大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



週明けの日本株は、為替が安定を続けるなか、個別の材料株や主力株の一角に買いが入り、小幅に続伸して終了。
 ようやく九州での用事が終わり、関西に帰ってきました。今日は、朝から休みの間の日米のデータ書き込みと注目株のチェックでしたが、とても新聞を読むところまではいくことはできませんでした。まあ、先週の3連休明けに書いた流れとほぼ同じで、13週線、26週線を支えに、上値は週足一目均衡表の「雲」下辺に圧迫される動き…。日経平均は前週の終値から4円安…「膠着感ここに極まれり…」という相場状況でした。明日は昼から大阪です。

 さて、週明けの日本株は、先週末の米株高を受け買いが先行。週末行われたイエレンFRB議長の講演からは政策の方向性を推測させる手掛かりを得られず、為替も104円台で安定的な動きになったことから、日経平均は堅調にスタート。好決算予想の銘柄や新ゲームの発売など個別の材料株が買われたほか、米国での半導体関連企業の人気を受け、東芝が続伸するなどし、寄り後まもなくこの日の高値1万6954円(前週末比98円高)をつけていました。ただ、中国人民銀行が人民元の対ドルレートを安値に設定したことが嫌気され、急速に上げ幅を縮小。前引け近くには、一時、この日の安値1万6821円(同35円安)とマイナス圏に沈むj場面も…。後場からは、プラス圏を回復して始まったものの、GLOBEX市場の米株先物が軟調に推移したことで、主力株に模様眺め気分が強まり指数が膠着感を強める中で、個人を中心にした短期資金が個別株に向かい、全体的には出遅れ株が賑わうかさ上げ的な動きが強まりました。

 結局、日経平均は43円75銭高(0.26%)の1万6900円12銭、TOPIXは5.37ポイント高(0.40%)の1352.56ポイントと、ともに小幅に続伸。出来高は、前週末比9900万株減の15億2703万株、売買代金は同3327億円減の1兆6333億円と薄商い。騰落状況は、値上がり1204、値下がり624と、3日連続して上昇銘柄数は4ケタ超え。指数と全体のかさ上げ的な動きとの対比が目立ってきました。
 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗(66%)、TOPIXは7勝5敗(58%)と、ともに先週末から上昇。日経平均RSIは、52%→59%に上昇。25日線かい離率は+0.7%→+1.1%にプラスかい離が拡大。25日線を下値支持線として意識する動きが続いています。騰落レシオは108%→109%に上昇。全体的に循環物色が効いているいるようです。当面、米大統領選の結果が見えるまでは今のような膠着相場が続きそう。ただ、債券市場からの乗り換え資金など、待機資金が多く、悪材料が出て下押しするような局面が出ると、見切り発車的に相場が動きだす可能性も…。

 当分、管理相場になってしまっている指数のことは気にせず、小型の個別好業績株に徹すれば良い…としましたが、先週、日経平均がわずか4円しか動かない中、レポート銘柄から、TDCソフトウエアエンジニアリングが4ケタ大台乗せ、3D半導体関連の扶桑化学工業、六甲バターの次の為替差益による業績変化率狙いとした正栄食品工業が新値を更新。9月11日号から注目している介護関連のエスエムエスも先週は、とうとう、3000円大台に乗せてきました。今日は、ビッグデータ、自動運転関連の豆蔵ホールディングが高値を更新、荒川化学工業、ミスミグループも2000円大台に乗せ年初来高値を更新。原油価格回復関連、立体地図関連の出遅れ銘柄なども堅調に推移しています。まあ、どこかに出かけていた方が上がるのかもしれませんね。

 ただ、レポートでも以前から書いているように、10月は潮目の変わる大事な月と見ています。よく動きを見ておく必要がある…としておいたファナックやソフトバンク、ソニーのほか、米国市場の動きを受けた半導体関連、この欄でも注目するようにとした三菱商事など主力株の動きは様変わりによくなってきました。見方によっては、小型株や出遅れ株が仕上げ段階に入っているのに対し、主力が上昇期に入りだしたのかもしれません。米国の大統領選が主力投資家の頭を押さえていますが、先進国の長期金利が上昇傾向に入り、債券からの乗り換えを図っている投資家は、虎視眈々と買い場を探しているはず…。大統領選の投票日まで待つ投資家はいませんので、どこかで見切り発車をしてくるのではないでしょうか。債券市場から出てきた資金は、流動性を求めていますから、買われるのは品薄ものではありません。このあたりを踏まえると上値を伸ばしている銘柄よりも、下値から鎌首を持ち上げようとしている銘柄の方が妙味は大きい。月末までの2週間は「潮目の変化」を意識して動きたいですね。明日の夜の分は、時間的に無理かもしれません。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ