大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



昨日の米国株はトランプ会見を控え見送り気分が強まる中、原油安とドル高の影響度合いを受け、主力3指数は高安まちまちで終了。NASDAQ総合指数の高値更新が続く…。
 おはようございます。
 トラックの運転手不足が言われています。長距離運送での運転手の健康不安にくわえ、運送会社にとっては高速料金やガソリン代も経営を圧迫しているといいます。県の事業の関連で地方の大手運送業者を取材しましたが、社長さんは採算が悪い長距離運送よりも、近距離の物流をやりたいと言っていました。人手不足などから輸送を鉄道に切り替えるモーダルシフトが注目されていますが、最寄りの貨物駅から県内への配送が担えたら…と言っています。県内には、昔の鉄道輸送時代の貨物ヤードの跡地が放置されており、これを利用した地域運用網の見直しをすれば、運送業者にもメリットがあるはずなのですが…。でも、県内運送業者の方には悪いのですが、奈良県は全国で唯一貨物列車が走っていないところ。今後、モーダルシフトが進む一方で、貨物ヤードなど物流拠点を持つ地域には大量輸送が必要な企業が進出するなど、将来的な産業の再配置が起こる可能性も…。地域間で企業誘致合戦が激しさを増しているようですが、税制面での優遇などより企業にとってどんなインフラが必要か、の方に重点を置くべきかと思うのですが…。株に関係ない話でごめんなさい。

 10日の米国市場動向
 ニューヨークダウ        1万9855ドル53セント     -31ドル85セント(0.16%)
 NASDAQ総合指数       5551.80ポイント        +20.00ポイント(0.36%)
 S&P500              2268.90ポイント         変わらず
 CME日経平均先物       1万9325円           +15円
 10年物国債金利        2.379%             +0.03%
 ニューヨーク原油        50.82ドル            -1.14ドル
 GOLD               1185.50ドル          +0.6ドル
 ドルインデックス        102.01              +0.17 
 

 昨日の米国株は、リビアの増産報道を嫌気し原油価格が続落したことを受けてエネルギー株が売られ、ニューヨークダウは下落してスタートしました。今晩、トランプ次期大統領の記者会見を控えておりポジション調整の売りが優勢だったものの、売り一巡後は今週発表される決算への期待感からバンクオブアメリカなど銀行株が買われたほか、卸売り在庫が予想を上回ったことも好感。景気敏感株が買われ、次第に上げ幅を拡大。昼過ぎにはこの日の高値1万9957ドル(前日比70ドル高)をつける場面も…。ただ、トランプ会見への不安は根強いほか、好調な景気指標を受け長期金利が上昇したことからドルが上昇。これを嫌気し、多国籍企業が売られたこともあり、ニューヨークダウは引けにかけ下落に転換。引け近くにはこの日の安値1万9836ドル(同51ドル安)をつける場面も…。原油価格の下げやドル高による多国籍企業の業績への懸念がNYダウの足を引っ張ったものの、景気敏感株全般は堅調に推移。NASDAQ総合指数は6日続伸。指数間のかい離が目立ちました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1924、値下がり1075(NASDAQ市場は、1861-979)と、ともに買いが優位でした。

 NYダウは続落。採用30種は、値上がり9、値下がり21。キャタピラ(+1.58%)、ホームデポ(+1.33%)、前日、投資判断の上げがあったAMEXが1.04%上げるなど、景気敏感株が堅調だったものの、原油安を受けエクソンが1.3%下落したほか、ドル高を嫌気し、IBMやコカ・コーラ、ウォルマート、P&Gなど多国籍企業が売られ、指数の足を引っ張っています。NYダウは高値圏での膠着した動きが継続。原油安やドル高を嫌気した売りに対し、金利上げを好感した金融株が下値を支える格好。想定通り、資金は年末の節税のための損だし銘柄の買い戻しを思惑した買いに、NASDAQ市場が堅調に推移する動きになっています。今晩の会見で、新政権の優先政策課題が明らかになれば、相場の方向性が決まるのかもしれません。

 米国株は高安まちまち。円は、米株安や原油安を受けたリスク回避の動きから対ドルは115円70銭台と強含みで推移。対ユーロは122円10銭台に小幅上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を15円上回る1万9325円で帰ってきました。レンジは、1万9230円~1万9420円。出来高は前日比2万枚増の4万5920枚。本日の日本株は、重要イベント控えで主力投資家の見送りが続く中、内需系の新興市場株や小型株を中心にした短期波乗り相場が続きそう。このところ、CME日経平均先物と国内先物の動きがかい離しており、今日jも週末のオプションSQをにらんだ指数への仕掛け的な動きが懸念されます。米SOXの堅調を映した半導体関連。業績上方修正期待のある銘柄の押し目買い…。新しいレンジに移行したEIZO,ダイフク…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ