大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



週末の日本株は、円安を好感した外需株や、米金利上昇を受けた銀行株の買いに加え、個別の材料株も物色され、続伸して終了。日経平均は9連騰。
 先週末にメジャーSQが終わり、ファンドの運用者がクリスマス休暇で自国に引き上げたせいjか、方向感のない相場が続いています。相変わらず海外市場で日経平均先物が上昇。日本に帰ってきて、朝方高寄りした後は、前引けにかけ、だらだらと上げ幅を縮小。後場に入ると日銀のETF買いを思惑して値を戻す…という主体性のない展開です。今日の日経平均の終日レンジも79円と狭い範囲の動き。業種別にみても前日売られたものが、翌日には買われる…という状態で、なかなか物色の方向感が出ません。昨日発表された投資主体別売買動向(現物)を見ると、相変わらず個人の売り越し(-3782億円)が続いています。ようやく、投信と年金が買い越しに転じてきたものの、基本は逆張り。上値を買い上がる個人や先物筋の動きが鈍いことが、物色の方向感をなくし、指数だけが上昇するという動きになっているようです。

 今晩は、米国がクワドルプル・ウィッチングで先物やオプションの決済日となりますが、これが終われば一気にクリスマス休暇モード。期末の評価上げに利が乗っている銘柄を買い上げるドレッシング的な動き位しかなくなってきそうです。このところ、円安や金利高が進んでも市場の反応が鈍っていますが、国内投資家も、正月休みモードに入っているのかもしれませんね。まあ、トランプラリーが始まってからの、為替や金利の動きはすさまじいものでしたが、シカゴIMM通貨先物市場のドル円相場の取り組みを見ると、トランプ当選後、円売りは4万枚から10万枚に増加したものの、円買いポジションは7万2000枚か7万4000枚台にわずかに増加。ここ最近の急ピッチの円安を見ると、円売り・ドル買い戻しがあったことを予想させますが、投機筋も為替の先行きに対しては見方が異なることを示しています。結局、この先行きの見通し難が、信用売り残の1兆円接近ということになるんでしょう。「強気相場は総悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、安心感の中で熟成。幸福感の中で消えていく…」という有名な相場格言がありますが、まさに今は「懐疑」の中で強気相場が育っている段階。もしかしたら、数年にわたる上げ相場が待っている可能性も…。2012年後半から2013年前半のアベノミクス1.0相場を振り返ってみるといいでしょう。

 週末の日本株は、前段で書いたように、朝高のあと尻すぼみ、後場から持ち直して終わりという、このところの相場パターンをなぞり、日経平均、TOPIXとも続伸して終了。日経平均は9連騰になりました。円の対ドル相場が118円台に下落。米国で10年債金利が2.6%台に上昇してきたことから銀行株が買われたほか、精密など外需株が堅調に推移。ただ、金利上昇で買われた保険株が売られたほか、円安にも関わらず建設や食品など、内需株も上昇するなど、物色の方向感がつかめない展開…。
 結局、日経平均終値は127円36銭高(0.66%)の1万9401円15銭、TOPIX終値は7.95ポイント高(0.52%)の1550.67ポイントで週の取引を終えました。出来高は、前日比1400万株減の23億1008万株、売買代金は980億円増の2兆9082億円。騰落状況は、値上がり1208、値下がり656と買いが優勢。

 今日の終値での日経平均サイコロは、10勝2敗(81%)、TOPIXは9勝3敗(75%)と警戒ゾーンで変わらず。日経平均RSIは79%→82%に小幅に上昇。再度警戒ゾーンの80%を超えてきました。25日線かい離率は、+4.9%→+5.1%にかい離が拡大。騰落レシオは165%→156%にやや低下。以前、買われすぎ感を引きずったままの動き…。

 日経平均は、5年に亘る抵抗線抜けから動きが軽くなり、順調に次のレンジ上限を目指す動きになっています(レポート直近号参照)。週明けも同様な動きになりそうですが、来週は、日米どちらの市場が先に大台乗せを達成するかに関心が集まりそう。今日の日本株は、主力株が伸び悩む中、個別の材料株が賑わいました。今日は四季報や会社情報が発売されましたが、今期見通し、来期見通しが上方修正されているものが多く、これを映す相場になりました。ただ、データは、大手の投資家には先行して渡されており、修正データを見て買いに行ったところに売りをぶつけられた銘柄もあったようです。まあ、来週からは、年初の調整を待って何を買いに行くか…増額修正の可能性の高いものを調べることに重点を置いた方がいいでしょう。
 詳しくは、日曜日に発信予定のレポートで注目株とともに全体の動きの予想など解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ