大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



本日の日本株は、手掛かり材料難から指数が膠着感を強めるなか、出遅れ株が幅広く買われ、続伸して終了
 まだ、物色の方向性が定まらないようです。10年国債金利がゼロに接近し、金利の上げ基調が強まっています。金利上昇は、株式市場にとっては許容リスクの低下につながりますから、高PER銘柄にとっては逆風。このところ、高PERの内需グロース株が売られ、業績の底打ち感が出てきた、景気敏感株が買われてくるのは自然の流れだったようです。ただ、海外の(まともな)長期投資家は、日銀のETF買いでかさ上げされている日本株には慎重姿勢を崩していません。新規資金が入ってこないことから、相場全般は膠着感を強める方向にあります。また、景気敏感株と言って、鉄鋼や化学、商社などが買われる一方、建設や新興市場株など、これまで堅調だった銘柄が乗り換え資金作りのために売られる…というパターンになっています。

 今日の相場も、同様な動き…。8月中旬以降、景気敏感株や金利上昇を受け銀行株などが買われてきましたが、ここにきて、半導体関連、VR、AR技術を使ったゲーム関連が人気化。今度は、こちらに資金がシフトすると、景気敏感株が売られる…というパターン。昨日も書いたように東証マザーズなど新興市場株も買われてきており、薄商いで値を上げる銘柄が増えてきました。まあ、波乗りみたいな相場展開ですが、みんながうまく波に乗れるわけでもなく、だんだん引っかかる人が増えて、資金の回転が止まってくるという流れになるのでしょうか。まあ、ファンダメンタル面から安心して上値を買える状態が来るまでは、こんなキャッチボールみたいな展開が続くのかもしれませんね。そのうち、だんだん資金が絞られてきて、野中の一本杉みたいに、大きく値を飛ばすような化け物が出てくるかもしれません。

 本日の日本株は、米国市場が休場で手掛かり材料がなく、小動きの展開。朝方は、海外市場で円が強含んだことから、売りが先行。小幅に反落して始まりましたが、円が103円台後半に振れると、先物買いが入り指数は上げ幅を拡大。一時、浜田内閣参与から、FOMC前の日銀の政策変更をけん制する発言が出たことを嫌気し、上げ幅を縮める場面があったものの、景気敏感株が頭打ちになると、これまで売られてきた建設や食品など内需系を買う動きが強まり、TOPIXリードで上げ幅を拡大していました…。ただ、連休明けの米国市場の動きを見たいというムードが強く、日経平均の終日値幅は75円と、狭いレンジの動きでした。

 結局、日経平均は、44円35銭高(0.26%)の1万7081円98銭、TOPIXは8.73ポイント高(0.65%)の1352.58ポイントと、ともに続伸して終了。出来高は、今年最低の15億4267万株(前日比2億株減)、売買代金は1兆6249億円(同1151億円減)。騰落状況は、値上がり1561、値下がり311と、買いが圧倒的に優位。
 今日の終値での日経平均サイコロは7勝5敗、TOPIXは8勝4敗rと、ともに変わらず。日経平均RSIは63%→60%に低下。25日線かい離率は、+2.4%→+2.5%と、わずかに拡大。騰落レシオは90%→99%と、指数が伸び悩むなか、騰落レシオの拡大に見るように、出遅れ銘柄を対象にかさ上げ的な動きが始まっています。
  
 指数が膠着感を強める中、騰落レシオの上昇にあるように物色範囲が拡大しています。また、NT倍率の低下から、TOPIX優位の展開になりそう…としましたが、今日のTOPIXの上昇率は日経平均の2.5倍。資本金別でも久しぶりに小型株がトップ。東証マザーズの上昇率はTOPIXも大きく上回っており、この流れが定着するかどうかが焦点になりそう。以前から、レポートでも書いているように、今晩から大手ファンドのマネージャーが市場に復帰。年後半に向けての動きを始めます。ドル建てでみた日経平均は過去5年の高値圏にあるほか、米国市場は年内に2度目の利上げの角度が高まるなど、長期のバカンスの間に状況が変化しており、彼らがどう動いてくるかが注目されます。例年、8,9,10月付近は海外投資家の売り越しが目立ってきますが、ポートフォリオの入れ替えとも関係がありそう。今年は、違う…と思いたいところですが、彼らが何を売り、何を仕込んでくるか…今週以降の最大の注目ポイントです。当面は、徹底的な逆張りで対処したいところ…。明日は、24節気の「白露」ですが…。

 中小企業のITインフラ構築支援の銘柄と、ソニー、ともに連日の高値更新。週末に決算発表を控えた銘柄もじり高…。半導体関連は前回高値切りなどポイントをとらえて押し目買い。新規資金の流入が細る日本株は、今後も好材料が出てくるものを買わないと、だれも上値を買ってくれません。やはり、基本は今期、来期と連続増益の期待できるものを地道に買うこと。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ