大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



本日の日本株は、手掛かり材料難やテクニカルな過熱感を嫌気した戻り売りの動きが強まり、4日ぶりに反落して終了。
 投資主体別売買動向(10月17日~21日売買分)が発表されました。個人(-1827億円)、投信(-676億円)が売り越しを続けるなか、海外投資家は676億円買い越しています。10月第一週の+2814億円、第二週の+1160億円に続き、3週連続の買い越しです。先日も書きましたように、9月末のOPEC臨時総会での減産合意以降、先進国で物価上昇期待が起き、欧米金利が上昇。ドル高に転換したことから、世界の市品市場でOPEC臨時総会前の運用ポジションを巻き戻す動きが始まっていますが、日本株買い越しの背景もこの流れに沿ったものでしょうか。

 また、同時に発表された先物の投資主体別売買動向でも海外投資家の買い越しは3週連続の買い越しになりました。以前から、日経平均型の動きに注目していますが、今回発表分ではラージを+2012億円、ミニを+985億円と、約3000億円を買い越していました。10月代第一週の3100億円に続く大きな額です。海外投機筋が先物買い越しに転じて以降、円安も加速していますから、今回の円安の裏には、海外投機筋の買い仕掛け(日経平均先物買い・円売り)がかなり影響しているものと思われます。まあ、海外投資家の買いと国内投資家の売りが綱引きしている格好ですが、どちらが引き勝つか、見ものですね。直近レポートでも解説していますように、過去NT倍率をさかのぼってみてみると、9月後半から上昇をはじめ11月後半に天井を打つケースが多くなっています。11月末というと、思い当たる人も多いと思いますが、多分に政策的なものが絡んでいるものと思われます。まあ、せいぜい頑張って仕掛けてください。ただし、彼らは海千山千の連中ですから、日本市場だけでなく海外市場も使って仕掛けをしますから、だまされないようにしないといけませんね。こんなことに神経を使うのも業腹ですが、今のところ、日本株を押し上げることができるのは彼らだけですから…。

 今日の日本株は、昨日の米国株が高安まちまちだったものの、内容的には弱含んだことを嫌気。朝方から売りが先行し反落して始まりました。ただ、昼前に円安が進むと内需系大型株などに買い物が入り、上げに転換。前引け近くに、日経平均jは、一時、この日の高値1万7414円(前日比23円高)をつけています。ただ、今回の戻り相場で初めて1万7400円を上回ったことから、これを機に益出しの動きが強まり、前引けにかけて急速に値を消し、前引けはマイナスに転換。後場に入っても、手掛かり材料難から模様眺め気分が強まり、後場半ばには、この日の安値1万7278円(同113円安)をつける場面もありました。為替などに大きな動きがなく、引けにかけても模様眺めが続き、結局、日経平均、TOPIXとも4日ぶりに反落して終わりました。

 日経平均終値は、55円42銭安(0.32%)の1万7336円42銭、TOPIX終値は、0.69ポイント安の1382.01ポイント。出来高は、前日比1.1億株増の17億0120万株、売買代金は同1330億円増の1兆9449億円と、依然、薄商い状態。騰落状況は、値上がり909、値下がり927と、ほぼ拮抗状態に…。
 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは7勝5敗に、ともに低下。日経平均RSIは、72%→67%に低下。25日線かい離率は、+3.0%→+2.5%にかい離が縮小。騰落レシオは144%で横ばい。昨日は、多くの指標が買われすぎを暗示していましたが、過熱調整としては良いお湿りになった感じです。

 日経平均の今日の高値付近は、最近の戻り高値を結んだ上値抵抗線付近に到達。また、4月28日に付けた日足長大陰線の寄り付き(1万7438円)という、テクニカルな節目も意識されたようです。まあ、ここらら先は、寸刻みでクリアしなければならない関門が続きますから、海外でよほど大きなポジティブサプライズでもないと、一気に通過は難しそう。まあ、決算を見ながら、円高の影響が相違帝を超えるかどうかを判断。それほどでもなければ、まともな投資家が買いに出てくるというところでしょうか。
 ただ、今日あたりの動きを見ていると、やはり為替の影響がある外需株は怖い。一方、補正予算による景気刺激が期待できるほか、業績面でも懸念が少ない建設土木など内需系が安心といいう流れも出てきたようです。

 レポートで注目しています港湾整備関連や政府の立体地図作製プロジェクトにも関係するとして、300円付近から注目した銘柄も大台替えに接近。食品関連も堅調に推移しています。まだしばらくは、現状維持の方針で行った方がよさそう。明日は、注目度の高い銘柄が決算発表をしてきますが、事前に修正するディスクローズがありませんでしたので、コンセンサスに届かず、売りたたかれるような動きが出るかもしれません。ただ、事前にたたかれたエムスリーの動きに見るように、内容のあるものは良い買い場を作ってくれることにもなりますから、たたかれても、ろうばいしないようにしたいところ。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ