大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



昨日の米国株は、月末要因からトランプ関連銘柄に益出しの動きが強まったものの、バイオ関連などラリーの圏外にあった銘柄が買われ、高安まちまちで終了。
 おはようございます。
 毎日、トランプ大統領の動向を書くのもうっとおしくなってきましたが、昨日の製薬業界の経営者の会合後、中国の通貨安誘導を非難したあと、欧州や日本の量的緩和策を通貨安誘導と見做すような発言をしてきました。強い米景気を受けた金利上昇を為替が素直に反応しているものですが、この人には理屈は通用しないようです。まあ、織田信長ではないですが、毛利氏の武将安国寺恵瓊が予想したように、そのうち「高転げに転ぶ」ことになるのかもしれません。世界中を敵に回しかねない動きです。ロシアを甘やかしたことから、ウクライナ東部の緊張感が高まってきました。エストニア、ラトビア、リトアニアのバルト3国、ポーランドなどもロシアとの緊張関係の高まりを本気で心配し始めています。何か弱みを握られているのかどうかわかりませんが、個人的な問題で世界の緊張を高められてはたまりません。ロシアの動きが活発になってきたことから、中国の出方も気になります。東京計器、石川製作所、豊和工業など防衛関連がじり高しているのも気になる…。

 31日の米国市場動向
 ニューヨークダウ         1万9864ドル09セント     -107ドル04セント(0.54%)
 NASDAQ総合指数        5614.79ポイント        +1.08ポイント(0.02%)
 S&P500               2278.87ポイント        -2.03ポイント(0.09%)
 CME日経平均先物        1万8980円           変わらず
 10年物国債金利         2.459%             -0.030%
 ニューヨーク原油         52.81ドル            +0.18ドル
 GOLD                1211.40ドル          +15.4ドル
 ドルインデックス          99.60              -0.77


 昨日の米国株は、トランプ大統領の日欧の通貨安誘導批判を受け、欧州株が全面安になった流れを受け、売りが先行。金融関連やインフラ投資関連などトランプラリーで上げた銘柄に益出しの売りが集中。前日さえない決算を発表していたエクソンに失望売りが出たほか、消費者信頼感指数やシカゴPMI景気指数など予想を下回る景気指標を受け金利が低下したことから、銀行やカード関連など指数寄与度の高い金融株が売られたことも指数を押し下げ、ニューヨークダウは昼頃、この日の安値1万9784ドル(前日比189ドル安)をつけています。引けにかけては、トランプ氏のドル高けん制発言を受けてドルが下落したことを好感。多国籍企業の値戻しが進んだことなどから次第に下げ幅を縮小する展開に…。結局、NYダウとS&P500 は続落したものの、バイオ関連の上げなどを受けNASDAQ総合指数は反発して終了。VIX指数は0.11ポイント上げ11.99ポイントに上昇したものの、落ち着いた動き。

 NYダウは、3日続落。採用30種は、値上がり9、値下がり21。トランプ大統領と製薬業界のミーティングを受け、ファイザー(+1.34%)やメルク(+0.91%)が上昇したものの、トランプラリーで上げたGS(-1.96%)、JPモルガン(-1.6%)、AMEX(-1.16%)など金融関連が下落。決算が予想を下回ったエクソンも1.14%下落するなど、指数寄与度の大きな銘柄が下落したことがNYダウを押尾下げています。この日は、ファンドなどが12月に決算を確定したあとの月末にもあたり、益出しを優先したことが下げ幅を拡大した要因。この日のニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1888、値下がり1096(NASDAQ市場は、1763-1112)と、買いが優位となっており、トランプラリーの圏外だった銘柄は堅調に推移しており、指数と相場実態の強さはかい離しています。このところの指数の下げについては、月末要因が作用しており、あまり警戒する必要はなさそう。

 米国株は高安まちまち。円は、トランプ氏のドル高けん制発言を受け、対ドルは112円80銭台に上昇。対ユーロは121円80銭台に小幅下落。CME日経平均先物は大証終値比変わらずの1万8980円。レンジは1万8820円~1万9180円。出来高は、前日比2万6000枚増の8万939枚。今日の日本株は膠着感を強めた展開になりそう。円高の動きが嫌気されそうですが、一方で、引け後に発表されたアップルの決算が予想を上回り、夜間取引で上昇しており、関連株物色が下値を支えそう。今晩FOMCの結果発表を控えており、投機筋の売り仕掛けはやりづらいか…。引き続き、模様眺め気分jが強い中、決算発表を巡って荒っぽい動きが続きそう。業績回復基調にある米スプリントの決算を受けたソフトバンクの動きに注目。昨日のCME日経平均先物に見るように、為替離れの動きに期待…。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ