大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



3連休明けの日本株は、休暇中の海外投資家が多いことから方向感が出ない中、月内換金売りから3日続落して終了。
 米国市場は、今晩もクリスマスの代替え休日で休場。海外投資家の動きは鈍く、図らずも日本の投資家の実態を垣間見ることになりました。出来高は15億株割れ…、日経平均の終日値幅は、わずかに47円…これでは開店休業状態です。今日、明日が月内受け渡しで、今年のはじめと同じように年明けから下に振られては、たまらないとする投資家が現金化を急いでいるのか、今日の下落上位業種は輸送用機器や鉄鋼、銀行などトランプ関連で最近人気化したグループが並んでいます。まあ、方向感が出るとすれば翌月渡しになってからだと思いますが、欧米の大手投資家は、米国株の上昇で十分成果を上げていますから、年内はバタバタする必要もなく、動いてくるとしたら、思惑がらみの動きをする投機筋位のものでしょうか…。

 ここは、無理に年内に成果を出そうとせず、年明けの決算発表をにらんだ動きをするところ。日本株の命運を握るのは、為替ですが、直近レポートでも書きましたように、投機筋の円売り越しポジションは、昨年11月の最も大きかった時点とほぼ同水準まで膨らんでいます。過去の動きを見ると、持ち高が前回ピークに接近すると潮目が変わる…ということを繰り返しており、国内輸入企業のドル手当てが済むと需給関係が変化してくるだけに、トランプ氏がツイッターで「ドルが高すぎる…」など、一言つぶやけば、一転して円が買われることもあるかもしれません。なにしろ、円の対ドル売りポジションは14万枚弱に膨らんでいます。ピーク時の円買いポジションは、10万2000枚弱でしたから、投機筋が一斉に円買い戻しに動くようなことがあれば、年初の動きと同様になる懸念だlってな気にしもあらず…です。それだけに年を越すなら、しっかりした材料を持った株を枕にすることでしょうか。

 3連休明けの日本株は、大きな動きができないままに、年内換金売りに押されて、日経平均は31円03銭安(0.16%)の1万9396円64銭、TOPIXは5.68ポイント安(0.37%)の1538.14ポイントと、ともに3日続落。出来高は、前週末比4.3億株減の14億9396万株、売買代金は、約5300億円減の1兆6300億円と、超閑散商い。騰落状況は、値上がり848、値下がり1040と、やや売りが優勢。為替市場で円安が一服したことから、外需株、銀行株が売られる一方、短期勝負を狙う資金は、新興市場や中小型株に向かい、個別は結構にぎわっていました。

 今日の終値での日経平均サイコロは8勝4敗、TOPIXは7勝5敗に、それぞれ低下。日経平均RSIは、84%→92%に急伸。11月30日の96%以来の過熱サインを出しています。25日線かい離率は+3.7%→+3.2%に低下。騰落レシオは、138%→135%に低下。ストキャスティックスなど目先指標も買われすぎ感の解消過程にありますが、指数的には、依然、警戒ゾーンの動き。前週末、TOPIXの日足MACDが売りシグナルを出しましたが、今日は日経平均MACDがシグナルラインを下方に突破。売りシグナルを出しています。前回は「ダマシ」になりましたが、今回は果たしてどうか…。三本新値の陰転値は1万9253円61銭となっており、陰転するかどうかが注目されます。すでに陽線17本が立っていますから、一度は、陰転してガス抜きしたほうが良いのかもしれません。まあ、新年早々の相場はかなり強弱感が対立していますので、年内にポジションを膨らまさないほうが良いかもしれません。

 想定通り米国の動きを受け、半導体関連が主役のテーマになっています。検査装置や研磨装置、研磨剤などの関連株を取り上げてきましたが、まあ、堅調に推移しています。また、好業績で高値を更新し、売られているものがねらい目…としましたが、今日は、国土交通省が進めるIT土木政策恩恵を受け点群ソフトに特需が発生している福井コンピュータホールディングが、買いなをされ、日足一目均衡表の雲から抜け出してきました。このほかにも、いいもみあいをしているものが多くありますので、ここは、むしろ調整している銘柄の方を注目すべきでしょう。新年相場は、トランプ氏の発言次第で、流れがコロコロ変わる可能性がありますので、基本徹底した逆張りで対処すべきかと思っていますが…。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ