大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



昨日の米国株は、クリントン候補優勢の情勢分析を好感。幅広く買い戻しが入ったほか、同候補の政策を先取りする買も入り、続伸して終了
 おはようございます。
 大統領選の投票が続いています。調査会社から結果予想が出されていますが、いずれもクリントン候補の優位を予想。一部には、昼頃にはクリントン候補が勝利宣言を出すのでは…との観測も出ています。市場でも、トランプリスクが去ったとして、債券や金など安全資産からの離脱が始まっていますが、株式市場でも、オバマケアの継続拡充を期待し、医療保険株が上昇。一方、銃規制の強化をうたうクリントン候補の政策を受け、銃の駆け込み購入が増加するとして銃器製造会社が買われるなど、クリントン勝利を織り込む動きも始まっています。まあ、どんでん返しはないものと思いますが、英国のEU離脱を問う国民投票の想定外の結果もあり、市場は警戒を解いていないようです。リスクヘッジで買われてきたVIX指数は、この日も小幅に上昇しており、市場が想定外の選挙結果を気にしている動きが分かります。まあ、立会時間中には結果が分かりそうですが、ここからの注目は、上下両院の議員選挙。理想は上院は民主党、下院は共和党…ということですが、仕方なしにクリントンを入れた有権者が、暴走を抑えるため共和党に入れるケースもあるといい、ネジレが発生する可能性も…。なんにしても、イベント通過で正常な市場に戻れることは歓迎です。

 8日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万8332ドル43セント       +72ドル83セント(0.40%)
 NASDAQ総合指数        5193.49ポイント          +27.32ポイント(0.52%)
 S&P500               2139.56ポイント          +8.04ポイント(0.38%)
 CME日経平均先物        1万7310円             +110円
 10年物国債金利         1.858%                +0.030%
 ニューヨーク原油         44.98ドル              +0.09ドル
 GOLD                1274.50ドル             -4.90ドル
 ドルインデックス          97.85                 +0.11 
 

 昨日の米国株は、一部医薬品メーカーや大手レンタカー会社の業績見通し下方修正を嫌気したことや、前日急騰した反動で売りが先行。小幅に反落して始まりました。投資家は、朝方から大統領選の投票動向に神経質な動きをしていましたが、複数の選挙情勢分析会社が、大票田のフロリダでクリントン候補が優勢になっている、としたことや、同候補の勝利確率が70%に達しているなどと、伝えると、次第に買いが優勢となり上げ幅を拡大。ニューヨークダウは、昼頃、この日の高値1万8400ドル(前日比141ドル高)をつける場面も…。ただ、買い戻し一巡後は、選挙結果を見たいというムードが強まり、引けにかけては次第に上げ幅を縮小する展開になりました。食品やたばこ、飲料などディフェンシブ系が堅調だったほか、電子部品も買い直されていました。一方、自動車・同部品、住宅建設、不動産など金利敏感セクターが軟調。結局、主力3指数とも続伸して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1712、値下がり1278(NASDAQ市場は、1518-1270)と、ともに買いが優勢。

 ニューヨークダウは続伸。8月の史上最高値以来の下落バンドを抜け出してきました。日足MACDもシグナルラインを突破。買いシグナルを出してきました。短期的な強気トレンドに復帰した格好ですが、テクニカル的に見ると、昨日の終値は、日足一目均衡表の「雲」上辺でとどまっているほか、依然、9月9日に394ドル安したときの長大陰線内の動きになっており、投資家は、まだ完全に強気になり切れていないようです。英国の国民投票のちゃぶ台返しの結果がトラウマにでもなっているんでしょうか。企業の業績は、当初の0.5%減益から、増益見通しに代わってきているのですが…。

 米国株は続伸。円は、リスクオンの動きうあ米金利上昇を映し、対ドルは105円20銭台に下落。一時、先月26日に付けた105円50銭台も意識する場面も…。対ユーロも116円台に下落。CME日経平均先物は、大証先物終値を110円上回る1万7310円で帰ってきました。レンジは1万7110円~1万7375円。出来高は、前日比1600枚減の4万5395枚。本日の日本株は、米株高、円の下落などを好感。CME終値にサヤ寄せして高寄りした後は、GLOBEX夜間取引市場の米株の動きや、選挙情勢の動向をみながら堅調に推移しそう。引き続き週足一目均衡表の雲上辺をうかがう動きに…。4月の戻り高値(17613円)を上回り。ダブル底を確定したいところ…。業績が好調だった主力株や半導体関連の押し目買い。ファナックなど業績の裏付けがある高指数寄与度銘柄。    
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ