大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



本日の日本株は為替の安定を好感した外需株の切り返しや、前日下落した業種への買い戻しから、日経平均、TOPIXとも反発して終了
 まったく方向感のない相場が続いています。昨日は、内需買い、外需売りでしたが、今日は一転して、内需売りの外需買い…。米穀の半導体製造装置BBレシオが上昇したことを受け、半導体関連が堅調だったことはわかりますが、為替がさほど円安に振れていないにも関わらず自動車株などが上昇していまいた。明日は、どうなるかわかりませんが、この動きを見るとロング&ショートのヘッジファンドが、日替わりでロングとショートを入れ替えているとしか思えませんね。このところ、相場の方は膠着状態ですが、オプション価格から算出するVIX指数はじりじり上げており、市場は先行きの波乱を懸念し始めたようです。このところ、ドル・円相場が100円を挟んでの攻防戦状態になっており、100円を恒常的に切ればドル建てで利が乗った海外投資家が日本株を売ってくる可能性もあります。

 まだ米国では主要なファンドのマネージャーはバカンス中ですが、彼らの休みは9月5日(月曜日)のレーバーデーまでが、多いといわれます。それ以降、ファンドの銘柄の入れ替えなどを活発化。相場にも方向感がでてくると思われます。以前から、ドルインデックスの動きに注意するように…としていますが、下値支持線を切りドル安が進行すれば、米国の多国籍企業の競争力が増しますし、リスクオンの動きが強まり、新興国に資金が流れていくことにもなります。日本株に関しては円高が進むことで、ドル建ての評価が上がるため、益出しの対象にもなりかねません。下値支持線が維持できれば、日本株の評価が上がることになります。今は、非常に微妙な位置に日本株はあるわけです。レーバーデー明けのドルインデックスの位置と円相場によっては流れが大きく変わる可能性があります。まあ、日替わりで内需と外需が綱引きになっている動きを見ても、9月に入っての動きを何とか先取りしようということかもしれませんね。

 今日の日本株は、円相場が安定していたことや米国株は堅調だったことから、昨日売られた先物の買い戻しが入り、朝方から反発してスタート。より後まもなく、この日の高値1万6648円(前日比151円高)をつけていました。寄り付きの買い一巡後は、週末のイエレンFRB議長講演を懸念した益出しの売りが入り上げ幅を縮小。10時過ぎにはこの日の安値1万6544円(同47円高)ををつけています。後場からは売り買いとも手控えられ小動きに推移。主力株を買い戻す動きがあったことから、指数は反発して終わりました。
 
 日経平均は99円94銭高(0.61%)の1万6597円30銭、TOPIXは9.15ポイント高(0.71%)の1306.71ポイントと、ともに反発。出来高は、2.6億株減の13億2287万株、売買代金は同2104億円減の1兆6077億円と、今年2番目の閑散商い。騰落状況は、値上がり1237、値下がり587と、買いが圧倒的に優位。
 日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗に上昇。日経平均RSIは52%→63%に上昇。25日線かい離率は、-0.5%→+0.1%と、25日線上を回復。同線を挟んだもみ合いが続いています。25日線がやや下向いたことが気になりますね。騰落レシオは86%→85%と横ばい。まだ指数、物色範囲とも方向感が出るには至りませんが、RSIの拡大やストキャスティックスの位置を見ると、短期的に指数の戻りが出るかもしれません。NT倍率は、8月15日に12.81倍でピークを付けた後12.7倍まで低下してきており、大型主力の上げがTOPIXの優位につながっている可能性も…。

 週末のイエレン議長講演は、次回FOMCまでいか月近くあり、そんなに刺激的な話は出てこないかもしれません。その後に、米雇用統計の発表も控ており、やはり、方向感が出てくるのは、9月に入ってからか…。それまでは、今のよな方向感のない展開が続きそう。ただ、米ファンドマネージャーがバカンス明けする週の週末9日は、日本のメジャーSQになります。このところ、先物を買い煽るような動きも一部出始めていますが、もしかしたら裁定業者が買い残を積み上げるような動きをし始めたのかもしれません。シス寄与度の大きい御三家(ユニクロ、ソフトバンク、ファナック)の動きを見ておく必要がありそうですね。まあ、基本的な流れに違いはありませんので、引き続き、業績に伸び余地のあるものをしっかり安値で集めておくことですね。ソニー、やはり、強いです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ