大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
03 | 2017/04 | 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



昨日の米国株は、強い米景気指標やトランプ次期大統領の規制緩和策を好感した買いに、NYダウが1万9000ドル大台に乗せるなど、主力3指数とも続伸し、そろって最高値を更新して終了。
 おはようございます。
 トランプ次期大統領の就任100日間で取り組む施策のビデオレターが、公開されました。刺激的なものばかりでしたが、注目されたのは政治倫理改革で、政府高官のロビイスト転身の5年間禁止、外国政府のロビイスト転身を生涯禁止するというもの。オバマ大統領も就任当初は、ロビイストの活動制限を目指しましたが、大きな成果は得られていませんでした。金に物を言わせた海外政府からの議員への働きかけで、政治がゆがめられることを警戒したものです。日本も中国や韓国のロビイストを使った政治家への働きかけで従軍慰安婦問題や竹島問題で煮え湯を飲まされ続けてきました。どの程度効果が上がるかわかりませんが、少なくとも黒を白とするような強引なやり方は通用しなくなるかもしれません。もっとも、収入が減る議員さんとしては、新たな抜け道を探るかもしれませんが…。 

 22日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万9023ドル87セント      +67ドル18セント(0.35%)
 NASDAQ総合指数        5386.35ポイント         +17.49ポイント(0.33%)
 S&P500               2202.90ポイント         +4.76ポイント(0.22%)
 CME日経平均先物        1万8210円            +20円
 10年物国債金利         2.315%              -0.01%
 ニューヨーク原油         48.03ドル             -0.21ドル →1月限りに限月交代
 GOLD                1211.20ドル           +1.40ドル
 ドルインデックス         101.01               +0.13   


 昨日の米国株は、朝方発表された中古住宅販売件数が前月水準、予想をともに上回ったことや、トランプ次期大統領が発表した「就任後100日以内に取り組む政策課題」に関し配信したネット動画を好感。買いが先行し、高寄りスタートになりました。寄り後、OPEC総会での減産取り組みに対する見方が分かれ、原油価格が下落。一時、上げ幅を縮小する場面がありましたが、通信分野や不動産分野での規制緩和を期待し、関連株が上昇するとともに、景気敏感の素材や重工関連にも買いが拡大。昼過ぎにニューヨークダウが1万9000ドル大台に乗せるとともに買いに弾みがつき、引け近くにはこの日の高値1万9043ドル(前日比87ドル高)をつける場面も…。この日も、半導体関連などハイテク株に買いが継続。小型株の指標であるラッセル2000は過去最高値を更新していました。結局、主力3指数とも前日に続きそろって史上最高値を更新。続伸して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2133、値下がり900(NASDAQ市場は、1763-1072)と、ともに買いが優勢。

 ニューヨークダウは続伸。目標だった1万9000ドルの大台乗せを達成しました。前号レポートで新たな局面に入ったニューヨークダウのレンジを示しましが、ほぼ、上限に近づいてきました。この日の上げで日足サイコロは10勝2敗(81%)と警戒ゾーンの75%を超えているほか、指数の上げに逆行しRSI(9日ベース)が低下するなど、短期調整の可能性を示す指標も出てきました。NASDAQ総合指数も日足サイコロが9勝3敗(75%)に乗せてきています。このところ書いていますように、明日の感謝祭から、翌日の半日立ち合いを含め実質4連休になることから、ポジション調整の動きが強まることも予想されます。ともに下値に強い支持帯ができており、下値は限定的ですが、いったんは過熱調整が必要なところに来たか…?

 米国株は、続伸。円は、強い米景気指標を受け、対ドルは101円台に下落、対ユーロは118円台に下落。CME日経平均先物jは、大証先物終値を20円上回る1万8210円で帰ってきました。レンジは1万8050円~1万8245円。出来高は、約4000枚減の4万1284枚。本日の東京市場は、「勤労感謝の日」で休場。ただ、OPEC総会を巡る思惑が強まっているほか、休場を控えた米株先物の動きなど、注目ポイントも多く、先物の動きが警戒されます。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ