大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



本日の日本株は、措定外のOPEC減産合意を受けた円安を好感。先物買い戻しや外需株、主力株に買い戻しが入り、反発して終了。
 誰も予想していないことが起こったという感じで、昨日からの世界市場は「びっくりポン」の反応でした。OPEC加盟国の生産に上限を設ける生産調整の可能性はあったものの、まさか、2008円以来の減産で合意するとは…。OPEC統計によれば8月の生産量は日量3324万バレルですから、これを3250万バレル程度にするということは、まさに減産です。市場がびっくりするのも無理はなかった、ということです。何とか価格面をてこ入れしたいというサウジアラビアの思惑が透けてみえます。ただ、朝も書きましたように、高い原油価格がもたらす多額の収入におごり、所得税の廃止や教育費の無料化などの大盤振る舞いで財政負担を増やしている産油国も多く、果たして、11月の国別の産油量の割り当てがうまくいくのかどうか…。名目上、決まったとしても決定事項が守られるものかどうか。個人的には、価格面まで影響を及ぼせるかどうか、まだ、「?」状態です。

 ただ、レポートでは、以前から週足を見ると「逆三尊底」を形成。次は、昨年5月高値62ドルを志向することになる…とは、しましたが、いまだに半信半疑です。原油価格の低下の過程で不採算井の整理統合を済ませ、生産コストが低下。今後、利益の増加が期待できる米国のシェールオイル生産企業や生産支援企業を狙う方が面白いかもしれませんね。今日は、油井用のシームレスパイプ関連の新日鉄住金や掘削リグ建設に必要な高所作業車のタダノなど関連株が上げていました。まあ、2008年の生産調整の時も、加盟国が闇で生産を増やし、これに頭に来たサウジがスイングプロデューサーの役割を放棄。増産に踏み切り合意が崩れた…という例もありますし…。、まあ、経過観察しておけばいいのではないでしょうか。

 直近レポートでは、サウジのイランの説得の熱意が半端ないとし、さらに、週足一目均衡表の雲上辺で、非常に強い動きをしていたことから、何らかの合意がなされるかもしれないとしました。その場合、リスクオフの状態が後退し、円が売られることで、日本株を売り仕掛けしている投機筋は、為替面から先物売りの買い戻しを迫られるかもしれない…と予想しましたが、今日の動きは、まさに想定通りの展開に…。朝方から、米株高を受けた買いが先行。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いが入ったことから、現物との裁定買いも入り、終日上げ幅を拡大する展開に…。株先物の買い戻しにともない、円買いも解消され円安が進行。これを受け主力株や外需株が買われ、さらに指数が上昇するという、スパイラルな上げが久しぶりにあり、引け近くに、日経平均はこの日の高値1万6756円(前日比291円高)をつける場面もありました。
 合意の不調を思惑して売られていた鉱業、石油株、非鉄株などが買い戻しに寄り急伸。一方、原油価格の上げからコストアップが予想される空運、水産、陸運などが売られていました。

 結局、日本株は反発。日経平均終値は228円31銭高(1.39%)の1万6693円71銭、TOPIXは、12.48ポイント高(0.94%)の1343.25ポイント。出来高は、前日比1.2億株増の17億6092万株。売買代金は、570億円増の1兆8789万株と微増。騰落状況は、値上がり1370、値下がり521。中間期末を控え、主力投資家の売買が手控えられる中、買い戻しと裁定買いで指数が上げた、という印象。
 今日の終値での日経平均サイコロは、5勝7敗で変わらず。TOPIXは、5勝7敗に上昇。日経平均RSIは、33%→42%に上昇。25日線かい離率は-1.5%→-0.2%に拡大。一時、25日線に接近したところから上げ幅を縮小しており、25日線抜けが課題になりそう。騰落レシオは114%→121%に拡大。再度、物色範囲が拡大しそうな勢いですが、120%越からは、警戒ゾーンであることは頭に入れておきたい。

 今日の上げで、日経平均日足は、再び、雲を抜け出してきました。引き続き、13週線、26週線が下値を支えていますが、明日完成する週足で、雲の中に入れるかどうかがカギになります。今日現在で雲下辺は1万6758円。今日の高値とほぼ符合しており、市場が雲下辺を抵抗線として意識していることが分かります。まあ、以前からの想定通り、13週線、26週線と最大52週線(17175円)の間のレンジ相場相場とみておけばいいのでは…。昨日まで、日経平均先物を売りまくっていた欧州証券は2000枚近い買い越し。やはり、踏まされていたようです。全部踏ませることができれば、1万7000円大台乗せも軽いのですが…。今晩の為替が勝負ですね。

 今日も、ポートフォリオの中から、介護分野での人材の囲い込みを続ける銘柄をはじめ、TDCソフトウエアエンジニアリング、中小企業支援など8銘柄が新高値を更新してきました。また、米国で起きているAIやIOTの発展でメリットを受けるとして注目しておいた三益半導体が高値を更新。検査機器の銘柄も順調に値を伸ばしています。さらに、来月の決算発表へ向け、待ち伏せ狙いとしていた銘柄もようやく注目を集め始めたようで、上げ足を速めてきました。基本は、業績をベースにした各論相場である流れは変わりません。大きく流れがシフトするには、いったん、全部の銘柄が下げてスタートラインに並ばなければなりませんが、日銀の官製相場になっていることから、それを期待するのも無理…。結局、各論相場が続くことになります。レポート案内文で書きましたように、テーマだけで買われた銘柄のリバウンドも始まってきたようですね。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ