大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



本日の日本株は、日銀会合結果は据え置きだったものの、主力企業の好悪決算が綱引き状態になった結果、日経平均、TOPIXとも強含んで終了。
 日銀金融政策決定会合は、予想通り政策据え置きを決めて終わりました。また、物価目標2%の達成についても平成30年に先送り。黒田総裁の任期中の達成は、ほぼ無理という情勢になってきました。米国の金利が正常化を志向するなか、金融政策だけに頼った物価や景気対策が限界に達しているとの合意ができつつあり、日米欧とも財政的な刺激に舵を切り替える方向に動き始めています。先進国の金利上昇も、この政策転換と無関係ではないでしょう。日本の場合は、安倍首相が就任前の三党合意に縛られ、消費税の引き上げを実施。アベノミクスの成果をすべて無にした…という経緯がありますが、この時には消費税引き上げと同時に公共投資の大幅な削減も行われており、消費と財政面の双方から需要を抑制したことも景気の足を引っ張りました。

 財政健全至上主義の財務官僚の甘言に乗せられた結果ですが、日銀も消費税の引き上げには賛成していたわけですから、物価2%未達成の責任を他人に押し付けることはできませんね。今日は、政策据え置き発表後、一時的に波乱する場面がありましたが、相場の方は、なんとか無事に終わりました。海外では、日銀会合が終わり、関心は米FOMCに移行。12月利上げに向けての何らかの示唆があるかもしれないとして、さっそく、ドル買い・円売りの動きが始まっているようです。
 財政状況は改善しているんですから、安倍首相も思い切って消費税の引き下げでもやったら景気へのカンフル剤になると思うのですが…。財務省が経済音痴のマスコミを総動員してつぶしにかかるでしょうけど。

 本日の日本株は、朝方は米株安を受け軟調な始まりになりました。日銀会合の結果発表を控え模様眺め気分が強まる中、昨日予想を下回る決算を発表したファナックやパナソニックが売られたことが指数の足を引っ張ったものの、中国の製造業PMIが予想を上回ったことが好感されたほか、好決算を計上した東京電力や日本航空など大型株が堅調に推移。下値を支えたことから前場中はマイナス圏での小動きの展開になりました。後場に入り、日銀のETF買いへの期待から高寄りし、この日の高値1万7473円(前日比48円高)をつける場面があったものの、日銀トレードの解消とみられる先物売りが入り、一気にマイナス圏に下落していました。ただ、大きく売り込むような動きはなく、前日引け値を挟んでもみ合った後、結局、日経平均、TOPIXとも小幅に反発して終わっています。

 日経平均終値は、17円38銭高(0.10%)の1万7442円20銭、TOPIX終値は0.17ポイント高(0.01%)の1393.19ポイント。出来高は、前日比3.4億株減の19億0602万株、売買代金は、2200億円減の2兆1094億円。騰落状況は、値上がり916、値下がりは911と、売り買いがほぼ拮抗。VI指数がは0.46ポイント高の19.58ポイントに上昇。やや先行き懸念が高まってきたか?
 今日の終値での日経平均サイコロと、TOPIXサイコロは、ともに9勝3敗と警戒ゾーン。日経平均RSIは、67%→80%に急伸。警戒ゾーンの80%を超えてきました。25日線かい離率は+2.7%→+2.6%にかい離が縮小。騰落レシオは134%→139%に上昇。サイコロ、RSI,騰落レシオと、警戒ゾーン入りを示す指数が増えてきました。

 テクニカルな過熱感が強まってきましたが、今週は半ばの3日に休日を挟んでおり、動きづらくなっています。この休場日に、米FOMCの結果が分かるほか、英国中央銀行の政策会合もあり、為替の変動が予想されることから、なかなか、長めのポジションを持ちづらいという側面もあり、指数が膠着感を強めるなか、業績発表や自社株買い、増配などの材料を織り込む個別株が日計り、夜ばかり感覚で売り買いされるという流れになっています。昨日値上がりトップだった海運が、今日は下落率トップという状態ですから、思ったほど資金が流入せず、回転商いで相場を消化しているという感じです。まあ、高値を買いついたら、やられる可能性が高いということでしょう。やはり、ここは好材料で買われ、新高値を更新後に一服しているところを拾う、エスカレーター投資の方がよさそうです。半導体関連や中小企業支援で買われたもので、前回高値を更新。調整中のものがありますので、この買い場を探すところ…。直近レポートで、飛びつき買いでも行けるか…としたTDCソフトエンジニアりングですが、今日も高値更新を続けています。8日の決算発表時に、通期見通しを修正してくるかどうかがポイントになりそうですね。
 ちょっと、米国の不透明感が強まってきたようです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。  
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ