大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
02 | 2017/03 | 03
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



週明けの日本株は、日米首脳会談を控え見送り気分が強い中、米株高や米金融規制緩和の動きを好感した買いに小幅続伸して終了。
 先週末の米国株は、雇用統計で平均時給の伸びが前月を下回りFRBが性急な利上げをしないのでは…との観測が出たことや、市場が望んでいた「金融規制(ドット・フランク法)」を見直す大統領令に署名したことを好感。ニューヨークダウは2万ドル大台を回復。NASDAQ総合指数は引け値での史上最高値を更新して終わりました。ただ、株の大幅高にも関わらず、FRBの利上げが緩慢になるとの見通しから、米金利が低下。円は112円台で高止まりしたまま帰ってきました。レポートでも書きましたが、このところ、国内債券市場の利回り上昇が目立ち、先週、10年債金利は週足一目均衡表の「雲」上辺を抜き、さらに上げピッチを速めそうな勢いです。先週末、朝方実施した定例の国債買い取り金額が、最近の利回り上昇を抑え込むには少なすぎるとの観測から、日銀がテーパリングに踏み切るのではないかとの観測が台頭。10年債金利が一気に0.155%まで急騰。これに慌てた日銀は、差値で無制限に国債を買い取るオペを問突に実施。これを受け、金利が0.1%割れに落ち着く、という騒ぎがありました。

 金利が上昇すると、円が買われ、自動的に株先物が売られることになり、先週の株価の波乱につながった格好。為替を見るときにどうしても米国の金利を見がちですが、このところ米10年債金利が2.5%手前で足踏みする一方、日本の金利が上昇。金利差縮小から円が買われる…という構図もできてきました。このため円が強含み、先週は、ドル円週足が13週線を割り込んだうえ、週足MACDが売りシグナル(円は買いシグナル)を出しており、ちょっと心配な状態になってきました。先週のシカゴIMM通貨先物市場の円売り越し枚数は、前週から8509枚減の5万8311枚に減少しました。しかし、中身を見ると、円買いが増加する一方で、売り残は少ししか減らず、依然、9万枚以上残っています。投機筋が円買いに走ると、売り方が円を買い戻すことにもつながり、依然、需給面からは円高に振れやすい状況は残ったまま…。確かにトランプ大統領の政策を公約通り実施すると、金利高になりますが、予算措置を伴うのは今年10月以降。むしろ、買取り対象の国債が減少し、実質テーパリング状態になっている日銀の方が心配。投機筋も、このあたりを見ているはずです。まあ、今週は、日米首脳会談がありますし、週末にオプションSQも絡んでいます。いろんな面で相場の分水嶺となるかもしれませんね。

 週明けの日本株は、米株高を受け、CME日経平均先物終値にさや寄せする先物買いが先行。裁定買いも入り日経平均は1万9000大台を回復して始まりました。また、米国の「金融規制」緩和の動きを受け銀行株を中心とする金融関連も買われていました。ただ、買い一巡後は、円相場が高めに推移していたことを嫌気し、主力株が伸び悩んだほか、銀行株が戻り待ちの売りに押されて伸び悩むと、先物筋が売りに転換。裁定仮称売りなどから次第に上げ幅を縮小する流れに…。後場寄り後は先物売りが先行し、日経平均はこの日の安値1万8879円(前週末比19円安)とマイナス圏に沈む場面もありました。引けにかけては好業績株の押し目を買う動きもあり、再度、プラス圏に浮上。日経平均、TOPIXとも小幅に続伸していました。

 日経平均終値は、58円61銭高(0.31%)の1万8976円71銭、TOPIX終値は、5.43ポイント高(0.26%)の1520.42ポイント。出来高は、前週末比3.2億株減の17億9766万株、売買代金は同4480億円減の2兆1807億円。騰落状況は、値上がり1132、値下がり728。好業績株に、薄く、幅広く買いが入っていました。NT倍率は12.49→12.48に低下。レポートで想定した動きが続いています。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは46%→53%に上昇。25日線かい離率は-1.3%→-0.9%にマイナスかい離が縮小。騰落レシオは95%→93%に低下。指数は方向感のない動きですが、当面、下落基調にある25日線の下方圧力をしのげるかどうかがポイント。目先指標のストキャスティックスは売られすぎを示すゾーンまで低下してきました。今晩の米国市場の金利がポイントになりそうです。今週は、決算発表を個別に検証する動き。為替に頼らず、本業の伸びで増額修正する銘柄への評価が高いようです。しばらくは、上げの④ポイント1万8945円を中心にしたゾーンでのもみあいか…。

 今日は、大阪に住む娘がインフルエンザに罹ったとかで、家内が看病に出ましたので、これから炊事当番です。買い物に行かねばなりませんので、この辺で…。
 ※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。 
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ