大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週末の米国株は、大統領就任式での演説に新味がなく上げ幅を縮める場面があったものの、イベント終了で関心が業績に移り、NYダウは6日ぶりに反発して終了。
 おはようございます。昨晩は体調が悪く、早めに床に就き、書き込みができませんでした。長男が仕事に出るときの物音で目が覚めましたが、子供もいつもより起きるのが遅かったようです。いつもは、6時には起こしに行くのですが、すっかり忘れていました。ちょっと、疲れがたまっていたのかも…。とりあえず、米国の大統領就任式が無事に終わり、市場も落ち着いていたようですから、まずは一安心…。

 20日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万9827ドル25セント     +94ドル85セント(0.48%)
 NASDAQ総合指数        5555.33ポイント        +15.25ポイント(0.28%)
 S&P500               2271.31ポイント        +7.62ポイント(0.34%)
 CME日経平均先物        1万9135円           -25円
 10年物国債金利         2.466%             -0.007%
 ニューヨーク原油         52.42ドル            +1.05ドル
 GOLD                1204.90ドル          +3.4ドル
 ドルインデックス          100.80             -0.37
  

 昨日の米国株は、前日引け後に予想を上回る決算を発表したIBMやP&Gが買われたほか、週末のOPEC会合を控えサウジの石油担当相が減産が順調に進んでいるとしたことで原油価格が上昇したことも支えとなり、反発してスタート。NYダウは寄り付き直後に、この日の高値1万9843ドル(前日比111ドル高)をつけていました。買い一巡後は、大統領就任式での演説待ちで高値持ち合いの動きに…。ただ、就任演説に新味がなかったことや、政策に関する優先順位などが明示されなかったことから、ポジション調整の売りが増加。昼過ぎにこの日の安値1万9759ドル(同27ドル高)まで上げ幅を縮小する場面も…。引けにかけては、改めて好調な企業業績を織り込む動きになり、次第に上げ幅を回復。主力3指数とも反発して終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1891、値下がり1064(NASDAQ市場は、1707-1078)。

 NYダウは、6日ぶりに反発。採用30種は、値上がり24、値下がり6。予想を上回る決算を発表したIBMが2.24%、P&Gが3.25%、それぞれ上昇。肺がん薬の競合相手の迅速承認申請の取り下げを好感したメルクが3.6%上昇。就任演説で全米でのインフラ建設が提唱されたことを受けキャタピラが1.2%上昇するなど、好材株が買われ指数の上げをリード。予想を下回る決算でGEが2.2%下落したものの、その他の下落幅は小さく、指数の足を引っ張るまではいきませんでした。大統領就任式の終了で週明けからは、企業業績に関心が集まりそう。昨日も書いたように、年末の安値を下回ったことで、ダブルトップが確定しており、早期に高値を抜くことが望まれます。今のところ、年末にかけてのドル高の企業企業業績への影響は少ないとみられ、週明け後に発表される企業の業績内容が注目されます。

 米国株は反発。円は、大統領就任式の終了を受けたポジション調整の動きが、債券から為替市場で広がったことを受けドルが主要通貨につぃて下落。対ドルは114円60銭台に上昇。対ユーロは1223円60銭台で横ばいの動き。CME日経平均先物は、大証先物終値を25円下回る1万9135円で帰ってきました。レンジは1万9025円~1万9275円。出来高は、約4000枚増の6万288枚に増加。週明けの日本株は、イベント終了を受け、改めて事業業績を織り込む展開に…。
 昨日の日経平均は、米株安を嫌気し売られた後は、中国の10-12月期GDPなど予想を上回る景気指標を好感して買い直され、3日続伸して終了。出来高はイベント控えで模様眺め気分が強く、前日比4.6億株減の17億9140万株、売買代金は、同2000億円減の2兆0649億円。騰落状況は、値上がり1152、値下がり709。

 この日の終値での日経平均サイコロは、6勝6敗に上昇、TOPIXは7勝5敗と変わらず。日経平均RSIは42%→44%に上昇。25日線かい離率は、-1.1%→-0.8%にマイナスかい離が縮小。騰落レシオは99%→100%に強含み。指数系のテクニカル指標は底値圏からの底離れを暗示。ストキャスティックスなど目先指標も短期的な上げモメンタムの拡大を暗示。週明けも強含む展開が想定されるものの、上昇を続けてきた25日移動平均線が、先週末下落に転じており、週明け相場で再び上向きに転じるかそうかが焦点に…。先週末の新高値銘柄に、荏原や安川電機、日本電産など好業績の主力株が顔を出すようになっており、これまでとは異なった資金(海外長期性資金)が動き始めた可能性も…。物色の変化に注目したい。今週も荏原、ソフトバンク、三益半導体、山一電機など、レポート銘柄は堅調でした。
 詳しくは、明日発信のレポートで解説します。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ