大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



昨日の米国株は、手掛かり材料のないなか、トランプ政策を巡る強弱感が対立。売り買いが交錯し高安まちまちで終了。
 おはようございます。今日は節分。明日4日の「立春」から暦の上では、「丁酉(ひのととり)」年に入ります。相克関係にあり、今年もピリピリとした緊張関係が続きそうですが、小火器を示す「金」があり、武力を伴った紛争はあるかもしれないといいます。ただ、相場的には「火」の性があり、悪い相場ではなさそう。ただ、火といってもろうそくの炎のように弱い、揺らぐ火…。イケイケでは通用しないかもしれません。徹底的な逆張りが有効といいます。九星では「一白水星」、すべてを洗いながす恐怖の水が支配します。前回の一白水星年は2008年リーマンショックの年でした。ちょっと心配jになりますが、この年の干支は「戊子」。土と水が対立する一番悪い運気の年。まあ、今年とは違うと思いたいのですが…。

 2日の米国市場動向
 ニューヨークダウ       1万9884ドル84セント     -6ドル10セント(0.03%)
 NASDAQ総合指数      5636.20ポイント        -6.45ポイント(0.11%)
 S&P500             2280.85ポイント        +1.30ポイント(0.06%)
 CME日経平均先物      1万9040円           +110円
 10年物国債金利       2.474%             +0.02%
 ニューヨーク原油       53.54ドル            -0.34ドル
 GOLD              1219.40ドル          +11.1ドル
 ドルインデックス        99.84              +0.09 


 昨日の米国株は、イランとの緊張関係が増したことや、移民政策に関するトランプ大統領と豪首相との電話会談の途中打ち切りなど、外交問題の先行きを懸念。売り先行で始まりました。ただ、朝方発表の新規失業保険申請件数が減少したことから明日発表の雇用統計への期待が高まり、売り一巡後は買い戻しが先行。OPECなどの減産への期待感から原油価格が堅調に推移。エネルギー株が買われたこともあり、ニューヨークダウは昼頃この日の高値1万9922ドル(前日比32ドル高)をつける場面も…。しかし、予想を上回る労働生産性などを受け金利が上昇に転じ、ドルが上昇すると多国籍企業が売られて下げに転換。昼過ぎにはこの日の安値1万9831ドル(同59ドル安)をつけるなど値動きの荒い展開に…。引けにかけては前日引け値を挟んだ神経質な展開が続き、NYダウ、NASDAQ総合指数は小反落。S&OP500は強含みで終わりました。ニューヨーク市場の騰落状況は、値上がり1648、値下がり1343と買いが優勢。NASDAQ市場は上昇1338、下落1464と売りがやや優勢。NYダウとニューヨーク市場の騰落状況のかい離が続いています。

 NYダウは小反落。採用30種は、値上がり14、値下がり16。純利益が20%増になったメルクが3.35%上げたほか、シスコシステムズが2.23%、シェブロンが1.09%、トラベラーズが1.09%上げ、それぞれ指数を下支え。一方、ドル堅調を嫌気しキャタピラが1.4%下落したほか、ユナイテッドヘルスグループ(-1.2%)、ボ^-イング(-1.0%)が、指数の足を引っ張っていました。NYダウは昨年12月半ばから狭いレンジでの動きが続いています。減税や財政出動などトランプ政策への期待感から買われたものの、貿易赤字の解消や移民政策が優先されていることから、強弱感が対立したままの状態が続いています。過激な発言や行動で対米j感情の悪化が進み、経済への悪影響が出ることも懸念し始めたようです。指数が膠着する一方、ニューヨーク市場、NASDAQ市場とも騰落状況は買い優位の展開が続いていますが、早急に経済政策が示され、持ち合いを上放れさせられるかどうかがカギになりそうです。

 米国株は、高安まちまち。円は、FOMCの政策据え置きに対し、日銀の緩和策への米大統領への批判がましい発言や日本の国債入札の不調から金利が急騰したことを受け、対ドルは、一時、112円近くまで上昇する場面もありましたが、米金利の反転を受け112円80銭台に戻し、小幅な円高。対ユーロは121円40銭台に上昇。CME日経平均先物は、大証先物終値を110円上回る1万9040円で帰ってきました。米株安や円の上昇を受け、レンジは1万8850円~1万9180円に拡大。出来高は、前日比1600枚減の5万4748枚。本日の日本株は、米雇用統計の発表や週末要因も加わり見送り気分の強い展開に…。来週末にオプションSQを控え売り仕掛けをする動きが出てきましたが、1万8500円のプットの商いが増えており、引き続き売り仕掛けの動きに警戒。中国の景気指標、GLOBEX市場の米株先物動向などを見ながら神経質な動きがつづくなか、決算睨みの展開が続く…。今のところ、上げの④ポイント18945円を中心にしたもみあいになっています。    
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ