大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



本日の日本株は、日銀緩和期待、27兆円規模の景気対策、円安、アップル好決算などの支援材料を受け、4日ぶりに反発して終了
 官製相場なのか、投機筋がいろんな話を流しているのか…市場がいちいち反応しますので、船酔いしそうな相場が続いています。今日は、朝から日経が「日銀内で追加緩和論が出ている」と報道。昨日の報道で次回景気対策の真水部分が2兆円しかなく、市場の期待を下回ることになる…と書き、投資家や海外投機筋に絶好の売り材料を提供したことへのお詫びの意味もあったのでしょうか。午前中はこの記事で、円安が進み外需株が買われていました。また、アップルが米国市場の引け後に決算を発表。アイホン販売が予想を上回り夜間取引市場で7%近く上昇していたことも好感され、関連株が人気化。外需株に追い風が吹いていました。

 昼休み中には、今度は政府の景気対策が27兆円規模になるとの話が流れ、後場から一気に急伸。安倍首相が福岡市の講演で28兆円規模になると表明。ゼネコンなど内需株にも買いが回りました。当然、財源をどうねん出するか…という問題が出てきます。これに対しては、どこからか、50年国債発行の話が流れてきていましたが、財務省が否定するとともに、相場全般も上げ幅を縮めることになりました。どこから流れてきた話か分かりませんが、海外投機筋を中心に、依然、ヘリコプターマネーへの思惑が生きているようです。日銀会合での結果発表で、どちらに転んでも乱高下が予想されることから、何とか株価を安定させたいという当局の意思が見えますね。日経平均の3本新値は昨日陰転しましたが、今日の高値は1万6821円(前日比438円高)まであり、一時は、陽転値の1万6810円を上回る場面もありました。ドタバタしているようですが、ここで陽転しきれないところに、今の相場がもう一つ…という不満感を残すんですね。

 このところ、昨年8月の中国人民元切り下げショックから始まった調整は、一年を経過。調整日柄も足りてきたことから、新しい出直り相場が始まるかも…としましたが、その際、懸念されるのは物色の対象が変化すること…。今回の決算発表が終わってから新しい流れを検証してみようかと考えていましたが、前倒しで来る可能性もあるかもしれません。今日は、実質8月相場入りということでもあり、新しい投資家が動いていることも予想されます。買われている銘柄の内容を吟味しておいたほうが良さそうですね。朝も書いたように、大幅な増益になったエムスリーが、コンセンサスを下回ったことでたたき売られていますが、同社株は、昨年8月以降の調整局面で逆行高してきた銘柄…。ここは物色の変化を想定しながら動いたほうがいいのかも…。

 本日の日経平均は、281円78銭高(1.72%)の1万6664円82銭、TOPIXは14.73ポイント高(1.13%)の1321.67ポイントと、ともに4日ぶりに反発して終了。日経平均は157円の上髭を残しました。かなり、戻り待ちの売りが多いようです。出来高は、前日比3.28億株増の22億3908万株、売買代金は2153億円増の2兆5431億円と、ともに増加。騰落状況は、値上がり1403、値下がり457と。買いが優勢。VI指数は0.06ポイント上げ29.72ポイントに小幅に上げ。米国のVIX指数の13ポイント台に比べると倍以上の水準。まだ、日銀会合後の動きへの懸念が強いようです。
 今日の終値での、日経平均、TOPIXサイコロは、ともに8勝4敗に上昇。日経平均RSIは、62%→72%に上昇。警戒ゾーンの80%超えに接近。25日線かい離率は、+2.6%→+4.1%に拡大。反落懸念がある水準に…。騰落レシオは115%→115%と横ばい。また、RCIやストキャスティックスなど目先指標は、下降傾向にあり、高値調整的な動きが続くことを暗示しています。直近、レポートでは、現在の株価水準は、価格帯別出来高で増加した2つの部分に挟まれており、当面、このゾーンで横ばい。しばらくは、日足一目均衡表の雲上辺を固める動き…としましたが、昨日、雲内にもぐりこんだものの、再び、雲を抜け出すという、ややこしい動き…。当面はこのゾーンでもみ合いながら、需給の改善を待つことになりそう。やはり、日銀の市場との対話力がカギをにぎることになるんでしょうね…。

 まあ、今日はこれまでアナリストが弱気の見通しを出してきたところほど上がる、という展開で、梯子を外されたような投資家も多かったんではないでしょうか。レポートでもソニーが伸びたほか、長期足や減益予想ながら上方修正が続いていたことを踏まえ、6月26日号で810円割れ買い、としていたタダノが1000円大台を回復。逆張りの買いが成果を上げています。ちょっと毛色の変わったところの動きがよくなっています。まあ、為替次第で流れが変わってしまいますので、まだ、流れが変化するとは言い切れませんが、米国と同様にバリュー株的なものにも注目しておいたほうが良いのかもしれません。全般に関しては、何らかの強気シグナルが出るのを待ちたいところ…。、
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方はレポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ