銀の市場との対話能力次第…。為替次第でどうにでもなる日本株に対して、売り崩してやろうという投機筋は多く、市場を無視したようなことをすると、手痛い目にあうことだけは想定しておく必要がありそうです。今日の日本株は、デフレ脱却へ向けての政府や日銀の姿勢に疑問符を付けた海外投機筋の売りやイベント前にポジションを閉じておこうという動きが強まり、結局、日経平均は237円25銭安(1.43%)の1万6383円04銭、TOPIXは18.42ポイント安(1.39%)の1306.94ポイントと、ともに3日続落。出来高は、前日比2.25億株増の19億1084万株、売買代金は、任天堂復活のおかげで、同2964億円増の2兆3278億円。ともに商いは低迷したままの状態。騰落状況は、値上がり405、値下がり1154と、売りが優勢。

 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗(58%)で変わらず。日経平均RSIは、66%→62%、25日線かい離率は、+4.1%→+2.6%にかい離が縮小。騰落レシオは129%→115%に低下。モメンタムは下向きの動きですが、ストキャスティックスなど短期テクニカル指標も低下基調にあるものの、まだ調整過程を暗示。やはり、日銀イベントを見ないと動けないようです。期待感からポジションを膨らませた投機筋。失望感や出尽くし感、政策の不足感から下落を予想する筋の売り仕掛けが交錯してきており、どんな結果が出ても瞬間大きく上下に振れることになりそう。ただ、レポートでも触れていますように、昨年の中国人民元切り下げショックから、下落して1年を経過。調整日柄は十分になってきており、大きな変化の中から新しい流れが出る可能性も…。まあ、怖がらずにじっくり流れの変化を確かめるところでしょう。

 レポート銘柄は、中小企業支援関連が今日は堅調でした。いずれもこれから決算発表を控えていますが、中小企業は、業務の合理化だけではなく、販路開拓面でもAIの導入を求められており、支援ノウハウを持った企業への需要は膨大。業績変化率もその分大きくなってきます。来年度の業績に関しても強気のところが多く、息の長い上げが期待できそうです。クラウドサービスやITシステム構築の支援企業などに注目したい。まあ、指数は大きな波乱がなければ「良し」」として、あとはこれまで追跡してきた銘柄が第1四半期にどんな数字を出してくるかを確認することに注力すればいいのではないでしょうか。引き続き、ポジションを維持して決算の結果待ち…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ