大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



週末の米国株は、実質クリスマス休暇入りで小動きに推移。売り買いとも手控えられたものの、主力3指数とも3日ぶりに反発して終了
 おはようございます。
 海外市場は、完全なクリスマス休暇モード。大きな動きはありませんでしたが、中米のさや当てが厳しくなっているようです。トランプ氏の中国いじめに対し、GMの現地合弁企業に独占禁止法の罰金を科したり、中国が保有する米国債の売却をにおわしたり…と、中国もチクチクた反撃しています。政治や外交の世界にビジネスの手法を持ち込むのは良いですが、ビジネスでは常に「勝ち」を求められますが、外交の世界では、あえて負けることで、成果を売ることもあります。今の中国は、次の覇権を目指そうとして、米国と対等であることを内外に示そうとしていますが、トランプさんもあまりやりすぎると、習さんのプライドを傷つける可能性もあります。なにより、名誉を重んじるお国柄ですから、何をしでかしてくるか…。新年は、習さんとピーチンさんの運気が強いようですから、いい加減いしておいたほうが良いかも…。新年の株はよさそうですが、小火器を使った武力衝突が増える…という卦も出ているだけに心配なこと…。

 23日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万9933ドル81セント     +14ドル93セント(0.07%)
 NASDAQ総合指数        5462.69ポイント        +15.27ポイント(0.28%)
 S&P500               2263.79ポイント        +2.83ポイント(0.12%)
 CME日経平均先物       1万9400円           +40円
 10年物国債金利         2.542%             -0.011%
 ニューヨーク原油         53.42ドル            +0.07ドル
 GOLD                1133.60ドル           +2.90ドル
 ドルインデックス          102.99              -0.17


 週末の米国株は、イタリアのモンテ・バスキ救済問題が一段落したものの、中国経済の成長鈍化を懸念した売りに、小幅に続落して始まりました。実質クリスマス休暇入りで市場参加者が減少するなか、売り買いとも見送られ全般は小動きに推移。この日発表された新築販売件数やミシガン大消費者信頼感指数が予想を上回ったことにも反応薄…。終日、前日引け値を挟んだ狭いレンジでの動きでした。ヘルスケア、医薬品などディフェンシブ系が堅調だった一方、消費関連が軟調に推移。引けにかけポジション調整の買いが入り、結局、主力3指数とも3日ぶりに反発して終了。ニューヨーク市場の出来高は、前日比2億株強減り6億株台に減少。市場はクリスマスモードに…。ニューヨーク市場の騰落状況は値上がり1763、値下がり1213(NASDAQ市場は、1933-879)と、ともに買いが優勢。

 NYダウは小反発。採用30種は、上昇17、下落12、変わらず1(トラベラーズ)。この日も商いは低調で、終日値幅は65ドルと狭いレンジの動き。この日最も値動きが大きかったのはユナイテッド・ヘルスグループの0.9%上昇。1%超え変動したものはなく、小動きの展開。昨日も書いたように、日足一目均衡表の転換線にタッチしていたので、想定通り反発しましたが、一方で、日足MACDがシグナルラインを下回り、一昨日のS&P500に続き、売りシグナルを出してきました。新年相場をにらんだ週明けに大台突破するなどテクニカルな弱気サインを払しょくするような動きが望まれます。

 米国株は上昇。円は、中国経済への不安から円買い圧力が高まり、対ドルは117円20銭台に上昇。対ユーロは122円60銭台で宇横ばい。CME日経平均先物は、22日の大証先物終値を40円上回る1万9400円で帰ってきました。レンジは。1万9350円~1万440円。出来高は、前日比1万2000枚近く減り8616枚。市場の隙をついた仕掛け的な動きはありませんでした。週明けの日本株は落ち着いた始まりになりそう。27日までは月内商いで利益確定の売りも予想されますが、その後は日米ともドレッシング的な動きが強まり、年末高となるか…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ