大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週初めの日本株は、円高を嫌気し反落スタートするも、明日の景気対策への期待感や先物買い戻しなどから下げ幅を縮小。高安まちまちで終了
 先週末は、日銀金融政策決定会合の結果をめぐり、日銀プレーをやっていた投機筋と、彼らのポジション解消から下落することにかけ売りポジションを組んでいた短期筋の売買が交錯。指数は乱高下しましたが、日銀のマイナス金利の拡大を思惑して金融株を売っていた短期筋が、マイナス金利がスルーされたことで、広範に買い戻しをいれたことで、金融株が全面高。これに引っ張られて、日本株は小幅に反発して終わりました。しかし、運の悪いことに、その日の夜発表された米国の第2四半期GDP成長率が予想の半分以下の+1.2%にとどまったことから、為替市場でドル売りが進行。これに日銀追加緩和への不満も加わって円を買う動きが強まり、対ドル相場は一気に101円台に上昇。米株自体はGDP統計にそれほどネガティブな反応はしていない(NYダウは24ドル安、NASDAQ総合指数、S&P500はプラス)にも関わらず、円高を材料に日経平均先物を売り込む動きが強まり、大証先物終値を290円下回る1万6320円で帰ってきていました。

 今日の日本株は、予想を下回った米GDPと円高を改めて織り込む動きとなり、売り先行でスタート。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物売りから、日経平均は、前週末比154円安の1万6415円と反落してスタート。寄り後まもなく、先物安に引っ張られる格好で、この日の安値1万6319円(前週末比250円安)をつける場面も…。ただ、前週末に続き金融株に買い戻しの動きが続いたほか、明日予定されている大型の景気対策を懸念し、先物筋の買い戻しが続いたこともあり、前引けにかけ下落幅を縮小。わずかにプラス圏に浮上していました。後場に入っても予想を上回る景気指標や、明日の景気対策を意識した先物への買い戻しが増加。裁定買いが入ったこともあり、引けにかけ堅調に推移。日経平均は、小幅に続伸したものの、中小型株のさえない動きを受け、TOPIXは小反落。

 日経平均は、66円50銭高(0.40%)の1万6635円77銭、TOPIXは0.91ポイント安(0.07%)の1321.83ポイントで終了。出来高は、前週末比7.8億株減の24億0409万株、売買代金は、8100億円減の2兆4867億円と、ともに減少。みずほ、三菱UFJ,野村の3社で5億株の商いをこなしてましたが、出来高ベスト6が金融株という状態でした。騰落状況は、値上がり508、値下がり1,384と売りが優勢でした。この日は先物売買が先行し、裁定買いが増加。ユニクロやソフトバンク、KDDI、ファナックなどの指数寄与度の高い銘柄が上昇。ユニクロとソフトバンクの2社で日経平均を75円押し上げていました。
 今日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗と変わらず。TOPIXは6勝6敗に低下。日経平均RSIは76%→70%に低下。日経平均25日線かい離率は、+3.4%で変わらず。騰落レシオは117%→122%に上昇。指数は強含んでいるものの、モメンタムは低下気味…。日経平均については、依然、日足一目均衡表の「雲」上辺での動きを維持しています。

 まあ、指数だけは意外としっかりした動きになっています。ただ、先週末のCMEの動きを見ると、依然、円高を想定して売り仕掛けしている投機筋の動きがあるようですから、安心はできません。レポートでも触れたように、このところドルインデックスの下げが目立ってきており、本格的な大統領選突入とともに、両候補が唱えるドル安による輸出競争力の強化に動きだす可能性もあり、先鋒部隊になる投機筋の動きが懸念されるところ。日本株が米国に後れ、ミニサマーラリーに入る可能性もありますが、当面は為替を含め今週前半の動きがポイントに…。

 レポートでは、指数に大きな振れがなければ、業績感応を強めた流れになるとして、第一四半期の業績進捗率が高値に出そうなものやコンセンサスを上回りそうなものを継続して注目してきましたが、これまでコクヨやディップが想定通りの動きから高値を更新。SMSも戻り高値に接近中。また、先週末発表の、ミロク情報サービスは、本日、値上がり率第2位に、ぐるなび、日本M&Aセンター、SONYも、コンセンサスを上回る業績で上昇。SONYとミロク情報サービスは年初来高値を更新してきました。まあ、全部が全部うまくいったわけではありませんが、とりあえず、待ち伏せ作戦は成功でした。昨日発信の直近号でもコンセンサスを上回る可能性がありそうなものを注目してみましたが、果たして、想定通りになるかどうか…。まだ、第1四半期ですから、通期見通しなどの変更はありませんが、これまでのところ、新分野の開拓などでマーケットシェアを拡大しているところは、それなりに結果が出て、コンセンサスを上回っているようですね。とりあえず、想定通りになり急伸した場合、前回高値に接近するようなケースでは、いったん現金化しておくのも手かと思われます。事業の変化を追っていますので、そう簡単には終わらないはず、何度でも買いチャンスは出てくる…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ