大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨晩の米国株は、予想を下回る消費関連指標を嫌気したほか、主要企業の好悪決算を受けた売り買いが交錯。主力3指数とも反落して終了。
 おはようございます。
 昨日スリーエムが決算を発表しました。新興国向けがさえなかったということですが、ドル高による売り上げの目減りが響いていたようです。主要通貨に対するドルの位置を見たドルインデックスは、昨年半ばから、91~100のレンジ相場の動きをしていましたが、10月に入り上昇をはじめ、先週は98.6ポイント台まで上昇。レンジ上限に近づいてきました。過去、多国籍企業の業績や新興国からの資金流出への影響からFRBはドル高に神経質になっており、FRBや米財務省から、何らかのドル高けん制発言が飛び出すことも想定しておく必要がありそう。米多国籍企業の決算を見る場合、為替の影響も確認したいところ。

 25日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万8169ドル27セント      -53ドル76セント(0.30%)
 NASDAQ総合指数        5283.40ポイント         -26.43ポイント(0.50%)
 S&P500               2143.16ポイント         -8.17ポイント(0.38%)
 CME日経平均先物        1万7350円            -20円
 10年物国債金利         1.756%              -0.011%
 ニューヨークダウ         49.96ドル             -0.56ドル
 GOLD                1273.60ドル           +9.90ドル
 ドルインデックス          98.72               -0.03  


 昨日の米国株は、欧州市場がさえない企業決算を受け下落した流れを引き継ぎ、前日引け値水準で模様眺め気分の強い始まりになりました。朝方は、消費財のP&Gや製薬大手メルクの予想を上回る決算や住宅価格指数の上げを好感。寄り後まもなく、二ューヨークダウはこの日の高値1万8241ドル(前日比18ドル高)をつける場面がありました。ただ、コンファレンスボード消費者信頼感指数が先月水準、予想をともに下回ると景気の先行きへの警戒感が強まったほか、スリーエム、キャタピラなど主要企業の決算がさえなかったことも嫌気され、下げに転換。昼頃には、この日の安値1万8151ドル(同72ドル安)をつけていました。引けにかけては、この日引け後に予定されているアップルの決算発表を意識。前日引け値をやや下回る水準での持ち合いを続け、結局、主力3指数とも反落して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1185、値下がり1813(NASDAQ市場は、877-1901)と、ともに売りが優勢でした。

 ニューヨークダウは、反落。業績が予想を上回ったP&Gやメルク、ユナイテッドテクノロジーが買われる一方、予想を下回ったスリーエムやキャタピラが下落、ホームデポもスリーエムの決算悪が響き、連れ安するなど大きく売られるなど、決算を意識した動きが強まりました。この日、ロシアのOPEC担当者が減産に非協力な発言をし原油価格が下落したことも指数の足を引っ張っています。引き続き、一目均衡表の雲下の動きが継続中。雲が上値抵抗に変わりつつあります。一方、NASDAQ総合指数も3日ぶりに反落。昨日の朝書いたように11日に付けた日足長大陰線の急所に近づいたことから、予想通り売られています。引き続き上昇中の25日線が下値を支えており、高値圏での持ち合いが継続中。アップルのさえない決算の影響が気になるところ。

 米国株は反落。円は、米株安や原油安を受けたリスク回避の動きを受け、対ドルは104円20銭台で横ばい、対ユーロは113円40銭台に小幅に軟化。CME日経平均先物は、大証先物終値を20円下回る1万7350円としっかりで帰ってきました。レンジは1万7305円~1万7480円。出来高は前日比4400枚増の3万4489枚。本日の日本株はやや波乱含みの動きになりそう。昨日、日本電算効果で電子部品株が買われたものの、昨晩発表のアップル決算ではアイホンの販売台数が減少しており、影響が気になるところ。引き続き、業績に増額修正余地のある銘柄の個別物色が続きそう。レポート注目のTDCソフトエンジニアリングが、中間期の業績を増額修正。経常利益予想は、8億→9.8億円となっており、8日に発表される中間決算で通期見通しを増額修正するかどうかが注目されます。ただし、先行して織り込んだ部分もあり、持続して中間発表の通期見通しを確認したい。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ