大仏さんの「株やぶにらみ」
儲けるにはまず情報分析!。こってり濃厚に市場を分析中。
08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



本日のに日本株は、日米首脳会談を控え手控え気分が強まるなか、円高を嫌気し外需株や金融株などが売られ、日経平均、TOPIXとも反落して終了。
 今日は、高知県で中曽日銀副総裁の講演が行われました。トランプ米大統領の日、欧中銀への通貨安政策批判を受け、ドラギECB総裁が、「欧州景気の現状やインフレ状況を見れば、緩和政策は恵贈される…」と発言。「2019年10月まで緩和策が維持される予想」とし、新大統領からのプレッシャーにも関わらず、緩和継続の意思を明確に示しました。同副総裁は日銀内でも、はっきりした考えを述べることで知られており、発言が注目されましたが、「2%の物価目標達成には、程遠い状態で、ゼロ金利付近に長期金利を固定する政策を続ける…」としたものの、ドラギ総裁程明確な意思を述べることはなく、市場は中立に受け止めたようです。ただ、この日は債券先物の限月交代から、買い戻しが入ったほか、30年債入札が順調に消化されたことから10年債金利は0.84%まで低下。これを受け、円相場も朝方の111円台から112円台に下落。株式市場の下値を支えた形になりました。市場はもっと明確な日銀の意思を欲しかったようですが、日英首脳会談を前に円安が進んではまずいという判断もあったんでしょう。今後、米国としても中国と対峙していく以上、日本経済の活力を削ぐような、為替政策を押し付けるようなことはできにくいものと思われます。あとは、日米首脳会談の結果待ちですが、大統領に就任し、様々な現実が分かるにつれ口数も少なくなってきたような感じ…。案外、この会談が次の出直りのきっけけになることも…。

 本日のに日本株は、米国株は高安まちまちだったものの、米金利低下を受け円が111円台に上昇して帰ってきたことを嫌気。朝方は、CME日経平均先物終値(1万8935円)にさや寄せする先物売りが先行。外需株や主力株が売られ、日経平均は反落してスタート。日米首脳会談を控え、対米黒字の主因になっている自動車への圧力を懸念。円高への圧力も不安視され、自動車や電気機器んばど外需株が売られたほか、米国市場で金利低下を受け銀行株が売られた流れを受け、金融関連も下落。日経平均は終日、マイナス圏での推移となりました。引け近くに、明日のオプションSQ清算値の下げを狙った先物売り仕掛けが入り、この日の安値1万8874円(前日比133円安)をつける場面もありましたが、先物価格がCME日経平均先物レンジ下限(1万8860円)に達すると買い戻しが入り、反落はしたものの1万8900円は維持して終わりました。

 日経平均終値は、99円93銭安(0.53%)の1万8907円67銭、TOPIXは10.60ポイント安(0.70%)の1513.55ポイントと、ともに反落。出来高は、前日比2.9億株増の19億3351万株、売買代金は、同2631億円増の2兆2457億円に増加。債務超過転落や決算発表延期の噂が流され急落した東芝の商い増加が影響。騰落状況は、値上がり659、値下がり1205。
 今日の終値での日経平均、TOPIXサイコロは、ともに7勝5敗で変わらず。日経平均RSIは38%→44%に低下。25日線かい離率は-0.7%→-1.1%にマイナスかい離が拡大。騰落レシオjは96%→87%に低下。RSIは底値ゾーンの40%割れ、騰落レシオ同80%割れに接近。また、。目先指標のストキャスティックス、RCI(順位相関係数)は、ともに売られすぎゾーンにあります。短期的には、上げのきっかけ待ち…というところでしょうか。

 朝方は、米SOXX指数の上げを受け半導体株関連株が注目されるとしましたが、やはり、三益半導体、山一電機など関連株が買われていました。また、直近レポートでも注目したニチレイがコンセンサスの引き上げを受けて急伸。増収増益にもかかわらず、通期見通しを引き上げなかったというだけで、売られていた銘柄にも押し目買いが入っています。まあ、目先筋と歩調を合わせていくと、腱鞘炎になるだけですから、少し先に目線を置いて望むところでしょう。前期実績と比べて伸びていないじゃないか…とみる銘柄でも、会社の売上傾向から期末に集中するものもあり、押し目が絶好の買いチャンスになるものもあるんですね。
 ところで、今日発表された投資主体別売買動向(1月30日~2月3日売買分)で、個人の現物買いが670億円超えの買い越しになっていました。この週は、海外投資家(-2416億円)、投信(-771億円)、信託銀行(年金、-585億円)と、主力r投資家は、売り越し。この中で、個人が買い越しになってきたことは明るい材料。今週に入って相場が下振れても底割れしない強さがあり、個人が買いに出てきたのかもしれません、。基調は着実に変わりつつあるようです。
※レポート購読会員を募集しています。関心のある方は、レポート案内を見るか、メールフォームにて、直接、お問い合わせください。
スポンサーサイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
株・経済関連の原稿執筆もうけたまわっております。メールフォームからお問い合わせください。
↓ 応援のクリック宜しくお願いします!↓
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村
オール株式情報ランキング ・株・投資 ランキング・ 株ランキング-JRANK



プロフィール

大仏さん

Author:大仏さん

国立大学卒業後、大手証券会社に入社。
その後、投資顧問会社に転出。調査・分析部に所属し、上場企業調査、マクロ経済分析、株式レポート作成などのかたわら、株式講演会講師、地方ラジオ局株式番組コメンテーターなど。地方経済紙、スポーツ紙などに株式記事執筆。地方新聞投資相談コーナー担当。
その後、関西地方新聞に移籍し、政治経済部記者として地方経済の活性化に注力。
現在は株式レポートなど経済情報をリーズナブルな料金で発信中。
購読にご興味のある方は、こちらをご覧下さい。↓
*大仏さん株式レポートのご案内*




経済・株式の原稿作成・講演会(関西圏内)もうけたまわります。
依頼・取材等はこちらもしくはメールフォームをお使い下さい。
daibutusan-kabu@live.jp
(迷惑メールが増えたので、連絡専用アドレスを作りました。)

大仏さんからの返信がない、というかたはこちらをご一読ください↓
* 新規レポート会員様およびお問い合わせいただいたブログ読者様 *

***************

*ブログ内すべての文章・チャートの無断転載・引用は禁止いたしております。
ご利用になられたい方は、ご一報よろしくお願いいたします。


***************

メールフォーム

レポートサンプル請求・原稿依頼・取材等のご連絡にお使い下さい。件名にご用件の明記をよろしくお願いします。
*現在、相互リンクは受け付けておりません。申し訳ございません。 *週刊レポート、原稿執筆等で現在手いっぱいの為、ブログの内容に関するご質問には対応いたしておりません。ご容赦ください。

名前:
メール(添付ファイル受信可能なアドレス):
件名:
本文:

最近の記事

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

おすすめ