大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



日本市場の大発会は、欧米株高や円安を好感。インフラ関連から外需株まで幅広く買われ、日経平均は4立会日ぶりに反発。大発会の上昇は4年ぶり。
 2017年の大発会は、2013年以来4年ぶりに上昇して終わりました。日経平均は、終値、ザラバとも戻り高値を更新しており、ご祝儀相場とは言うものの、商いも伴っており、まずは、上々の幕開けとなりました。トランプ次期大統領の「口害」懸念はあるものの、米景気指標が前月水準や予想を上回る状態が続き、雇用は完全雇用に近い状態など、堅調な景気の状態で次期政権に受け継がれようとしています。また、好調な米景気に加え、中国の景況感も財政投融資などの景気刺激策が功を奏し、問題含みながら、景況感は改善してきました。

 昨日の欧米株が上昇し、今日の日本株も高値を更新して始まったところを見ると、素直に景気の改善を反映して上がった、とみるのが良いのかもしれません。まあ、今年の相場を見るうえでは、35年間続いてきた米国の金利低下が終わり、上昇期に入っていくことから見て、米国よりも、緩和傾向が続く欧州株、日本株の方が魅力的になりそう。ただ、欧州の場合は、物価上昇が定着し始めており、ECB(欧州中央銀行)の緩和策の手直しが近いほか、主要国で選挙を控え、政治面で不安定要素を抱えており、全力投入はできにくい状態。一方、日本の場合、地政学要因をかかえているものの、安倍政権の安定、オリンピックを控え内需刺激効果が大きいこと、円安による輸出環境の改善などを考えると、安定的な投資成果が得られやすいことから、海外投資家が投資額を増やしてくる期待fがもたれます。やや、我田引水的になるかもしれませんが…。まあ、幸先の良いスタートを切ってくれました。

 今日の日本株は、欧米株高や円の下落を素直に好感。CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買い、前週末のヘッジ売りの買い戻しもあり、日経平均は高寄りして始まりました。米国の流れを受け主力銀行株が買われたほか、円安を好感し自動車や電気など外需株も買われていました。また、円安を好感した海運株やインフラ整備関連の鉄鋼など、出遅れ株も幅広く買われ、ほぼ全面高商状。日経平均は、終日上げる展開に…。後場に入ると、先物に円売りを伴った仕掛け的な買いも入り上げ幅を拡大。この日の高値圏で取引を終えています。GLOBEX市場の米国株が終日プラス圏で推移していたことも、強気の買いを支えていました。

 結局、日経平均終値は、479円79銭高(2.5%)の1万9594円16銭と4日ぶりに反発。TOPIX終値は、35.87ポイント高(2.36%)の1554.48ポイントと、続伸。出来高は、大納会比7億株増の23億7573万株、売買代金は、同9726億円増の2兆6851万株と、商いも盛り上がっていました。騰落状況は、値上がり1851、値下がり121と、全面高商状。33業種のすべてが上昇。海運、鉄鋼、紙パルプなど出遅れ業種に加え、証券などが上位。

 今日の終値での日経平均サイコロは5勝7敗と変わらず。TOPIXは6勝6敗に上昇。日経平均RSIは56%→67%に上昇。25日線かい離率は、+0.9%→+3.0%。騰落レシオは118%→127%に上昇。一部に警戒的な数字はあるものの、ストキャスティックスが、売られすぎゾーンから反転するなど、目先指標を含め、強気モメンタムが拡大する動きを示唆。日経平均三本新値も、本日、陽転短。期的な反発の動きも…。今週は、今晩のFOMC議事録、週末の雇用統計発表などを控えているものの、内容的には、ほぼ予想撮りの結果になりそうで、相場には大きなインパクトはなさそう。来週11日にトランプ氏が記者会見を行うとしており、この前後がポイントになるか…。当面、上げの⑤ポイント(19965円)を目指す流れに変化なし。

 今日の新高値銘柄数は282.昨年12月8日の328に次ぐ、水準。ここ数年は300銘柄超えで流れが変わる傾向があり、まだ、余力はありそう。注目株からはダイフクや荏原、ニチレイなど主力がらみのほか、10銘柄が新高値を更新していました。まあ、今日は、なんでも買っとけ…みたいなムードでしたが、年明け相場やトランプ大統領就任前後からの相場の波乱を見越し、12月下旬から調整気味に推移していましたから、今日は、とりあえず買いから入ろうということだったんでしょう。まだ、当分は米国株次第の展開が続きそうですが、週明けには米国市場も業績意識の流れに転換。日本も、早ければ来週位から業績の修正を事前に発表する企業が出てきそう。今週はかさ上げ的な動きになっても、週明けには梯子を外される可能性も…。しっかりした根拠を持つ銘柄を待ち伏せ的に仕込んでおきたい…。 
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ