大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



年明けの米国株は、強い景気指標を好感、トランプ政策期待の買いも再燃し、主力3指数とも4立会日ぶりに反発して終了。
 明けましておめでとうございます。今日から「丁酉(ひのと・とり)」、一白水星年の相場のスタートです。相場にエネルギーを供給する「火」があり、今年も強い相場が期待されますが、昨年と同様に火と金が相克関係にあり、平穏無事な環境とは言い切れないようです。武力を伴った衝突があるかもしれません。1月20日にトランプ大統領が就任。一方、3月5日からは中国・全人代が開催されますが、権力基盤を固める習近平主席にとっては、トランプ新大統領に押し切られるような外交面での弱腰は見せられず、トランプ氏の発言や政策に対し過剰な反応を示し、不測の事態を生じさせないとも限りません。あまり、注目されませんが「一白水星」の白は死装束の色。また水は全てを洗い流し、「恐怖」の意を持つとされています。前回の一白水星は2008年のリーマンショックの年だったことは気にかけておく必要がありそう。ただ、この年の干支は「戊子(つちのえ・ね)」…相克関係にある土と水が対立する、最も悪い年でしたが…。まあ、終わってみれば、そこそこ上昇していた、という年になりそうです。心配されるのは、国内個人投資家の売りが途切れずbに続いていること…資産家が何を心配しているか、また、株価上昇の裏で、何が行われているかに目配せすることも大事…。今年も奈良の片田舎から、ちょっと、やぶにらみ的な見方を発信していきます。よろしくお願いいたします。

 3日の米j国市場動向
 二ユーヨークダウ       1万9881ドル76セント     +119ドル06セント(0.60%)
 NASDAQ総合指数      5429.08ポイント        +45.96ポイント(0.85%)
 S&P500             2257.83ポイント        +19.00ポイント(0.85%)
 CME日経平均先物      1万9320円           +230円
 10年物国債金利        2.446%            +0.01%
 ニューヨーク原油        52.33ドル           -1.39ドル 一時、55.24ドル
 GOLD               1162.0ドル           +10.30ドル
 ドルインデックス        103.27              +0.97
 

 年明けの米国株は、銀行の資本規制を強化するバーゼルⅢの承認が延期されたことを好感。銀行株が買われ欧州株が続伸した流れを引き継ぎ、買いが先行。減産への期待感から原油価格が戻り高値を更新したことや、予想を上回る景気指標が発表されたことも投資家の強気を支え、二ユーヨークダウは、寄り後まもなくこの日の高値1万9938ドル(前年末比176ドル高)をつけていました。ただ、強い景気指標を受けドルが上昇し、原油価格が下げに転じるとともに、次第に上げ幅を縮小。ドル高を嫌気した多国籍企業の下げもあり、昼頃にはこの日の安値1万9775ドル(同13ドル)をつける場面も…。引けにかけては、ディズニーやベライゾンへの投資判断の上げやトランプ政策への期待感から買い直されて上げ幅を回復。結局、主力3指数とも4立ち合い日ぶりに反発して終了。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり2308、値下がり742(NASDAQ市場は、1847-1030)と、ともに買いが優勢。

 NYダウ反発。採用30種は、値上がり26、値下がり4.。ナイキ、メルク、ベライゾンがそれぞれ2%超え上昇。金利上昇を受けJPモルガンが1.06%、GSが0.89%、それぞれ上昇。指数の上げをけん引。採用銘柄中11社が1%超え上昇していました。一方、マクドナルドが1.7%、トラベラーズが1.2%、それぞれ下落するなど多国籍企業の株価が不振でしたが、全体の足を引っ張るには至りませんでした。この日は、連休を前にしたヘッジ玉の買い戻しから始まっており、基本的には年末にかけて続いていた高値での持ち合い圏の動き…。当面、トランプ政権が優先課題として取り組む政策の見極めが優先されそう。

 米国株は反発。円は、米金利上昇を受け、一時118円台まで買われたあと、金利の上げ幅縮小ともに水準を切り上げ、対ドルは117円60銭台に、前年末から下落。対ユーロは122円50銭台に上昇。CME日経平均先物は、前年30日終値比230円高の1万9320円で帰ってきました。レンジは1万9115円~1万9420円。出来高は、前週末比1万2000枚増の3万7721枚。本日の日本株は、CME日経平均先物終値や年末の売りヘッジ玉の買い戻しなどから、反発して始まった後は、為替や米株先物睨みの神経質な展開に…。今年の出世株を探る動きも活発になりそうで、今日の大商い株は、明日以降も注目されることになりそう。米国の流れを受けた自動車や銀行、半導体関連のほか、世界的な規模への投資ファンドに注目が集まるソフトバンク、iコンストラクション関連の福井コンピュータサービスなど…。  
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ