大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



本日の日本株は、円高を嫌気して小反落したものの、日銀のTOPIX型ETF買いを意識したかさ上げ的な動きが強まる
 日銀の大規模緩和でデフレ・円高を是正、財政出動で経済を活性化させ、あとは民間の企業努力で日本経済を成長軌道に乗せる…というのが当初のアベノミクスの狙いでした。しかし、国債買い取りで銀行に供給した資金は、市中には出回らず、日銀の当座預金に戻り、労せず日銀の付利をを受け利子補給をしてもらうような行動をし、一般企業は政府や日銀が経営環境の改善をしてくれたことで稼いだものの、あえてリスクを負い設備投資や新たな市場開拓を行わず、ひたすら内部留保をため込むばかり。その額は昨年度末で377兆円という巨額に達しています。それにも関わらず、マイナス金利になり、利子補給が得られなくなる、と言ってマスコミを動員して組織キャンペーンを張る金融界。自分たちの不作為を棚に上げて、また、デフレや円高の時代に戻るリスクがあるため、内部留保を増やさざるを得ないと言い訳する企業経営者…。一方で、経済構造の変化を見越して積極的にM&Aを行い成長分野を取り込む企業もあります。量的緩和をしても、資金が市中に還流しない、おまけに、民間企業はいつまでたっても、前向きに動こうとしない…これでは日銀や政府が独り相撲を取った、と言われても仕方がありません。

 今回の日銀の金融政策の変更は、不満をぶちまけた銀行に配慮した政策変更になりましたが、果たして、自らリスクをとって融資や運用をできるのか…また、何か別の言い訳をするような羽目になるのではないでしょうかね。結局、企業の中でリスクを取らず出世してきた人が経営者になっているため、いつまでたってもリスクをとるような経営ができないということでしょう。海外投資家が、なぜ日本の株を買わないのか…。これだけの内部留保を持ち、かつ、企業の膨大な資産があり、PBR(株価純資産倍率)も1を大幅に下回っているのということは、現在の経営者が資産を効率的に生かした経営ができていないということ。無能な経営者とのレッテルを貼られても、仕方がないところでしょう。PBRが海外に比べて低いにも関わらず、日本株が買われない背景には経営上の問題もあるのではないでしょうか。米国だったら、解体屋が買い占めをして、会社を解散し財産を処分するようなことになるかもしれません。株主の安定化率が高いことが、幸いしているようですね。このままでは、企業の内部留保は政治問題化してくるかもしれませんね。内部留保課税まで行って、無理やり金を使わせないと、民間企業は活性化しないのかもしれません。

 話が脱線しましたが、本日の日本株は、日銀の政策変更への評価が定まらないまま、為替だけが円高で帰ってきましたので、終日、軟調に推移。円高を嫌気して外需株が売られたほか、一昨日、マイナス金利の見送りを好感して買われていた金融株が売られるなどしたものの、内需系大型株や資源株が買われたことで相殺。日経平均の終日値幅は、83円と小動きに推移。結局、小幅に反落して終わりました。原油高を映した鉱業株、バルチック海運市況高を受けた海運株、財政出動を意識した建設株などが買われる一方、円高を嫌気し自動車など外需株が売られたほか、保険や不動産などが売られました。

 日経平均終値は53円60銭安(0.32%)の1万6754円02銭、TOPIXは3.11ポイント安(0.23%)の1349.56ポイントで終了。出来高は、6.26億株減の19億6332万株、売買代金は、4825億円減の2兆2327億円と、週末でもあり商いは減少。騰落状況は、値上がり1246、値下がり596と買いが優勢。指数とは異なる動きに…。
 日経平均サイコロは、5勝7敗(41%)、TOPIXは4勝8敗(33%)にそれぞれ低下。日経平均RSIは47%→44%に低下。25日線かい離率は、+0.5%→+0.2%と、25日線上を維持。騰落レシオは111%→114%に上昇。指数のモメンタムが低下する一方、想定通りかさ上げ的な動きが強まっています。

 日銀の政策変更でTOPIX型銘柄、それも小型の方に焦点が移る…としましたが、今日の資本金別では大型株が0.55%低下したのに対し、小型株指数は0.87%上昇。新興市場株も上昇。政策変更を映す物色内容になりました。おかげで、このところ小型株をメーンにレポート銘柄を選んできましたので、今日は、六甲バター、福井コンピュータホールディングス、タカラバイオ、など7銘柄が新高値を更新。継続注目j株にも大幅高するものが多かったようです。以前から、全体が波乱しても、今月後半からは中間決算が意識されてくるとして、「今期業績の増額修正」、「来期も増益」を基本に選定してきましたが、新四季報で、増額修正するものが多かったことから、好成績を残せたようです。まだ、商いの薄いものも多く、発展途上ですから銘柄は公開できませんが、順調に推移しています。全般はかさ上げ的な色彩を強めそうですが、基本だけは押さえておかないと、けがをすることにもなりかねません。小型株が派手に動いたあとは全体が調整するケースも想定しておかねばなりませんから…。
 詳しくは、日曜日発信のレポートで注目株とともに解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ