大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



本日の日本株は、米大統領候補テレビ討論会が波乱なく終わったことを好感した主力株への買いや、新ゲーム画像を公開する任天堂がゲーム株人気を刺激、先物買い戻しも入り、5日続伸して終了
 市場が何を気にしていたのかが分かったような、今日の相場でした。最後のテレビ討論会でしたが、劣勢を挽回するためにトランプ候補が何か特ダネを持ち出してくるのでは…との懸念から、昨日までは模様眺め気分が強く、一部はヘッジ的な動きもしていたようですが、討論では、結局、大ネタは出てこず、次第に買い戻しが優勢になり上げ幅を拡大。先物買い戻しに伴い裁定買いが入ったことも指数の上げを刺激。さらに、先物売りに伴い買われていた円の売り戻しも外需株買いを誘い、引けにかかけ上げ幅を拡大する展開になりました。おかげで、なかなか強気シグナルを出さなかった三本新値が本日「陽転」。頭抑えになっていた52週線をオーバー。さらに、戻りの頭を押さえ続けていた週足一目均衡表の「雲」内に入ってきました。相場状況は一気に好転してきました。週足の完成までに明日を残していますが、雲内にとどまって終わることができれば、雲上辺17909円まで戻りが期待できるだけに、あすの相場が重要になります。

 それにしても、このトランプ候補ですが、税金逃れに関して社員らしき人が、不動産事業で巨額の損失を出したときの資料をマスコミに持ち込むは、今回も、過去の雑談の録音テープを持ち込まれると、思いもよらぬところから足を引っ張られています。もちろん、米国で最も尊敬される戦死者の家族をけなすなど、口害もあり自業自得みたいなところもありますが…。ただ、前回の討論後の人気投票ではクリントン氏が支持率を落とす一方、トランプ氏が支持率を伸ばした、ということもあり、世論調査の結果を待たないと、何とも言えません。何しろ、高齢者を中心にした頑迷な保守層がトランプ氏を支持しているだけに、終わってみないとわからないところもあります。今晩の米国市場が、どんな結論を出してくるかが注目されます。

 今日の日本株は、米株高、原油高を好感し、朝方から買いが先行。討論会を横目で見ながら、クリントン候補優位を受け、次第に上げ幅を拡大する展開に…。結局、日経平均、TOPIXとも5日続伸して終了。任天堂が、新型ゲーム機NXの映像を、今晩、同社ホームページで公開する、としたことから、ゲーム関連株に物色の手が伸び、急伸するものが増えました。また、野村不動産の販売計画が順調に進んでいるとの報道を受け、不動産株が買われたことも物色の広がりに貢献していました。結局、不動産や証券、銀行、ゴムなど売り込みの多い業種を筆頭に32業種が上昇。繊維のみが下げるという強い動きでした。ユニクロ、ソフトバンク、ファナックの指数寄与度大の御三家で73円上げており、先物買い戻しにともなう裁定買いの影響が大きかったようです。

 結局、日経平均終値は、236円59銭高(1.39%)の1万7235円50銭、TOPIX終値は、13.60ポイント高(1.00%)の1370.80ポイント。出来高は、2.9億株増の18億5108万株。売買代金は、値嵩株が買われたこともあり4194億円増の2兆0825億円と9月30日以来の2兆円大台回復。騰落状況は、値上がり1406、値下がり414と、買いが優勢。
 今日の終値での日経平均サイコロは9勝3敗(75%)、TOPIXは8勝4敗(66%)で前日と変わらず。日経平均RSIは、66%→66%で横ばい。25日線かい離率は、+1.6%→+2.8%と、反落警戒の3%に接近。物色の広がりを見る騰落レシオは118%→130%に上昇。警戒ゾーンの120%を一気に上回ってきました。6月22日の131%以来の水準。RSIを除いて、やや警戒的な数字が増えてきました。

 10月後半は「潮目の変化」に注意…」としてきましたが、テクニカル的には大きな変化の兆しが出てきました。これまで、主力投資家が動かず放置されてきた主力株に資金が向かい始めた兆候があります。昨日もCTAなど海外の投機筋が先物買い戻しを」急いでいる背景を考える必要があるとしましたが、今日は、大型株指数が、小型株指数の上昇率を大幅に上回り、一方、日経平均が上げ幅を拡大するとともに新興市場の勢いがなくなるなど、市場は物色対象の変化を気にしています。今日の上昇率上位銘柄を見ても、無配や赤字の超低位株といわれるグループが顔を出していますが、一方、かさ上げ状況をみる騰落レシオは警戒ゾーンの120%を超える130%をつけるなど、かさ上げ的な動きが終わり、銘柄を絞り込むような動きに変化する可能性も出てきました。今日の安川電機から決算発表が本格化しますが、業績面でいまいち不安な主力株にすんなり流れが変化するのか…。今日の動きを見ても、売られすぎの小型株が買いなおされるような動きもありました。重要な局面ですから、よく考えて日曜日のレポートで答えを出したいと思います。ただ、短期的には業績が重要視されることだけは確か…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ